カップルの話し合い7つのコツとは?

どんなに好き同士のカップルでも、たまにはケンカもしますよね。ケンカまでは行かなくても、持っている不満をぶつけることはあるでしょう。

カップルで話し合う時に大切なのは、「円満に解決することを意識する」ということです。感情のままに不満をぶちまけたり、相手を責めることだけに集中してはいけません。

自分の気持ちや不満はきちんと説明しつつ、相手にも受け入れてもらえるような言い方を工夫することが大切です。今回は、カップルで円満に話し合いを解決するコツについてまとめました。

話し合いではケンカ別れになったり、本音を言ったことが引き金で気まずい雰囲気になってしまわないように注意が必要です。7つのポイントを紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね!

カップルの話し合い7つのコツとは?

次に持ち越さないように今ある不満はすべて伝える

今の不安を打ち明ける女性

カップルの話し合いで円満に解決するコツの1つとして「今ある不満は持ちこさずに全て伝える」ということが大切です。嫌われたくないからと遠慮したり、不完全燃焼で終わったことはないですか?

不完全燃焼で話し合いが終わった結果、後から「あれも言っておけばよかった!」とモヤモヤが増えてしまいます。もし、彼に追加で言ったとしてもうんざりされるだけでしょう。

「この前の話し合い、まだ言ってるの?」「もう終わったじゃん!」と何度も繰り返し言うと、しつこい印象を与えてしまいます。不満はその場で出し切ることが大切なポイントです。

また、不満を言う時には、今あるものを言いきることが大切です。そうすることで、自分のモヤモヤもリセットできます。「後から言うの嫌だから全部言うね」と最初に言うのもよいです。

罵倒するような言葉を使わない

冷静に話し合うカップル

不満を出し切ることが大切だと説明しましたが、円満に解決するためには「不満の言い方に気をつける」ことも大切です。感情的になりすぎてはいけません。

罵倒した言葉遣いにならないように、なるべく冷静に伝えましょう。感情的になるとヒステリックだと思われます。あなたの意見よりも、自分の擁護をしたくなる男性も多いです。

男性は理論的に納得できれば考えてくれることが多いです。きちんと説明できるように練習して話し合いに臨みましょう。何が不満なのか。どう思ったのか。なぜ傷ついたのかを説明できますか?

順序立てて話し合い、「私はこうして欲しい」もしくは「今後こういうことはしないで欲しい」と要望を伝えてみましょう。彼も彼なりに意見はあるでしょうし、反論するかもしれません。

しかし、お互いに冷静でいればきっと良い解決策が見つかります。一方的に感情だけを押し付けるような不満の伝え方は、男性が嫌いますので絶対にやめて下さいね。

彼の言い分に耳を傾ける

彼の言い分

話し合いをしていれば、自分の勘違いだったと後で分かることもあるでしょう。また、彼が反論してきてスムーズに話し合いが進まないこともあり得ます。

そういう時に大切なのは、「彼の言い分に耳を傾ける」ということです。彼には彼なりの理由があるかもしれません。必死であなたの誤解を解こうとしているかもしれませんよね。

それを「言い訳しないで!」「嘘言わないで謝って!」など頭ごなしに責めないで下さい。最悪、「言っても無駄ならもういいや」と諦められる可能性だってあります。

彼が何か言ってきた時には、まずその言い分をきちんと聞くこと。そしてその後に「確かにこうだよね」「こうしないといけなかった理由は分かった」と話を受け止めましょう。

その上で、「でもこういう態度は傷つくから止めて欲しい」など、きちんと伝えれば大丈夫です。自分の言い分をきちんと聞いてくれた分、あなたの話も聞く姿勢になっていることが多いですよ。

軽い不満はカフェなど人がいる場で相談する

カフェで話し合うカップル

彼に対する不満が、冗談で済ませられそうな軽い不満だった場合、カフェやファミレスなどの人が多い場所で言うのもおすすめです。話し合いと言えば、密室で二人きりなイメージがありますよね。

もちろん、きちんとした話し合いには周囲を気にせず話せるように、密室に二人きりの方が良いでしょう。しかし、軽い不満程度ならお店で言って終わりにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。