長続きするカップルのメール頻度や内容とは?

長続きするカップルのメール頻度や内容とは?

恋する女性なら「大好きな彼とは何度でもメールしたい!」と思いますよね。しかしメールの送り過ぎは二人の仲を悪化させる原因にもなるのです。

長続きするカップルのメール頻度や内容を知り、彼とラブラブな関係を続けるためのヒントにしてくださいね。

メール頻度

知らないことが少なくなるにつれメール頻度は減る

メール頻度が減るカップル

付き合い始めの頃は、お互いに知りたいことばかりで何度もメールしたくなりますよね。仕事やプライベートなど、どんなことでも聞きたくなりますし何を話しても楽しいものです。

しかし山ほどあった知らない面も次第に少なくなっていくため、メールのネタはやがてなくなります。付き合って3ヶ月も経てば、メールは減るのが当たり前なのですね。

彼からのメールが少しずつ減っても「嫌われたのかな?」「他に目移りされたのかな?」と不安になる必要はありません。メールが減ったというのはお互いを大体理解し合ったということなのです。

もともと男性は女性に比べて、メールが苦手な人のほうが多いです。ですからむやみに付き合い始めの頃のペースでメールを送り続けると彼に負担をかけてしまいます。

彼との関係を長続きさせるためには、彼に不要なストレスを掛けないよう気遣ってあげましょう。そのためには、彼の気持ちを考えてメールは送りすぎないほうが良いのです。

それに、メールをしすぎなければ会ったときの嬉しさが増しますね。デートを盛り上げるためにもメールは控えめにしておくのがおすすめです。

基本的に必要な連絡だけ

必要な連絡だけするカップル

いくらでもお喋りできる女性と違い、男性は必要事項さえ伝え合えば満足する生き物です。たとえばデートの行き先の相談や、待ち合わせの時間決めなどですね。

必要なこと以外の内容のないやり取りは、女性は楽しめても男性は負担に感じてしまうのです。

二人の間にあえて「毎日送る」「返信はすぐ」などルールは設けないほうが良いでしょう。ルールを作ると彼が束縛されているように思い、交際にストレスを感じます。

あなたが「送りたいときに送ればいい」「返信は手が空いているときで大丈夫」などと余裕を持てれば彼も安心できますよ。

彼のメールが素っ気ないと悩む女性は多いのですが、男性は基本的にメールに感情を込めません。ですから彼を責めたりしないであげてくださいね。

不安になると彼の気持ちを確認するために長文メールを送ってしまう女性も多いのですが、それはかえって逆効果。

長文になるだけで男性は面倒だと感じますし、女性の真意をくみ取りづらくなるのです。彼とコミュニケーションを取りたいのなら、メールでなく実際会ったほうが良いでしょう。

トピックスがあれば

面白いトピックス

興味を惹くような連絡があれば不定期にメールしてみましょう。

例えば彼の趣味に関することや季節のイベント、二人の記念日デートの予定についてなど。彼が話に乗ってくれそうなトピックスなら自然とメールのやり取りができるはずです。

彼の興味を惹ける話題なら単純な一問一答でも良いのです。答えやすいメールを送ることで、彼もあなたとのやり取りを楽しんでくれるはずですよ。

ちなみに人のうわさ話や愚痴などをメールするのはやめておきましょう。うわさや愚痴などは、女性は「そうだよね」と共感できても男性だと興味を持てないことが多いです。

むしろ面倒だと思われる上にあなたの印象までダウンしてしまうため注意が必要です。

女性は「分かって欲しい」「話しを聞いて欲しい」という思いからつい愚痴を言いたくなるものです。しかし、彼ではなく女友達に話したほうが望んだ反応を返してもらえるでしょう。

ちなみにどうしても彼に愚痴を言いたいのなら、メールではなく実際に会って話したほうが相手の負担になりにくいですよ。

メール内容

必要な連絡のときは短め

短めの連絡をする女性

彼へのメールの内容は結構悩むポイントですよね。どの程度気持ちを込めて良いのかわからない人も多いはずです。

「彼へのメールにはいつでも100%の気持ちを込めたい」という女性は多いです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。