片思いが突然終わったときの気持ちの整理方法とは?

片思いの終焉というのは、必ずしも告白とは限りません。どうにもできない理由で、突然終わってしまうこともあるのです。

たとえば、彼がバイトを辞める、転職・転勤などの事態が起きれば、会えなくなります。関わる機会がなくなってしまえば、強制的に片思いが終わってしまうのと同じようなものです。

しかし、片思いが突然終わってしまったことを、簡単には受け入れられる人はおそらくいません。

右にも左にも進めず、立ち止まったままどうにもできずに苦しんでいる人も多いでしょう。そこで今回は、片思いが突然終わったときの気持ちの整理方法について解説していきます。

片思いが突然終わったときの気持ちの整理方法とは?

思い出の場所に行かない

彼との思い出のバー

突然強制的に片思いが終わってしまうと、気持ちのやり場がなくなってしまいます。いっそのこと振られれば諦めがつくものの、いきなり終止符を打たれても想いは簡単には消えてはくれません。

終わってしまった恋に縛られ続けるのは、とても辛いことです。幸せな将来を手に入れたいのなら、次に進むためにも彼への気持ちを忘れるべきでしょう。

突然終わってしまった片思いを忘れるには、彼のことや一緒に過ごした時間を思い出さないことが一番です。

忘れることを意識すればするほど彼のことを考えてしまうため、逆効果だからです。

たとえば片思いの彼が働いていたバイトなどに行くと、思い出さずにはいられないはずです。気持ちを整理するためには、思い出の場所に行くべきではないのです。

片思いが突然終わってしまえば、何もしなくとも彼のことばかりを考えてしまうものです。意識的に思い出さない状況を作らなければ、いつまでも忘れられません。

まずは思い出の場所に行かないようにすることで、できる限り自分の生活から彼を引き離すことから始めましょう。

次の片思いは告白すると決める

次は好きな彼に告白すると決意する女性

終わってしまったことをいつまでも悔やんでも仕方がありません。恋は突然終わりが来ることを知るよい経験になったと割り切れるようになりましょう。

後悔というのは、過去のためにするものではありません。二度と同じことで悩むことのないよう、未来に活かすためにするものなのです。

経験というのはどんなに苦いものでも、必ず自分の役に立ちます。告白できなかったことを後悔するからこそ、想いを告げることの大切さを知ることができるのです。

自分から思いを告げることの大切さを知っていることは、必ず次の恋愛に活きてきます。知らない人よりも確実に一歩幸せに近づいたと言っても過言ではありません。

今回片思いが突然終わってしまったことを後悔しているのなら、次の片思いは告白すると心に決めましょう。

きっと次の恋愛が上手くいったとき、今回した後悔を良い思い出、経験として受け入れられるはずです。

無理やり縁がなかったと割り切る

彼とは縁がないと割り切る女性

恋愛というのは、どんなに想いが強くても縁がなければ成就しないものです。好意を持っている者同士でさえ、結ばれないこともあるのです。

不可抗力で片思いが突然終わってしまった場合はなおさら誰のせいでもなく、そういう運命としか言いようがありません。無理やりでも縁がなかったと割り切るようにしましょう。

片思いが終わってしまったことを、自分や相手、あるいは周囲の人のせいにしても、何の解決にもなりません。誰かを責めてしまえば、余計悔いが残り、諦めがつかなくなってしまうでしょう。

しかし、誰にもどうにもできない縁のせいだと思えば、もう諦めるしか道はありません。手の打ちようがない理由であれば、次第に仕方がないと思えるようになるはずです。

自分が幸せになれる人は他にいて、片思いの相手とは縁がなかったと無理やり割り切るうちに、気持ちも整理されていくでしょう。

次に好きな人が現れるまで待つ

次の恋愛を待ち望む女性

突然終わってしまった片思いをどうにかするには、忘れるのが一番です。しかし、簡単にできたら苦労はしませんよね。どんなに頑張っても想いが消えない人もいるでしょう。

また、一度好きになった相手のことを無理やり忘れようとすることに、抵抗がある人もいるかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。