片思いの告白の仕方とは?

好きな人に告白をしたことはありますか?または、告白をされたことはありますか?告白をした側もされた側も、記憶にいつまでもしっかりと残るものですよね。

なるべく告白を成功させたいし、何より告白自体を失敗させたくない!自分の思いをちゃんと相手に伝えたいところです。

いざ告白をすると決めても、「何て言おうかな…」と悩むところですね。しかしそれ以前に問題があるのです。「どうやって告白をするのか?」ということです。

今や直接会って伝えるだけが告白じゃない。自分の性格やお互いの環境によって、直接伝えることが難しい時は他にも方法がありますよ。

今回は、片思いの告白の仕方についてご紹介しましょう。

片思いの告白の仕方とは?

スマホでメールを打つ女性

告白の仕方には、様々な方法があります。昔は直接交際を申し込んだり手紙を渡すことが主流でした。現在は携帯電話があるので、メールやLINEでの告白手段も増えたのです。

直接会って告白をするのは、一番相手に思いが伝わる!でもやっぱり緊張するし恥ずかしいし、その場でフラれてしまったら気まずい。

手紙なら書いて送るだけ!でも字が汚いから自信がない。電話は直接ほど緊張しない!でもいまいち相手の表情が分からない…。

メールやLINEだったら気軽に送ることができる!でも軽く受け止められたり、周りに晒される危険性があるかも!?

告白の仕方にはメリット・デメリットがちゃんとあるのです。しっかり把握して、自分に合った告白方法を選ぶことが大事ですよ。

LINEやメールで告白するときはシンプルに伝える

「アイラブユー」と書かれた紙

本人を目の前にしての告白は、緊張して気持ちを上手く伝えられないことがありますよね。もしくは遠距離・お互いの都合が合わないなどで、直接会って告白できない場合もあるでしょう。

今の時代で便利なのがLINEやメールを使えることです。時間をかけて文章を作ることができるし、送信してしまえばあとは返事を待つのみです。

内容はあくまでシンプルにまとめましょう。長文でひたすら文章が続くのは、読むのが疲れるし何だか怖いです。好きな気持ち・交際の申し込みを5行以内に収めるように心がけて。

告白内容はストレートに伝える

ピンクの花を持った女性

文章で難しいところは、受け取った側が相手の気持ちを読み取りにくいところです。感情が分からないので、同じ文章でも読み方ひとつで感じ方が変わってしまいます。

相手に分かりにくい表現を用いるのはやめましょう。例えば「ずっと一緒にいれたらいいな」という文章に対してどう思いますか?

告白としてとることもできれば、ただその時の気持ちを言っただけのようにもとれます。自分は告白のつもりでも相手には返事を必要とする言葉だと受け取ってもらえないかも。

「好きです」と伝えるだけでもダメ。 「付き合ってください」まで伝えましょう。「好きです」だけでは、相手はどう返事をしたらいいのか分かりませんよね。

「好きだから付き合ってほしい」ということをきちんと文章にしなければいけませんよ。シンプルかつストレートな表現が大事なのです。

LINEやメールは履歴に残ることを忘れずに

美しい女性

LINEやメールは一見、手軽に思えますがデメリットもあります。画面上に履歴として残ってしまうのです。スクリーンショットをして保存することができる時代です。

形として残ってしまうがゆえに起こってしまうこと、第三者に見られたりSNS上で晒されたりするケースです。自分の真剣な告白を晒すなんて、そんな酷いことはないと願いたいですね。

しかし残念ながら、軽い気持ちで他の人に晒してしまう人もいるのです。後に拡散してしまうことまで想定しておらず…となった時にはもう手遅れなんてことも。

今や本当に秘密の話はLINEやメールで会話せず、直接会って話すという人達も少なくありません。それほど警戒しておかなければならないということです。

電話での告白は事前に話す流れを準備

何を話すか悩む女性

電話で告白する場合は、事前準備が必要です。LINEやメールと違って相手とリアルタイムにつながっているため、なるべく沈黙は避けたいところですよね。

しかも告白となると、せっかく考えたセリフも頭が真っ白になって飛んでしまいそうです。そこで、話の流れや告白のセリフを書き留めたメモを片手に用意して電話をかけましょう。

もし言葉に詰まってもメモを見ながら話を進めることができるし、告白のセリフが飛ぶこともありません。ただし読み上げることに必死になって棒読みにならないよう注意!

台本全て作り上げるというよりは、大事な要点を書いておくぐらいが良いでしょう。

電話は緊張感が伝わり、相手の反応も見れる

寝転がりながら電話で話す女性

電話はLINEやメールでの告白よりも頑張りが大きい分、相手への気持ちも伝わることでしょう。あなたの声・話し方などで緊張具合を感じるので、真剣さが分かります。

顔が見えない状況ではあるものの、なんとなく声色で相手の反応も分かりますよね。良い感じのものなのか、そうではない感じなのかは相手次第です。

返事がちゃんとくるのか不安なLINEやメールよりは、相手からの返事が確実にもらえます。電話の良いところですね。

すぐに返事がもらえない可能性もある

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。