好きすぎる片思いの7つの注意点とは?

好きという感情は、ときに歯止めが効かなくなってしまうものです。相手を想う気持ちが爆発して、突発的に行動してしまうこともあるでしょう。

しかし、片思いをしているときというのは、自分の気持ちを優先して行動してはいけません。好きになってもらいたいなら、相手のことを一番に考えなければいけないのです。

好きすぎる片思いは、盲目になりがちなため相手に嫌われてしまうことがあります。しかも、自分でも気づかないうちに距離ができてしまっていることもあるのです。

そこで今回は、好きすぎる片思いを失恋ではなく両想いにするために、注意点を7つ紹介します。

好きすぎる片思いの7つの注意点とは?

好き好きアピールは嫌がられることが多い

彼への好意に溢れる女性

好きすぎるとつい行動や態度に出てしまいますよね。好意を表に出すことは決して悪いことではありません。関係が発展するきっかけにもなることもあるでしょう。

しかし、一方的に想っているだけの場合は注意が必要です。相手に他に好きな女性や彼女がいるかもしれないからです。

自分に好意がなくても、異性から好き好きアピールされている様子というのは、周りからはいちゃついているように見えます。

好きな女性や彼女からすれば、他の異性といちゃついている姿というのは確実に印象が悪いです。喧嘩や破局、距離ができてしまう原因になってしまうでしょう。

そのため、好きな女性や彼女がいる男性は、他の異性からの好き好きアピールを嫌がることが多いです。

好きすぎる片思いの場合は、周りが見えず自分勝手に好意を押し付けやすいので特に注意しましょう。

重すぎない

彼に重い愛情を捧ぐ女性

愛情というのは重すぎると相手の負担になります。一方的な好意である場合、引かれてしまうことの方が多いでしょう。

にもかかわらず、好きすぎる片思いをしていると、どれだけ好きかを伝えがちになってしまいます。相手に対する溢れ出る想いを抑えきれなくなってしまうのです。

たとえ彼女でも重すぎる愛情は男性の気持ちは冷めさせます。同じように愛することを求められているようで、プレッシャーに感じるのです。

一方的な好意を向けられれば、好きになるどころか印象が悪くなり、引いてしまうでしょう。しつこく執着心の強い女性からは、逃げたくなるのが男なのです。

好きすぎる片思いをしていると、無意識に好意を表現しがちになります。自分の気持ちを隠そうとするのが調度良いくらいなのです。

重すぎない自分でいることを常に意識するようにしましょう。

愛情が憎しみに変わりやすい

好きな彼に憎しみを持つ女性

誰かを愛しいと思ったとき、同時に愛されたいと願う気持ちも生まれます。愛情が強ければ強いほど、相手に好きになってほしいという期待も強まるのです。

強すぎる期待が叶わなかったときの苦しみは、自分の中だけで沈めることができず、外に矛先を向けてしまいます。周りに当たってしまうようになるのです。

特に恋愛の場合は、好きな人に矛先が向いてしまいます。なんでこんなに好きなのに…という憎しみを抱き、当たりがちになってしまうのです。

好きなのに憎まずにはいられないというのは、本人にとっても苦しいことです。当たってしまえば、彼との間に埋められない溝ができてしまい、一層想いは届かなくなってしまうでしょう。

好きすぎる想いというのはときに憎しみに変わってしまいます。愛情も度が過ぎると相手に牙を向けてしまうことになるのです。

肉体関係のみになりやすい

彼と寝る女性

事の良し悪しの判断が鈍るのも、好きすぎる片思いの注意点の1つです。愛情の強さゆえに、どんな形でもいいから彼のそばにいたいという気持ちが、何よりも勝ってしまうのです。

その結果、肉体関係のみになりやすくなってしまいます。好きな人に都合よく扱われる女になってしまうのです。女性にとっては妊娠のリスクがある行為です。

また力も男性より弱いため、事が起こってからでは自分の心身を守ることはできません。肉体関係になることを容易に受け入れてはいけないのです。

好きな相手と肉体関係を持ちたいというのは、誰もが当たり前に抱く感情です。しかし、都合よく扱われるだけの係り合いは、体と心を傷つけるだけです。

好きな気持ちが強ければ強いほど、たとえ肉体関係だけでも相手と繋がりたいという気持ちが優先されてしまいやすいです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。