遠距離恋愛に疲れたときの対処法

遠距離恋愛はでは、いろいろな疲労感が付きまとうものです。

離れ離れの生活が始まったばかりの頃は、緊張感から感じにくいかもしれません。しかし、時間の経過とともに金銭的にも精神的に負担がかかる状況が続き、次第に疲れを感じることもあるでしょう。

疲労感は、いろいろな失敗や負のスパイラルを作り出す原因になりかねません。悪い結果を招いてしまうことのないよう、未然に予防することを心がけましょう。

それでは、遠距離恋愛で疲れた時にやってしまいがちなこと。そして、逆に心がけたほうが良い習慣や考え方をご紹介しましょう。

遠距離恋愛で疲れたときにやってしまいがちなこと

肩こりを心配する女性

「職場の飲み会だと言っていたけど、本当は合コンに行っているんじゃ…」

「最近、メールの返信が遅くなってきている…気持ちが冷めてしまったのかな…」

「ひどい言葉を言ってしまった…」

彼の日常生活が見えないことで不安や嫉妬を感じたり、ネガティブな感情に襲われてしまうこともあるでしょう。

遠距離恋愛では、一度ケンカやすれ違いを起こしてしまうと、仲直りすることも簡単ではありません。

あなたがもし遠距離恋愛に疲れを感じ始めているのなら、生活習慣を見直してみませんか?ネガティブな感情が沸き起こらないようにするためにも、良い習慣を身に付けて、意識を改革しましょう。

遠距離恋愛中にやってしまいがちな悪い習慣と良い習慣をご紹介していきましょう。

恋愛情報サイトを必要以上に閲覧する

SNSで写真を見る女性

恋愛のノウハウを得ようと、いろいろな恋愛情報のサイトにアクセスしすぎていませんか?

自分と似た状況の遠距離恋愛の体験談を検索したりしていませんか?同じ状況にいる人がいることを知ると、安心しますよね。

いろいろな人の恋愛の体験談を読んで、行動の選択肢を増やすためのヒントにすることは役に立つ場合があります。

他人の知恵を借りることはとても大切ですし、状況を変えるために戦略的に試行錯誤する努力は必要なことです。しかし、全てのノウハウがあなたの状況に当てはまるとは限りません。

自分で深く考えずに、決まりきったやり方に頼りすぎてしまうことは危険です。ノウハウを見過ぎると、その方法を試したくなってしまうということが考えられます。

例えば「浮気をチェックする方法」などを見つけてしまったら、試さずにいられなくなってしまいませんか?

彼を信じる気持ちの方が何倍も重要だと理解していても、その方法を試して安心したくなってしまう。もし、万が一、彼との関係が上手くいかなくなってしまった場合、後悔しても遅いのです。

必要以上に恋愛に関する情報を収集することは、遠距離恋愛をするにあたって精神的に良いこととは言えません。

ただ「楽しいから」「時間が空いてしまったから」などという理由で読み漁っている場合には注意が必要です。

ネガティブな体験談を読んでしまった場合など、漠然とした不安がインプットされてしまう恐れがありますよ。あなたの不安を増すだけの結果となってしまうこともあります。

意識的に恋愛情報サイトを必要以上に見すぎないように、自分自身をコントロールしましょう。

恋愛のドラマや映画を寝る間を惜しんで観る

恋愛ドラマを見る女性

恋愛のドラマや映画にハマっていませんか?おそらく、多くの人が経験する遠距離恋愛あるあるでしょう。

今まで彼と会っていた時間に、やることがなくなってしまうことは遠距離恋愛では良くあることですね。

寂しい気持ちも、ロマンチックなラブストーリーで疑似体験することで、少しだけ癒されたりするものです。一人の時間を充実させようとした結果だということもあるでしょう。

連続ドラマの場合、続きの展開が気になってしまって、一気に何話も続けてみてしまったりもしますよね。時には寝る間を惜しんで観てしまうなんてこともありませんか?

