【恋愛心理学】見つめることで恋愛に発展させる7つの方法とは?

目を合わせるという視線によるアイコンタクトは恋愛関係には欠かせません。相手との信頼関係や好感度を上げるためにも、物凄く重要な行為です。

目は口ほどにものを言うという言葉があるように、目は嘘をつけません。相手が嘘をついているかどうかは目を見れば分かります。

世の中には口がうまい方はたくさんいます。そういう方でも、気持ちが入っていなければ、目を合わそうとしないのです。

目線をうまくつかうことで、相手をコントロールすることだってできます。少なくとも、あなたが片思いなら目線で相手にそれを気付かせることができます。

男性は普段女性にまじまじと見つめられる経験というのがないので、視線を感じたら嬉しくなってしまいます。それだけで、運命を感じるとこだってあるかもしれません。

しかし、ただ見つめるだけではなく、タイミングややり方も重要です。間違った視線の送り方をしてしまうと危険ですので、ここで学んでいってください。

【恋愛心理学】見つめることで意中の彼に恋愛を意識させる7つの方法とは?

目を合わす回数を増やす

目が合う回数

気が付くとなんかこの人とよく目が合うなという人っていませんか?目を合わす行為は自然に起きているわけではありません。

必ず何らかの意識をして気になっている証なのです。目を合わすのはとても良いことで、仲のいいカップルは目を合わす回数が多いと言われています。

これは、心理学の単純接触効果と同じようなもので、何度も目が合うと勝手に親近感を覚えたり信頼感が増すのです。

ですので、知らない人にいきなり話しかけられるよりもよく目が合う人に話しかけられた方が、怖くないですよね。

意中の彼がいるなら、なるべく彼がいる場所では視線を送るようにして目を合わす回数を増やすといいです。回数を重ねることで、彼もあなたのことが気になる可能性があります。

目を逸らすタイミングに注意

彼と目を逸らすタイミング

相手の目を見るということは、相手に注目して行動や体の動きを興味を持って見ています。そして、彼のほうをずっと見つめていると、彼もその視線に気付きます。

最初は気のせいかなと思っていても、しばらく視線を送れば鈍感な人でも視線を感じるようになります。すると、彼も同じ王にあなたの方を見返してきます。

ここで、じっと見つめすぎてはいけません。彼は、ずっとジロジロと見つめられると気持ち悪い女性だと勘違いしてしまうかもしれません。

逆にすぐに目を逸らすのもよくありません。嫌われているのかと勘違いをし、話しかけにくい雰囲気を作ってしまいます。

良いタイミングは、目が合って3秒後に目線を逸らすというやり方です。この方法を使うと、男性の追いかけたいというハンターの心をうまく刺激し、あなたに興味を惹かせることができます。

上目遣いでアピール

上目遣いで彼にアピール

男性で女性からの上目遣いが好きという方は非常に多いです。女性から上目遣いをされると、自尊心が刺激され自分が上に立った感覚になるのが理由です。

上目遣いというのはけっして男性が満足するだけのものではありません。上目遣いは、女性を可愛らしく見せる効果があります。

上を見ることでより目を大きく開けることができるので、パッチリした目になり、女性らしさがグンとアップします。

思わず頭をポンポンしたくなる男性も多いでしょう。普段あまり、女子らしく見られない方がやると、そのギャップでより効果が上がるのでおすすめです。

また、男性になにかお願い事をするときにもおすすめの方法です。上目遣いでお願いすれば、普段よりもOKしてくれる可能性が上がるでしょう。

斜めから目線を送る

斜めからの視線

相手に目線を送るというと真正面からをイメージしがちですが、なかなか正面にいく場面がないということもあります。そんなときにおすすめなのが斜めからのチラ見です。

たとえば、学校や職場で斜め先にいる男性にチラッと目線をおくる方法です。男性が目線に気が付けばあなたを意識してくれるようになるかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。