【恋愛心理学】復縁をせまる7つの方法とは?

大好きだった彼と別れてしまったけれど、冷静になってみてやっぱり彼の大切さを感じることってありますよね。

彼とできれば復縁をしたいけれど、実際どうしたらうまくいくのか分からないことも多いはずです。復縁をせまる際にいくつか注意してほしいポイントがあります。

復縁を望むなら、必ず相手の事も考えてあげないといけません。別れたばかりの頃は、お互い感情的になっていることが多いので特に冷静になる必要があります。

どんな理由で別れたのかにもよりますが、例えばケンカして別れたとしましょう。あなたはすでに冷静でも、彼はいまだ熱が冷めていないかもしれません。

彼の熱が冷めていないときに、あなたが一方的に復縁を迫ってしまっては逆効果になってしまいます。

まずは、お互いが冷静になるのを待ちましょう。嫌な思い出も時間が解決してくれるので、その時を待って行動するようにしてください。

では、復縁をせまるうえでの大前提を理解したうえで実際に効果的に復縁を持ちかけていく方法をご紹介します。

【恋愛心理学】復縁をせまる7つの方法とは?

復縁をせまるまでの期間が重要

復縁までの冷却期間

彼にもよりますが、別れた後に一定の期間を空けることが重要なことは理解していただけたはずです。この期間というのは一切の連絡を取らない期間のことです。

実際にどのくらいの期間を空けるのがいいのでしょうか?これは、人にもよるので正解というのはないのですが、約1週間~3ヶ月は空けるべきでしょう。

別れた理由が一時の感情的なものであれば短い期間でいいですが、理由が深刻であればあるほど長い期間が必要になります。

この期間をきちんと取ることで、彼も自分を見つめ直すことができ、あなたの大切さに気付きやすくなるのです。

別れた後は、寂しくて連絡してしまいたくなることもありますが、その気持ちをグッとこらえて少し待ってみてください。

未練がましくしないこと

吹っ切れている女性

復縁をせまろうとする女性によくありがちなのが、急に優しくなったり気が利く女をアピールしてしまうことです。

どうしても自分のことを良く見せようとしてしまい、結果的に自己満足の行動になってしまいがちです。しかし、本当に相手はそんなことを望んでいるでしょうか?

仮に彼が振った側だとしたら、元カノに対してはかなりの警戒心を抱いているはずです。別れた相手に急に優しくされても戸惑ってしまうだけでしょう。

あなたの未練が表にむき出しになっていては、彼も「どうせ復縁をせまられるんだろうな」といった心境になっていまいます。何事も急いではいけません。

まず大事なことは、相手の警戒心をといてあなたの未練を感じさせないことです。あなたと連絡を取ることで復縁を匂わせないことが肝心です。

連絡手段はメールがベスト

元彼へのメールでの連絡

お互いの冷却期間を置いた後は、やはり連絡を取れる状態にしておく必要があります。復縁をしたいのに、音信不通ではどうしようもありません。

いきなりの電話は非常に危険です。元カノからいきなり電話がかかってきたら、まず出るか出ないかの選択肢に悩みます。

そこで一度、出ないを選択してしまったらその後連絡を取るのが気まずくなって音信不通につながる可能性があります。

また、あなたも電話に出てくれなかったら余計なショックを受けることになります。瞬時に選択をせまられる電話は最初のうちは避けたほうが無難でしょう。

メールなら、「久しぶり、元気してる?」程度の軽い文章で送ることもできます。彼にとっても負荷がなく、考える余裕ができるのでメールの方がメリットは大きいといえます。

彼を干渉するメールはNG

あっさりしたメールでの連絡

男性というのは人から干渉されるのを最も嫌います。自分のペースや時間というのを崩されるのが嫌いなのです。

よくやりがちなミスが、別れたのに彼女面してしまうことです。彼女でもない人からあれこれ干渉されたら、誰だって嫌な気分になりますよね。

今までの感覚で話したくなるのは分かりますが、あくまで、今は彼の恋人ではないということを忘れないようにしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。