そのことが原因で、睡眠時間が減ってしまって疲れの原因になっているかもしれませんよ。休日の昼間も、部屋でゴロゴロしてしまうという良くない習慣の原因となってしまう場合も考えられます。

「悪い習慣の原因になっているかもしれない…」という思い当たる部分があれば、すぐに見直して改善していきましょう。

疲れをとるために休日に過剰な昼寝をする

読書をしながら寝てしまった女性

「少しだけ昼寝をしようと横になったつもりが、気づいたら夕方になっていた…」なんて経験はありませんか?

「連続ドラマや映画を一気に何話も見てしまった」ことが原因で、昼夜が逆転してしまうこともあるかもしれませんね。

その気持ち、良く分かります。しかし、「昼夜逆転の生活」や「寝すぎ」は、精神的にも健康にも悪い影響を与えてしまいますよ。

昼寝のしすぎで、夜眠れなくなるという悪循環に陥ってしまうパターンは、良くあるのではないでしょうか。悩む時間が増えてしまうことにもつながりますよ。

「寝過ぎ」や「休日明けの睡眠不足」で、頭がボーっとしてしまうのも良くないことです。あまりボーッとする時間を増やしてしまうと、ネガティブな思考に陥ってしまいます。

肉体的に疲れ切っている場合は、睡眠時間を多くとることが有効だとされています。しかし、脳の状態は不安定になってしまうことがわかっています。

浅い眠りを続けてしまうことで、体内時計が狂ってしまうことは想像できますよね。過剰な睡眠は、ホルモンバランスを崩し、精神的に不安定になる原因につながっています。

どうしても昼寝をする場合には、「30分だけ寝る」など時間のルールを決めて、タイマーをセットするなどの工夫が必要です。

人それぞれ、程よい睡眠時間のリズムというものがあります。自分にとって、ちょうど良いリズムを見つけて、同じリズムを繰り返すように心がけましょう。

恋愛以外のことをより充実させるべき

「ENJOY」と発言する女性

「常に恋をしていないと生きていけない」

「恋愛ノウハウ本を読んだり、恋愛情報サイトを見ることが多い」

「友達と恋人との予定なら、恋人との予定を優先する」

「友達と一緒にいる時、恋愛の話をすることが多い」

「恋人のタイプに合わせて服装や趣味を変えることができる」

上記に当てはまるなら、あなたは恋愛体質かもしれません。または「自分は恋愛体質だ」という自覚がある人には、特に注意して欲しいことがあります。

遠距離恋愛では恋愛以外のことを充実させたほうが、成功率が圧倒的に高まるからです。

常に彼を一番に優先して、どんな時も彼のことを考えていて、いろいろと世話を焼きたいと思っていませんか?しかし、遠距離恋愛で距離が離れていては、その気持ちを満たすことはできませんよね。

満たされない想いが毎日のように続いては苦しくなってしまうだけです。

もしかして、彼のことを想うあまり、嫉妬や浮気を心配する気持ちを募らせてしまっていませんか?頻繁に連絡してしまったり、心配のあまり束縛してしまっていませんか?

そのままだと、重い女だと思われてしまうかもしれませんよ。それらの行動が、彼の気持ちを冷めさせてしまうかもしれないことを理解しましょう。

負のスパイラルに陥らないために、一人の時間を楽しむ生活に切り替えることが必要なのです。恋愛体質の女性ほど、一人の時間に何をして良いか分からないことが多いものです。

彼に尽くしたい気持ちを自分自身へ向ける気持ちに切り替えましょう。自分自信を心から労わることができるのは、自分だけなのです。

恋愛情報サイトは意識して遠ざける

トラックパッドに手を置く女性

まずは、「恋愛情報サイトに依存してしまっているかもしれない」と自覚することから始めましょう。

気になることは一度に調べて、役に立ちそうな情報を見つけたなら、メモするなどして、調べすぎることをやめましょう。

それを元に自分自身にあった解決策を考えることに時間を充てるようにしましょう。恋愛情報サイトに依存していることを自覚したなら、今度は意識して遠ざけるようにする必要があります。

あなたのよりよい恋愛に使うべき時間を恋愛情報サイトで、情報を集めることに使いすぎないようにしたいですね。

規則的な早寝早起きの習慣を身につける

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。