遠距離カップルが長続きする7つの方法とは?

遠距離恋愛は別れの原因の一つとも言われるくらい、成立させていくのが難しいことだと言われています。

ですが、転勤や引っ越しなど、長い付き合いのカップルにとって遠距離恋愛になる可能性はいつでもあるものです。

遠距離恋愛が引き金になって別れに繋がらないように、彼と離れていてもラブラブ度は保っていたいものですよね。

では、遠距離カップルがしっかりと長続きするためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

今回は、遠距離カップルが長続きする方法について以下にまとめました。遠距離で寂しさに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

遠距離カップルが長続きする7つの方法とは?

言葉に気をつける

注意してLINEを打つ女性

遠距離恋愛では、とにかく言葉に気をつけることが大切です。なぜなら、遠距離では、言葉を間違ったときにすぐに会って弁解することができないからです。

近距離であれば、ちょっと間違ったことを言ってしまっても、会ってすぐに訂正することができますよね。

お詫びや埋め合わせでデートに出かけることもすぐできるでしょう。近距離は何か誤解があったときに修復がしやすいのです。

ですが、遠距離は誤解があっても、会って直接謝ったり、関係を修復しようと埋め合わせをすることも難しいですよね。

間違ったことがあっても、そのままお互いモヤモヤした状態が続くことにもなりかねません。

LINEなどの言葉選びは慎重にしておきたいところですね。電話でも相手を傷つけてしまうようなことは言わないように気をつけましょう。

遠距離で寂しいのはお互い同じなので、そのストレスを相手にぶつけたり八つ当たりすることだけはやめましょう。

特にLINEなどは相手の感情が見えづらいので、読んだらどう思うかということをしっかりと考えるべきです。明るい気持ちを伝えるときは、スタンプや絵文字を積極的に使っていきたいところです。

愛情表現を豊かにする

豊かな愛情表現

遠距離恋愛で絶対に忘れてはいけないことがあります。それは、愛情表現をお互いに豊かにしていくということです。

愛情表現が豊かであることは遠距離・近距離関係なく大切なことですが、特に遠距離では気をつけるべきでしょう。

相手を好きな気持ちはあっても、ちゃんと「好き」と伝えなければ、気持ちが分からず不安になることも多いです。

電話をしたときの切り際、LINEのやり取りの節々などで、たくさん相手に好きという気持ちを伝えるようにしておきましょう。

気持ちは分かっていても、実際言葉で言ってもらえると人は安心するものです。遠距離ではお互いに顔を合わせることも少なくなりますので、気持ちが薄れやすいのも事実です。

お互いに愛し合っていることを忘れないためにも、常に愛情表現は欠かさないようにしましょう。

会う場所に気を遣う

デート場所に気を遣う女性

遠距離では、あらゆるすれ違いや気持ちのずれが、別れに繋がりやすくなってしまうものです。それは、久々に会う場所を決めるときでも気をつけたいところです。

なぜかと言うと、どちらか一方のいる場所に毎回行くなどでは不平等になってしまい、気持ちのずれが生じやすいためです。

会うのを楽しみにしつつも、片方ばかりがいつも移動しているのでは、片方は疲れてしまいますよね。

移動にはお金も労力もかかるものです。お金は割り勘して出していたとしても、移動は何度も重なると大変でしょう。

会う場所を決めるときはお互いに気を遣い、中間地点などでいつも会うようにするなど、工夫をしていきたいところです。

もしくは、会う時はいつも交互に移動することを徹底するなど、お互いに平等であることは意識した方が良いでしょう。

近況報告を定期的にする

電話での近況報告

遠距離恋愛中は、相手が何をしているのか考えるだけで不安になってしまいますよね。

相手のことは信じていても、「もしかしたら浮気を…」と思うだけでモヤモヤした気持ちは止まらないはずです。

そのため、遠距離恋愛では自分の近況報告を定期的にしておくことが望ましいです。自分は何も心配ないとは思っていても、相手は不安になることを忘れないことが大切です。

相手のことが気になるように、相手も自分のことが気になって不安になっているのです。「必要ないかも」と思うようなささいな近況報告でも、教えてもらえれば相手は嬉しいものです。

