【恋愛心理学】好きな人に相談すべき7つの内容とは?

好きな人に近づくには、どうすればいいでしょう?なにかしら接点を持って自分からアピールしていかないとなかなか難しいですよね。

なるべく親しい関係になる方法として、色々なことを相談してみるという方法があります。男性も相談に乗っているうちに、頼りにされているという気持ちになります。

では、あなたの好きな人に恋愛相談をするというのはどうでしょうか?

相手にも好きな人がいるかもしれないし、ちょっと気になっているくらいの人がいるかもしれません。

これは一般的にはタブーな領域とも言われています。ただ恋愛相談をしているだけなので、問題はないのですが、相談の仕方を間違えると逆効果になるので注意が必要です。

好きな人に恋愛相談をすることで、異性として意識されたり嫉妬の感情を引き起こすことができます。恋愛相談というのは、ある程度親密な関係の人にしかしません。

そこで、その男性もあなたの女性としての一面を見ることになります。そこからあなたに対する意識の仕方が変わってくるかもしれません。

今回は、好きな人にどんなことを相談すれば、結果として好印象でその後うまくいきやすいのかを紹介していきます。

【恋愛心理学】好きな人に相談すべき7つの内容とは?

特別な相談をする

彼に特別な相談する女性

好きな人と距離を縮めるには、何でも相談して接触頻度を高めるという方法があります。その中でも、特別なことをその男性だけに相談しているように見せるテクニックがあります。

「○○君にしか、こんな相談できないの」「聞いてくれる?」のようにあなたじゃなきゃダメという特別感を演出します。

そうすると、男性は自分は最も信頼されていて頼りになる男なんだと自尊心が満たされます。男性を頼りにしている言い方をすると物凄く好感が上がります。

そして、「こんな話を、真剣に聞いてくれて本当にありがとう」という感謝の言葉を必ずつけるようにしましょう。

そうすることで、気遣いもできる人なんだと、あなたに対する印象がさらに良くなります。

好きな人の得意分野の相談をする

彼の得意な分野の相談をする女性

いくら頼られているとはいっても、どんな相談でも気持ち良く答えられるものではありません。中には、男性には苦手な分野の相談こともあります。

好きな人に相談するなら、あえてその人が得意な分野や好きなことを相談するといいです。まずは、好きな人の得意なことや好きなことを聞くところから始めます。

たとえば、彼が電気に詳しければ、家電の相談をするとか、パソコンに詳しければ、教えてもらうなど色々あります。

とてもおすすめなのが、パソコン関係です。たとえばエクセルが苦手で仕事で困っていると相談すれば、得意な彼なら快く教えてくれるでしょう。

しかも、パソコンを教えてもらってるときは非常に距離が近いです。顔と顔が近いのでお互いにドキドキするかもしれません。

愚痴を言わない

愚痴を言わない女性

女性同士では、愚痴の言い合いもストレス発散になるかもしれませんが、男性に対してはタブーです。男性は女性の愚痴や悪口を良く思っていない人がほとんどです。

男性は思っていても口に出さない人が多いので、悪口を言う気持ちが分からないのです。特に、好きな人が相手ならなおさら悪口や愚痴を言わないほうがいいです。

あなたの印象を自分から下げることに繋がります。また、悪口を言っている人を見ると、「いつか自分のことも悪く言われるんじゃないか」と不安な気持ちになってしまいます。

仲良くなってからなら多少はいいですが、最初のうちは印象を悪くするようなことはできるだけ避けましょう。できるだけポジティブな明るい内容の相談が好まれます。

ネガティブな相談は避ける

NGなネガティブな相談

女性の方は落ち込んだり、嫌なことがあった時に人に相談したくなりますが、好きな男性相手の場合、相談内容を変えましょう。

一緒にいてネガティブな人を好きになることはまずありません。毎日仕事で疲れて帰ってくる中で、ネガティブな話を聞けば余計に疲れて気持ちも沈んでしまいます。

できれば、明るい話を聞きたいと思うでしょう。一緒にいて暗くなる人より、前向きな気持ちになれる人の方が一緒にいたいと思うのは当然です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。