【恋愛心理学】日常会話で使える7つのテクニックとは?

気になる男性と距離を縮めるには、会話が最も大切です。人は会話をしていく中で、相手の印象を決めたり、信頼関係を構築していきます。

中には「私は喋るのが苦手で、緊張してしまうんです」なんて方もいるでしょう。そういった口下手な方でも、ちょっとしたコツやテクニックを使うだけで全く違った会話ができます。

今まで、男性とのうまく会話ができないと悩んでいる方は、会話のテクニックを身につけておくといいです。

では、普段の日常会話で相手と距離を縮めていくにはどういったテクニックを使えばいいのでしょうか?

実は、ビジネスや対人関係で使われる心理テクニックで恋愛にも使えるものが多く存在します。それらをうまく組み合わせることで、驚くほどの効果が生まれます。

これから日常会話で誰でも使える恋愛テクニックをいくつ紹介していくので、ぜひ一度試してみてください。

【恋愛心理学】日常会話で使える7つのテクニックとは?

ダブルバインド

ダブルバインド

ダブルバインドとは、2つの選択肢を与えてそのうち1つを選ばせることで自分の思い通りに誘導することです。

恋愛の場面では、「よかったら今度ご飯でもいきませんか?」というのはあまりよくありません。なぜなら、相手にYESかNOの選択を与えてしまうからです。

もしここでNOと言われたら心が折れてしまいますよね。では、「今度の土曜日か日曜日にご飯でもいきませんか?」、これならどうでしょう。

この場合だと、相手は土曜日か日曜日のどちらかに行こうという選択をしようとします。このように、なるべく相手に前向きな選択肢を与えるように誘導するのです。

また、この聞き方なら選ばされたのではなく、自ら選択したようになります。あくまで相手に主導権を握られておくのもコツです。

ツァイガルニク効果

ツァイガルニク効果

人はすでに完成されたものよりも、未完成なものに意識が向きやすくなります。これは、恋愛においても同じで、あえて話を途中で切るという方法があります。

話を途中で中断することで、相手に対して続きが知りたい、気になると思わせることができます。テレビドラマなんかも毎回いいところで終わりますが、似たような効果です。

恋愛に使う場合は、話の途中で「この話の続きなんだけどさ、また今度ゆっくり話すね」と彼との会話を中断してみてください。彼は話の続きが聞きたくて仕方なくなります。

この方法は、別れ際や電車の降りる駅の少し手前くらいから始めると丁度いいでしょう。うまく未完成の会話を演出して彼の記憶に結びつけていきましょう。

返報性の原理

返報性の原理

返報性の原理という言葉は、どこかで聞いたことがある方も多いでしょう。これは簡単に言うと好意の恩返しです。

Give and Takeという言葉をご存知ですか?まず相手に好意を与えることで後にそれがあなたに返ってくるというものです。

彼との日常会話の中にたくさんの好意というものが隠れています。好意と言っても最初はそれほど大きなものではなく、小さな好意を与えていけばいいのです。

小さな好意とは、彼が返したいと思うような好意です。たとえば、会話中の笑顔とか、彼の愚痴を聞いてあげたりすることで、彼も同じようにあなたに返したいと思うようになります。

たったこれだけのことですが、こういった積み重ねが彼との信頼を築いていきます。日常の会話の中でも十分使うことができるので、試してみてください。

ドア・イン・ザ・フェイス

ドア・イン・ザ・フェイス

ドア・イン・ザ・フェイスはビジネスマンが使うものとして心理学では有名です。ビジネスマン以外にも、夫婦の関係や恋愛テクニックとしても有効に使えます。

これは、一度大きめの要求をして断られたらその後にする小さな要求は意外と引き受けてくれるというものです。

多くの人は一度要求を断った場合、その後ろめたさから、申し訳ないと思い次の要求を断りにくくなります。恋人や気になる彼に使ってみてほしいのです。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。