遠距離の片思いを成就させるには?

相手の諸事情で遠方に引っ越すことになり、遠距離になってしまったカップルもいます。転勤が増えてきた現在では遠距離になってしまったカップルも少なくないです。

遠距離での片思いをしている人も増えてきています。しかし距離が離れているとなかなかその思いを伝えられないでいる人も多いことでしょう。

ではなぜ遠距離での片思いは難しいのでしょう?またどうしたら片思いが成就すると思いますか?それをしっかり心得ているか否かでは当然、片思いが成就する可能性も変わってきます。

そこで今回は遠距離での片思いを成就させるために心得るべきことを解説していきます。

遠距離での片思いが難しい理由

ハートのクッションをもつ女性

遠距離での片思いにおける最大の壁は滅多に会えないということです。好きな人に会えない日々は辛いですよね。その辛さに耐えられず破局してしまうカップルだってたくさんいるのです。

片思いであれば、その辛さを共有し励まし合うことができないのでなお辛いことでしょう。距離があるので相手の気持ちも見えにくく、思いを伝えることにも躊躇してしまうのも当然です。

なかなか会えない中、関係を深めていくのは非常に難しいです。しかし会えないからこそ相手への強い思いを募らせ片思いを成就させた人も大勢いるのは事実です。

交流がメールやLINEに限られる

ブランコに乗りながらスマホを見る女性

まず遠距離の片思いでは交流がメールやLINEなど電子機器を通したものに限られることが1つの大きな要因です。普段便利なこれらの機能もこれだけだと交流に支障をきたしやすいです。

そもそも遠距離で片思いをしている人は常に一方通行な思いを抱いています。その上でメールやLINEといった文字で相手の気持ちや様子を伺おうとするとネガティブになりがちです。

言い方が冷たかった、顔文字がなかった、返事がなかなか返ってこない。近くにいればあまり気にしなくて済む小さなことも、距離があると大きな不安要因になってしまいます。

それは相手が見えないからです。相手の表情、気持ち、状態、環境などがわかれば理解できることも、伝わらないからよりマイナスに受け止めてしまうのです。

また付き合っているわけではないため、それを相手に上手く伝えることができず悶々としてしまいます。些細なことで衝突をしてしまったり、ふさぎ込んでしまったりするのです。

このような交流しかできていないと関係というのは深まりにくくなります。また相手の気持ちが離れてしまうだけでなく、あなたも全てが嫌になってしまう可能性もあるのです。

肉体的な寂しさを埋めることはできない

手をつなぐカップル

遠距離での片思いをしていると、幸せそうに歩いているカップルを見かけて泣きそうになったことはありませんか?好きな人とデートができないというのは本当に辛いことですよね。

しかしそう思うのは女性だけではありません。女性は精神的な寂しさが多くを占めますが、男性は肉体的な寂しさを強く感じます。相手に触れられないことは男性にとって大きなダメージなのです。

恋愛対象として関係を深めていくためにはスキンシップというのは欠かせません。好きな気持ちが募れば募るほど相手に触れたいという気持ちを特に男性は強く持ちます。

遠距離ではそのスキンシップをとる機会、相手の肉体的な寂しさを埋める機会は極めて少ないです。相手への思いというのはやはり育ちにくいのです。

男性が肉体的な寂しさを埋めることのできない女性を愛するには強い思いが必要です。それでも一途に好きだと思える女性でなければ気持ちは冷めてしまう可能性が高いでしょう。

付き合っていない場合、スキンシップがなかなか取れない相手を恋愛対象として見るのが難しくなってしまうのです。

恋愛事情が把握しづらい

思い詰める女性

相手の顔や行動が見えないというのは気持ちがわからないだけでなく、恋愛事情も把握しづらくします。

相手がどんな人が好きなのか、どんなことを求めるのか、どんな付き合い方を好むのか。付き合う前にぜひ知っておきたい相手の恋愛事情ですよね。

付き合ったら毎日欠かさず連絡を取りたいのに、相手は嫌がるかもしれません。会う回数の理想も違うかもしれません。彼女より友達優先かもしれません。

付き合ったら他の女性と連絡を取ってほしくないのに、相手は女友達が多く変わらず連絡を取りたい人かもしれません。友達として会って遊んだりするかもしれません。

恋愛事情の相違というのは付き合う前にある程度把握しておく必要があります。付き合ってからでは喧嘩や別れる原因にもなってしまう可能性が高いからです。

また恋愛事情というのは相手を恋愛対象として見られるかどうかの判断材料の1つです。恋愛事情が不透明だと関係を進展させる妨げになります。

遠距離での片思いでは相手の生活が見えず、顔を見て話せるわけでもないので恋愛事情を把握するのにも限界があります。それが不安を生むため遠距離での片思い成就させにくくするのです。

精神的なよりどころになることが必要

四つ葉のクローバー

遠距離で関係を進展させるためには、恋愛対象になることよりもまず精神的なよりどころになる必要があります。男性の心を掴み、精神的な支えになることが大切です。

男性は恋愛感情を持っていなくても肉体的な関係を持てる生き物です。精神的なよりどころになってくれる女性の方が恋愛対象になりやすいのです。

確かにスキンシップというのは2人の親密度を上げるものです。その点において遠距離ではスキンシップをとることが容易にできないというのは大きな壁になります。

だからこそ遠距離での片思いでは特に心のつながりを大切にし、精神的なよりどころになる必要があるのです。それができれば距離の問題をある程度カバーできるはずです。

辛い時に支えてくれた人は自分にとって大きな存在になります。相手の中の自分の存在を大きくすることを目指しましょう。そのために効果的なのが精神的なよりどころになることです。

これは外見や性格で相手に好意を持たせることよりも難しいことです。そのため遠距離での片思いを成就させにくくしている1つの要因になっているのかもしれません。

遠距離の片思いで必要な態度

カフェで原稿を仕上げるノマド女子

遠距離の片思いは辛いことも多いですよね。相手が見えず不安になったり、自分の気持ちを上手く伝えられず落ち込んだりするものです。

近くにいれば気にしなくて良いようなことも、遠距離の片思いの場合は意識するべきことがたくさんあります。距離が離れていることのデメリットをできるだけ抑えるのです。

恋愛関係に進展させるために気を付けるべきことの多くは、近くにいること前提のものが多いです。近くにいてお互いを感じることができるのは大きなことなのです。

しかし絶対に遠距離の片思いが成就しないというわけではありません。近距離にいる女性の誰よりも彼を理解し思いやって、大きな存在になることができれば十分に可能性はあります。

遠距離の片思いで必要な態度を意識してみてください。きっと彼のあなたを見る目が変わるはずです。

聞き上手になる

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。