カップルのカラオケで盛り上がる曲とは?

カラオケと言えば、カップルにとってデートの定番の一つです。

若い学生カップルなどは日常的にカラオケに行くことも多いでしょうし、カラオケで盛り上がる曲は知っておきたいですよね。

せっかく2人きりで行くカラオケですから、それぞれが歌って終わりではつまらないでしょう。テンションが上がってきた最後などは、ぜひ2人でデュエットして盛り上がりたいところです。

では、どのような定番曲ならカップルで盛り上がれるものなのでしょうか?

ポイントは皆が知っていて盛り上がれる曲です。今回はその中でもおすすめの7曲を紹介していきます。

カップルのカラオケで盛り上がる曲とは?

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEを代表する曲は、何といってもこの「R.Y.U.S.E.I.」です。

「R.Y.U.S.E.I.」は、2014年の第56回レコード大賞で大賞を受賞した超有名曲ですから、大概の人が知っているはずです。

特に若い世代に大人気の三代目です。特にノリの良い学生カップルにはおすすめですね。「R.Y.U.S.E.I.」の大きな特徴として特に有名なのは、途中で踊る「ランニングマン」のダンスでしょう。

この振り付けは皆も真似しやすく、レコード大賞を受賞したこともあってか大変話題になりました。曲中は彼と二人でダンスの真似をしながら、かなりハイテンションで盛り上がれることでしょう。

人気曲ですから、カラオケ画面でミュージックビデオやライブ映像も流れる場合もあります。

SEKAI NO OWARI「Dragon Night」

「ドラゲナイ」の愛称で親しまれる、SEKAI NO OWARIのシングル「Dragon Night」も人気でおすすめです。

上の三代目と同じく、若い世代に親しまれるセカオワを代表する曲の一つです。ボーカルの深瀬慧さんの発音が「ドラゲナイ」と聞こえることから、この相性が広まりました。

正式タイトルは知らなかったけど、「ドラゲナイ」は知ってるという人も多いのではないでしょうか?

実はこの「ドラゲナイ」、カラオケでも相当な人気を誇っているのは知っていましたか?

カラオケ機種の代表格JOYSOUNDでは、カラオケランキングにおいて堂々の1位を獲得したこともあるのです。

一通り歌って気分も高揚してきたら、ぜひ彼を「ドラゲナイ」で盛り上がってしまいましょう。

星野源「恋」

2016年のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で大人気を博したのが、主題歌である星野源さんの「恋」です。

特に印象的だったのがこの振り付け、通称「恋ダンス」ですね。必死にドラマを見ながら可愛いこの恋ダンスを覚えた人も多いのではないでしょうか?

恋ダンスを覚えている恋人同士であれば、一緒に踊って楽しめるのではないでしょうか?

「逃げ恥」の二人のように可愛らしく踊れれば、盛り上がりますし2人の仲も深まるはずです。もちろん、恋ダンスを踊らなくても「恋」は歌うだけでも楽しめるものです。

一緒に歌っても良いですし、歌がうまい彼氏がいるならぜひ歌ってもらいましょう。「恋」は非常に話題になった恋愛ソングですから、音楽好き、歌好きの男性なら皆知っていることでしょう。

素敵な恋愛ソングを歌ってもらえて、彼に一層メロメロになってしまう女性は多いはずです。

もし彼に歌ってもらうなら、あなた自身は可愛くタンバリンを持って盛り上げるなどをすると良いですね。2人の楽しいカラオケを締めくくる歌としてぴったりです。

HY「AM11:00」

恋人同士のデュエットの定番と言えば、HYの「AM11:00」でしょう。リリースされたのは今から10年以上前になる恋愛ソングですが、今もたくさんの男女に親しまれている曲です。

特に恋人・友達同士で「AM11:00」をデュエットし、盛り上がった経験がある人は多いのではないでしょうか?

しかもリリースされたのが結構前なので、知っている年代も幅が広く、歳の差カップルにもおすすめです。

分かりやすく男女パートに分かれているため、カップルで歌いやすいのも特徴ですね。ラブラブなカップルにぴったりの楽曲でしょう。

サビはうまくハモることができるので、歌に自信がある2人で挑戦すれば、息ぴったりで盛り上がれるはずです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。