遠距離カップルが長続きする7つの方法とは?

遠距離恋愛は別れの原因の一つとも言われるくらい、成立させていくのが難しいことだと言われています。

ですが、転勤や引っ越しなど、長い付き合いのカップルにとって遠距離恋愛になる可能性はいつでもあるものです。

遠距離恋愛が引き金になって別れに繋がらないように、彼と離れていてもラブラブ度は保っていたいものですよね。

では、遠距離カップルがしっかりと長続きするためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

今回は、遠距離カップルが長続きする方法について以下にまとめました。遠距離で寂しさに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

遠距離カップルが長続きする7つの方法とは?

言葉に気をつける

注意してLINEを打つ女性

遠距離恋愛では、とにかく言葉に気をつけることが大切です。なぜなら、遠距離では、言葉を間違ったときにすぐに会って弁解することができないからです。

近距離であれば、ちょっと間違ったことを言ってしまっても、会ってすぐに訂正することができますよね。

お詫びや埋め合わせでデートに出かけることもすぐできるでしょう。近距離は何か誤解があったときに修復がしやすいのです。

ですが、遠距離は誤解があっても、会って直接謝ったり、関係を修復しようと埋め合わせをすることも難しいですよね。

間違ったことがあっても、そのままお互いモヤモヤした状態が続くことにもなりかねません。

LINEなどの言葉選びは慎重にしておきたいところですね。電話でも相手を傷つけてしまうようなことは言わないように気をつけましょう。

遠距離で寂しいのはお互い同じなので、そのストレスを相手にぶつけたり八つ当たりすることだけはやめましょう。

特にLINEなどは相手の感情が見えづらいので、読んだらどう思うかということをしっかりと考えるべきです。明るい気持ちを伝えるときは、スタンプや絵文字を積極的に使っていきたいところです。

愛情表現を豊かにする

豊かな愛情表現

遠距離恋愛で絶対に忘れてはいけないことがあります。それは、愛情表現をお互いに豊かにしていくということです。

愛情表現が豊かであることは遠距離・近距離関係なく大切なことですが、特に遠距離では気をつけるべきでしょう。

相手を好きな気持ちはあっても、ちゃんと「好き」と伝えなければ、気持ちが分からず不安になることも多いです。

電話をしたときの切り際、LINEのやり取りの節々などで、たくさん相手に好きという気持ちを伝えるようにしておきましょう。

気持ちは分かっていても、実際言葉で言ってもらえると人は安心するものです。遠距離ではお互いに顔を合わせることも少なくなりますので、気持ちが薄れやすいのも事実です。

お互いに愛し合っていることを忘れないためにも、常に愛情表現は欠かさないようにしましょう。

会う場所に気を遣う

デート場所に気を遣う女性

遠距離では、あらゆるすれ違いや気持ちのずれが、別れに繋がりやすくなってしまうものです。それは、久々に会う場所を決めるときでも気をつけたいところです。

なぜかと言うと、どちらか一方のいる場所に毎回行くなどでは不平等になってしまい、気持ちのずれが生じやすいためです。

会うのを楽しみにしつつも、片方ばかりがいつも移動しているのでは、片方は疲れてしまいますよね。

移動にはお金も労力もかかるものです。お金は割り勘して出していたとしても、移動は何度も重なると大変でしょう。

会う場所を決めるときはお互いに気を遣い、中間地点などでいつも会うようにするなど、工夫をしていきたいところです。

もしくは、会う時はいつも交互に移動することを徹底するなど、お互いに平等であることは意識した方が良いでしょう。

近況報告を定期的にする

電話での近況報告

遠距離恋愛中は、相手が何をしているのか考えるだけで不安になってしまいますよね。

相手のことは信じていても、「もしかしたら浮気を…」と思うだけでモヤモヤした気持ちは止まらないはずです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。