【恋愛心理学】長続きするカップルの特徴とは?

近年のカップルは付き合ってもすぐに別れてしまう場合も多いです。付き合うという行為自体が非常に気軽なものになっている現状もあります。

それ自体は悪いことではありません。たくさんの男性を見るのもいい経験です。ですが、付き合う以上、多少なりとも相手に好意がないと付き合いませんよね。

そして、付き合っていくうちに相手のことをどんどん好きになっていくはずです。もちろん、最初から相手の事が大好きという場合もあります。

学生の時など、まだ若いうちは結婚などを意識しないかもしれません。しかし、最初から別れたいと思って付き合う人はいないですよね。

それでも別れてしまうカップルが多いのはなぜなのでしょう。逆に別れていくカップルが多い中、長続きするカップルはどう違うのでしょうか。

実は、長続きするカップルには明らかに共通するところがあるのです。それはどんなところなのかをこれからご紹介していきます。

ぜひ、参考にしていただきこの先の幸せな未来を創っていってください。

長続きをするカップルが大切にしていること

お互いバランスの良い愛情表現

引き抜かれたジェンガ

男性と女性では、圧倒的に愛情表現に差があるといわれています。どちらかというと、女性のほうが頻繁に愛情表現をする方が多いです。

日本人男性はシャイな方が多いので、どちらかというと愛情表現が苦手な方が多いのが特徴です。しかし、長く続くカップルというのは、男性も適度に愛情表現をしています。

どちらかが愛情表現をし過ぎるのではなく、お互いが努力してバランスのとれた関係が理想のカップルです。女性は好きなどの愛情表現を口に出して言われるのが大好きです。

それには、男性側も努力が必要であり女性側もある程度、我慢が必要です。時が経ってもお互いに愛情表現を忘れないというのは、男女の関係を長続きさせるには必須といえるでしょう。

束縛をし過ぎない

肩を組むカップル

カップルの中には、独占欲から俺(私)のものと言わんばかりに物凄く束縛をする方達がいます。あなたの周りにもいませんか?

男性で言えば、「何時までに帰ってこい」「スカートを穿くな」、女性なら「他の女と喋っちゃダメ」「携帯見せて」など様々です。このような束縛は行き過ぎると必ず破局します。

人間であれば、誰でも独占欲というものを持っています。束縛は自分のそばに置いておかないと不安、監視しておかないと不安という心理からきます。

こういった独占欲というのは自分の自身のなさから生まれています。自分に自信がないから、相手が他人のものになってしまうのではないかと、不安で仕方がないのです。

しかし、長続きするカップルというのはそうではなく、相手のことを強く信頼しています。彼のことを信頼することで、彼もあなたのことを信頼してくれます。

人との関係は異性であれ、信頼関係で成り立っています。まずは、相手の事を信用することです。だからといって、信用しきってなにも努力しないのは問題外ですよ。

お互いをよく理解している

手を触り合うカップル

長続きするカップルはお互いの性格や価値観、行動を物凄く理解しています。言い替えればお互いが『最高の理解者』ということです。

長いこと一緒にいれば、相手のことはほとんど分かってきます。なにをすると機嫌が悪くなるのか、今は落ち込んでいるなとか、だいたいのことは察することができるようになります。

ですので、余計なトラブルを起こさないのです。数々の場面を乗り越えて今があるので、相手のことを誰よりも分かっています。

理解してくれる人と一緒にいるのは変に気を遣わなくてもいいのでとても楽なのです。そのうち、こんなに自分のことを理解してくれる人は他にいないと感じるようになります。

お互いがそのような関係になれば、自然と離れられない存在になるわけです。

最初だけ頑張り過ぎない

絵画を見るカップル

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。