特に異性が絡むようなことは、不安感を取り払うためにも、やましいことがなければ正直に報告していくべきです。

お互いに不安な気持ちをなくそうとするための気遣いが、近況報告では大事になってくるのです。

弱音を彼に吐かない

弱音を吐くのを我慢する女性

遠距離の間は不安や寂しさが放っておいてもつのるものですし、つい彼にもその弱音を吐いてしまいがちですよね。

何か別の悩みと彼に会えない寂しさがつのってしまったときは、悩みが爆発して彼に話さずにはいられないでしょう。でも、彼へ弱音を吐くことは極力控えていくべきです。

なぜなら、あなたの「寂しい」「会いたい」などの過剰な弱音は、彼にとって負担になってしまう可能性があるからです。

繰り返しになりますが、遠距離で寂しさや孤独感を募らせているのはあなただけではないのです。

彼も同じように遠距離であなたと会えないもどかしさを抱えているものですし、遠距離で会えないことはどうしようもないことです。

どうしても不安な気持ちが爆発しそうなときは、彼に直接言うのではなく、友達やSNSを使うべきでしょう。

そのため、常に弱音や愚痴を聞いてくれるような友達を用意しておくことは、遠距離を乗り切るためにはとても大切なことですね。

友達に話せそうにないなら、SNSで不安な気持ちをぶちまけてしまいましょう。彼に遠距離の負担を与えることは、カップルの仲に溝を作る原因にもなります。

遠距離はただでさえ不安だらけなので、彼と話すときは極力明るい話をしていきたいところですね。

簡単なルールを決める

2人だけのルール

遠距離において簡単なルール決めはとても大事なことです。お互いのプライベートや仕事に支障をきたさない程度に、連絡は2~3日に1回など、簡単なルールは決めておきましょう。

ルールがなければ、いずれまめな連絡のやり取りも風化してしまいやすいからです。

社会人であれば忙しいですし、連絡しなきゃという少しの縛りがなければ話さないまま軽く何日も過ぎ去ってしまいます。

ルールがお互いの生活を脅かすようではそもそも負担になってしまって大変ですが、連絡の頻度くらいは決めておいた方が良いです。

2~3日に1回などのルールであれば、少し曖昧さもあるのでそこまで負担にはならないでしょう。お互いに決めたルールを守ることで、自然と連絡を取り合うので、仲も活性化しやすいのです。

周りの誘惑に負けない

誘惑に負けない女性

世の中にはたくさん出会いがありますし、男女両方がいる職場などではもしかすると誘惑もあるでしょう。

ですが、遠距離恋愛中こそ、そんな周りの誘惑に負けない姿勢がとても大切になります。

自分が少しでも浮気をすると、「もしかしたら彼も同じように浮気しているのでは?」と思ってしまいますよね。不信感の連鎖とはこのように生まれてしまいます。

相手を疑うようになってしまうと、カップルとしては終わりの始まりです。遠距離恋愛では相手を信じる気持ちが何よりも鍵になってきますので、誘惑に負けているようではいけません。

自分が誘惑に負けることは彼への裏切りであり、彼にも不信感を抱いてしまうことの始まりですからね。誘惑に負けない強い気持ち、そして彼を信じる気持ちを大切にしましょう。

遠距離恋愛のカップルは慎重にコミュニケーションをとる

遠距離恋愛のコミュニケーション

遠距離はただでさえつらい気持ちがつのるので、ちょっとでも心理状態が良くないときは不安な気持ちに支配されやすいものです。

お互いに不安な気持ちの連鎖を起こさないためにも、思いやる気持ちを大切にしていきたいところですね。

遠距離を乗り越えたカップルは深い絆でこれからもラブラブでいられることでしょう。彼を好きな気持ちを忘れず、遠距離でも長続きできる素敵なカップルを目指していけると良いですね。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。