遠距離恋愛での電話のコツ

LINEなどのメッセージアプリが便利になったことで、電話で直接話す機会は減ってきていますね。

メッセージは気軽に送れて、お互いの都合に合わせて返信することができ、時間に縛られることがないことがメリットです。既読のタイミングで相手の忙しさを予想することもできます。

既読にならなかったり、返信のタイミングが遅いと、何をしているのか気になってしまうことがデメリットといえるでしょう。

遠距離恋愛のメッセージのやり取りでは「忘れられてしまったのでは?と、不安な気持ちになってしまうこともありますよね。

しかし、だからといって一日に何度も連絡して相手の行動を探るようなことは、絶対にNGですよ!疑いたくなる気持ちを抑え込んで無条件に信頼することが、遠回りのようで一番の近道なのです。

不安定な気持ちに陥りがちな遠距離恋愛では、文字のやりとりだけでなく、電話もバランスよく利用したいですね。

直接会うことが難しくても、声を聞きながら電話で話すことで、近くにいるような感覚が体験できるので安心しますよね。今回は、遠距離恋愛での上手な電話の使い方をお伝えします。

遠距離恋愛での電話のコツ

受話器を耳に当てる男性

遠距離恋愛での大切な役割を果たすコミニュケーションツールの代表が電話です。少し前までは、携帯電話同士の通話だと高額な通話料金がかかってしまうことが大きな障害となっていました。

しかし、数年前からスマホの普及と共に電話アプリのサービスが向上したため、無料で通話することができるようになりました。

スマホの定額プランに入っていれば、安心して遠距離恋愛の電話を楽しむことができますね。

どれくらいの頻度、電話で話すかはカップルの数だけパターンがあります。

「毎日、欠かさず電話連絡をしたい」「時間に余裕のある時だけで十分」など、ライフスタイルにあった形が望ましいです。

会えない寂しさや不安など障害の多い遠距離恋愛では、それぞれのカップルが抱えている問題は違うものです。

努力が必要だとはいえ、気合を入れて頑張りすぎてしまうことは、長期的に考えると良いことではありません。無理をせずに続けることができるくらいの「ゆるめのルール」を設定しましょう。

義務感を感じない程度に楽しみながら、努力と工夫を続けていくことが遠距離恋愛での電話のコツです。

遠距離恋愛において電話は愛の生命線

ノスタルジックな電話

遠距離恋愛でのコミュニケーションツールとして、電話はとても重要です。メールなど文字だけのやり取りも楽しいですが、やはり、電話で声を聞きたいものです。

リアルタイムな反応を感じることができる電話なら、相手のテンションや、言葉のニュアンスも感じることができます。メールでは、伝えにくいニュアンスもスムーズに伝えることができます。

急ぎの用事などで、すぐに確認したいことなども、電話の方が便利ですよね。文字のやり取りばかりではなく、声を聞きたい時は電話を使う。たまには、テレビ電話で話してみる。

お互いの距離を近くに感じることができると、不安も和らぎますよね。遠距離恋愛において、手軽に使うことができる電話は「愛の生命線」ともいえるツールなのです。

電話は使い方を間違えると災いのもと

雨に濡れた電話ブース

とても便利な電話ですが、使い方を少しでも間違えてしまうと、災いの元となってしまうこともあります。感情的になってしまった時、余計な一言を口にしてしまうこともあるでしょう。

メールであれば「文字を入力して送信ボタンを押す」という工程があるので、直前に考え直すチャンスがあります。電話の場合には、発してしまった言葉は、相手にすぐに届いてしまいます。

「売り言葉に買い言葉」という状況が、結果的にケンカを招いてしまうこともあるでしょう。

ケンカになってしまう原因の感情は「ヤキモチ(嫉妬)」であることが多いでしょう。この厄介な感情に火をつけないためにも、電話で他の異性の話をすることはNGにするべきでしょう。

SNSの投稿で写真のタグ付けなども注意したいポイントですね。口論となり気まずい雰囲気を作ってしまう前に、火種になりそうなものは、あらかじめ取り除いておきましょう。

最悪の場合、致命的な一言によって別れる原因となってしまうこともありえます。

遠距離恋愛では、不安な気持ちから、つい電話越しに泣いてしまうという可能性もあります。多少の涙であれば、可愛げがあるかもしれません。

しかし、電話の度にメソメソ泣かれてしまっては、負担に感じてしまうことでしょう。

電話で話す時間に、ケンカをしてしまったり、泣いて気まずい雰囲気を作ってしまうくらいなら、それは逆効果でしかありません。

そんな時には、電話の頻度を減らし、少し距離をおいて冷静になったほうが良いでしょう。電話は使い方を間違えると、災いの元となってしまうことを認識しましょう。

遠距離恋愛での電話のやり方を工夫しよう

スマホをいじり電話しようとする男性

会えない日が続いているからこそ、文字だけではなく、電話の声やテレビ電話などのツールを駆使して愛を確認し合いたいものです。

電話で話している時に、会話が続かなくなって無言になってしまうことがありませんか?二人で決めたルールに従って電話をすることが、義務のように感じてしまうことはありませんか?

そうならないためにも、電話のやり方に工夫をしてみましょう。

「マンネリ化してきているかな?」と感じたなら、電話をする頻度や時間帯を変えてみるのも良いでしょう。

仕事の帰り道で電話することが習慣になっているのであれば、休日の昼間のタイミングに変化をもたせてみましょう。

決まりきった習慣には安定感がある反面、義務感やマンネリ感が付きまとうものです。電話するタイミングを変えることで、新鮮さが生まれます。

停滞していると感じたなら、気分を変える工夫をしましょう。

テレビ電話を使って顔を見て話すと、新鮮さを感じることができるものです。テレビ電話はたまに使う「特別な感じ」と「新鮮さ」を感じられます。

食事のタイミングを合わせてテレビ電話をすれば、一緒に食事をすることもできますよ。

せっかく二人の貴重な時間を費やして電話をするのですから、楽しい時間にしたいですよね。それでは、電話のやり方を工夫する方法を具体的にご紹介していきましょう。

話すお題を決めておく

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。