恋愛心理学から学ぶ両想いになる7つのテクニックとは?

あなたは今誰かに恋をしていますか?もし恋をしているとしたらその恋は両想いの恋ですか?誰でも最初は片想いから恋がスタートします。

どんな素敵なカップルでも最初から両想いということはありません。必ず男か女のどちらかが片想いをしてスタートします。

でも、片想いの恋って辛いですよね。「片想いなんか嫌だ、あの人と両想いになりたい」こう思うのは当然のことです。

せっかく恋をしているなら片想いではなく両想いにしたいです。では、できるだけ失敗を避けて好きな男性と両想いになるにはどうすればいいのでしょうか。

彼のことが好きすぎて、毎日が辛い、早く片想いを脱出したい、そんな悩める女性のために片想い脱出のテクニックを紹介します。

このテクニックを使うことで、好きな男性と両想いになり、恋人同士になる可能性が高くなりますよ。

恋愛心理学から学ぶ両想いになる7つのテクニックとは?

好きということは伝えない

好きな気持ちを隠す女性

片想いの男性に自分の気持ちを早々に伝えようとする女性がいますが、全くおすすめできません。女性と男性では恋愛に関する感受性が違います。

女性は、好きでもない男性から告白されて付き合うことがあります。それもそのはずで、ほとんどの場合男性から告白するので、女性側がまだ好きではないということはよくあります。

そして、付き合っていく中でポイント制のように、「この人いいかも」と思うようになり、だんだんと好きになっていきます。

一方男性は、初めから「好き」でないと恋愛に発展しません。ですので、好きでもない相手から告白されたりしたら、気持ちが引いてしまうのです。

片想いの場合はあなたが好きということを伝えるのではなく、彼にあなたのことを好きになってもらうことが重要です。好きまでいかなくても好意を持ってもらうことです。

ゆっくり時間をかける

時間をかける片思いの恋愛

片想いの恋愛は焦ってはダメです。相手の男性が現状どんな状態なのかも定かではありません。好きな人がいる可能性もあります。

まずは、少しずつ彼に近づく努力をし、あなたの存在をアピールしていきましょう。その中で、男性の情報を集めていくのです。

情報がなければ何も動けません。下手に動いてタイミングを間違えると逆効果になることもあります。もし恋人がいるなら恋人との関係性を探るべきです。

そこで、彼の友人や知り合いから固めていくのもいいでしょう。まずは友人と友達になって彼の情報を聞いていくのです。片想いはとにかく焦らずに地道に行くことが近道です。

遠回りなようでも、準備をしっかりして挑むことで結果的に両想いへの1番の近道になります。

外見を磨く

外見を磨く女性

人は相手の印象を外見で判断します。外見からその人のおおよその性格などを無意識に分析しています。特に異性を選ぶときは外見が重要です。

女性に比べ、男性の方が外見の重要度を高く見ています。綺麗な女性や可愛いと言われる女性がモテるのも分かりますよね。

しかし、綺麗や可愛いよりも最も重要なことがあります。それは、清潔感です。身だしなみとも言えることですが清潔感がない人は男性から嫌われます。

オシャレになれということではなく、爪や体臭、口臭などの手入れが重要です。こういった部分は目に見えないようで男性は物凄く気にしています。

近寄ったときに、良い匂いのする女性はそれだけで好感度が上がります。ですので、好きな男性に近づきたければ、清潔感が出るように細かいところに気を配ってください。

共通点を見つけること

2人の共通点

片想いの彼と近づきたければ、彼との共通点を見つけると早いです。共通の話題があると簡単に仲良くなれるし、話も弾みます。

男性との共通点というと難しく思いがちですが、本当に些細な共通点でいいのです。たとえば、好きなテレビ番組とか、芸能人、食べ物、学生なら同じ授業とか、何でもいいのです。

とにかく自分と被っているところが1つでもあれば、すかさずチェックしてください。できれば、共通点を3つ以上見つけられるとベストです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。