【恋愛心理学】メールで好きにさせる7つの方法とは?

あなたは、意中の男性ができたときどんな行動をとりますか?コミュニケーションが得意な人、ボディタッチが得意な人、様々なタイプの女性がいます。

その中でも、注目してほしいのがメールやLINEでのやりとりです。現代では日常のコミュニケーションはほとんどがメールやLINEでの会話です。

相手の男性に自分のことを好きになってもらうためには、コミュニケーションは物凄く重要です。しかし、通常の会話はお互いに会わなければ行うことができません。

そこで、会っていない普段の会話がキーになるのです。メールの特徴と言えば、文章です。文章というのは喋るのと違っていくつか特徴があります。

相手の顔が見えない分、気軽に送ることができますが、一歩間違えると相手に勘違いをさせてしまうなんてこともあります。

メールの文章の特徴として、声のトーンや顔の表情が見えない分、同じ文章でも人によってとらえ方が変わってくるのです。

その辺に気を付けたうえで、意中の男性とうまくコミュニケーションをとっていく必要があります。文章うまくつかって相手の心を掴んでいってください。

もちろん、ただやみくもに思いついたことをそのまま送ればいいってわけじゃありません。そこで、以下よりメールで男性を好きにさせるためのテクニックを紹介していきます。

【恋愛心理学】メールで好きにさせる7つの方法とは?

相手に共感をする

メールで相手に共感する女性

人は誰でも自分の話に興味を持ってくれる人に対して、自然と信頼感を抱きます。男性も同じで自分の話に食いついてくれる女性に対して好意を抱くのです。

男性の中には、非常にマニアックな話に火が付くと止まらなくなる人も稀にいます。そんなときは、正直早く話題を変えたいと思ってしまうのが本音でしょう。

しかし、好きな男性が相手であればそうも言ってられません。できるだけ、相手の話に食いついて掘り下げる努力をしていきましょう。

趣味の話などで、たとえ自分の興味がないことでも、絶対に否定的な発言や持論を語るべきではありません。話題を変えるのはもってのほかです。

男性は趣味の話をしているときが1番生き生きとしているので、そこに共感してくれる女性には凄く好感度が上がります。

ですから、彼のことをもっと知れるチャンスだと思って、興味の薄い事でも積極的に共感していきましょう。

気が利く文章を送る

愛のある文章を送る女性

男性は、この人は気が利く女性かどうかを常に見ています。メールの中でもそのようなポイントはいくつかあります。

男性が仕事終わりくらいの時間を見計らって「お仕事お疲れ様」と送ったりするだけでもかなりの好印象です。

また、男性が体調の悪い時に、「大丈夫?」と言ってあげたり、飲みに行くときに「楽しんできてね」というだけでも十分です。

男性には、その時々にかけてほしい言葉があります。そこにあなたのメッセージがうまく当てはまると好意を持ちやすくなります。

多少面倒くさいと思うようなことでも、そのたった一言があるかないかで相手の捉える印象というのはガラッと変わってきます。けっして侮ってはいけません。

気が利く女性というのはいつの時代も男性からモテるのです。

追いかけすぎない

彼を無理に追いかける女性

相手の事を好きになってしまうと、返信が少し遅いだけで心配になってしまいソワソワすることもあるでしょう。相手の事が好きな時こそ冷静になってほしいのです。

男性というのは、基本的には自分が追いかけていたいという気持ちを強く持っています。逆に追いかけられすぎると逃げたくなってしまうのです。

ですので、決して自分からメールを送り過ぎないようにしましょう。メールをしているとどちらかが寝てしまい昨日の続きからメールを再開することがよくあります。

そんなときは、男性側からメールが途絶えているなら、あなたから「おはよう」のメールは送っていけません。送りたい気持ちを抑え、男性からのメールを待ちましょう。

男性が自分から送りたくなるようにするのが理想ですので、あなたから連続でメールを送るようなことは避けてください。

手が届きそうで届かないくらいの距離感が1番男性の心を惹きつけるのに効果があります。この距離感を大事にし、男性に追いかけてもらえるような女性を目指しましょう。

長すぎず短すぎない文章にする

文面の長さに気を遣う女性

文章が長すぎると、相手も読むのが大変になってしまい、返すのが面倒になってしまいます。また、1つの文章にいくつもの話題を入れ込むのは危険です。

話題を考えるというのは、相手にとっても負担となる可能性があるので、1つの文章の中に2つ程度が無難でしょう。

また、短すぎる文章も冷たい印象を与えてしまうのでよくありません。あなたはそのつもりがなくても、相手には興味がないように伝わってしまうかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。