どんなときが片思いの引き際なの?

どんなときが片思いの引き際なの?

好きな人が現れることってすごく素敵ですよね。そしてお付き合いが出来たなら、幸せです。期待を含む片思い。

しかし片思いは期待が大きいがゆえに、期間を定めない限りズルズルと長引く可能性も秘めています。「彼を好きな気持ち」、「期待」と「想いにかけた時間」。

この3つがあなたの片思いをズルズルと長引かせる原因です。引き際を間違えた片思いはあなたの人生の限りある時間を浪費するだけでなく、チャンスをもあなたに逃させています。

あなたは、相手のことを長く想えば想うほど、恋愛は成功するなんて勘違いしていませんか。残念ながら、そうではありません。長引けば長引くほど片思いは成就から遠ざかるものなのです。

長い期間友達関係が続いている友達ほど、相手のことを恋愛対象に思わない、なんて経験はありませんか。答えを先延ばしにして長い時間をかけた片思いはこれと一緒なのです。

しかし、未練だけは片思いの時間に比例して強くなるのです。片思いにピリオドを打つタイミングはどう見極めたら良いのでしょう。

今回は、どんなときが片思いの引き際なのかについて紹介します。

片思いの引き際っていつ?

好きがネガティブな気持ちに変わったとき

落ち込む女性

恋愛の気持ちがマイナスに変わってしまっていくと、相手を憎む気持ちが生まれてくる場合があります。自分の思い通りに相手が動いてくれず、期待ハズレでイライラしてしまうからです。

人間の脳は思い描いたことを具現化するように指示を出しています。例えば、勉強中、もう無理だと思った瞬間から、頭が回らなくなったなんて経験は誰にでもあるでしょう。

恋愛でも同じなのです。ネガティブになればなるほど、言葉も行動も制限され、恋愛を楽しめなくなり、そしてまたネガティブになるという悪循環。

恋愛は楽しむからこそ、相手の立場にたてるのです。相手が思い通りに動かないなんて当たり前。イライラするのではなく、相手の行動を受け入れる心の余裕を持つ事が大事です。

報われない気持ちにイライラしているときは要注意。イライラ状態が爆発してしまう前にその彼は諦めて、次の新しい出会いを求めましょう。

振り向かせようという気がなくなってきたとき

「忘れないで!」と書かれたハート型のグッズ

悲しいですが、人の気持ちは不変ではありません。最初は盛り上がっていた感情も下がってくることはよくある話です。

問題になるのは、気持ちが冷めつつある片思いを続けるか、でしょう。

相手を振り向かせる気がなくなったのであれば、「観賞用の好き」や「意地になっているだけ」などが考えられます。

片思いのゴールは彼との両思いであり、両思いのためには振り向かせなければなりません。

しかし、努力をする気力が無いのであれば、「純粋な恋愛の好き」ではないことは確かです。ただ彼に固執しているだけの思いを続けるメリットを今一度考えるべきでしょう。

仕事や趣味、友人関係に影響が出ているとき

一人きりの女性

社会人なら当然ですが、片思いで仕事に支障が出てしまうなんてご法度です。学生なら許される恋わずらいによる支障も、社会人では多くの人にまで迷惑が掛かってしまう恐れがあります。

想像してみてください。片思いに夢中で仕事の効率が下がるあなたを見て、彼は恋に落ちるでしょうか。

また、友人と会う気力がなくなることもよくありませんよね。友人と会う気が出ない、趣味もする気がないことは片思いの重圧に負け、生きる気力を失っているということです。

片思いに幸せのイメージが湧きますか。あなたの限りある時間を無駄にさせる原因になる片思いは、考え直したほうが良いかもしれません。

実るかわからない片思いだからこそ大事なこと

愛のしるし

あなたは『自分を大事』にしていますか。片思い中は、相手を振り向かせることに躍起になりやすいもの。何かと彼に合わせたり、彼の身の回りのことに全神経を注いだりする人は多いでしょう。

頑張り屋さんは彼が恋愛の軸になっていることが多く、片思いの辛さをもろに受ける可能性が高いです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。