片思いで放置する効果と期間の目安とは?

片思いをしているとき、恋を実らせるために色々なアピールをするでしょう。しかしアピールをするほどに、好きな人の気持ちが離れてしまうこともあります。

恋愛に大切なのは、駆け引きです。『押してダメなら引いてみろ』という言葉があるように、片思いのときこそ放置してみましょう。

放置したら音信不通になるのでは?
どれくらい放置するのが効果的?

片思いだからこそ、放置することに戸惑いがある人も多いはずです。また放置の方法や期間も曖昧ですよね。

そこで今回は、片思いで放置する効果と期間の目安を紹介します。なかなか片思いが成就せずに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

片思いで放置する効果と期間の目安とは?

片思いで放置することとは?

彼を放置する女性

片思いで放置するとは、具体的にどうしたら良いのか難しいですよね。そもそも一方的に好きなのですから、放置をしたらそこで関係が絶たれてしまうような気もするでしょう。

放置とは、駆け引きの一つです。自分の片思いの気持ちを知ってもらったうえで、引いてみるという作戦です。

今まで興味がある素振りを見せてアピールしていたのを、パタリとやめる方法です。片思いの人に『あれ?』と思わせましょう。

たちえば、

  • 会っても挨拶以上の会話はしない
  • 自分から連絡を入れない
  • SNSにも無反応

とうことです。

なんでもない異性の1人として、放っておくことです。これは、あなたの気持ちをそれとなく知ってもらったうえで実行するのが効果的です。

片思いで放置する効果

寂しさから自分の気持ちに気づく

寂しい気持ち

今まで自分に好意があった人から放置されるのは、寂しいですよね。この寂しいという気持ちは、少しでも気になっている証拠です。

なぜか心にぽっかりと穴が空いてしまったような感覚になるのです。そして自覚していなかった気持ちに気がつくのです。

『この寂しさは…もしかして好きなのかも!?』

放置することで、好きと自覚するきっかけを与えるのです。寂しいから、会いたい。そう思ってもらうことが最大の効果であるといえるでしょう。

安心していた気持ちに焦りが生じる

焦る男性

自分のことを好きな人がいるというのは、自信や心の支えになります。同時に安心や余裕の気持ちも生まれるでしょう。

どこかで『ずっと自分のことが好きだ』と過信してしまうのです。しかし放置をすることで、勘違いであったことに気がつきます。そして焦る気持ちが生じるのです。

もしかして、もう好きではない?
自分だけを好きでいてくれるわけではない?

当たり前ですが、人の気持ちは変わります。その事実に気づくと、急に気持ちを取り戻さなくてはいけない使命感が出てくるのでしょう。それが放置したことによる心理効果なのです。

好きだったはずなのに…という悔しさが出てくる

悔しさを抱く男性

恋愛は戦いではないので、勝ち負けはありません。でもどこかで惚れた方が負けだなんていう思いがありますよね。

惚れた弱みというのは大きいものです。好きになると、負けでも良いから近くにいたいと願うのです。それに対して、思われている方は優越感に浸ることもあるでしょう。

好かれている自分の方が、上にいるような気がします。片思いしてくれる人を、どこか下に見てしまうのです。

しかし放置されると、この関係が崩れます。上にいた自分が急に見下されたような気がして悔しいのです。放置されていることにイライラが止まりません。

『イライラさせたらダメなのでは?』と思いますよね。しかしこのイライラは、決して憎い感情ではありません。気になるからこそ、自分が負けそうだと感じているせいなのです。

放置されて、気になり始めて、今度は自分が負けてしまう。そんなもどかしい気持ちに気づいてしまったのです。イライラすることこそ、恋愛の始まりを気づかせる要因になるでしょう。

心変わりしたのではないかと不安になる

不安になる男性

今まで好きだと感じていた人に、急に放置されると理由が知りたくなります。なぜ急に放置をされてしまったのかと考えるでしょう。

そしてたどり着くのが『ほかに好きな人ができたのでは?』という結論です。自分が曖昧な態度をとっていたせいで、心変わりをしてしまったのではないかと不安になります。

片思いの人も、自分の気持ちに応えが出ていないこともあるでしょう。

  • 好きなのか
  • 付き合ってもいいのか
  • 友達のままでいるべきか

自分自身の気持ちですが、わからないこともあります。すべて、きっかけやタイミングで気持ちが動いたり、気づいたりするものですからね。

それが放置されることにより、気づけるのです。そして気持ちに応えなかった自分を責め、好きな人からアプローチしてくれるようになるでしょう。

当たり前だった存在の大きさに気がつく

好きな女性の存在の大きさに気がつく男性

片思いをしているあなたは、その人に一生懸命に気持ちを伝えていたでしょう。一番の味方であり、理解者になろうとしていたはずです。

きっと片思いの人にとって、あなたは隣にいて当たり前の存在になっていたのかもしれません。空気のような自然で必要な存在です。

だからこそ存在の大きさに気づくことができなかったのです。隣にいて支えてくれることが、ずっと続くと思っていたのでしょう。

放置をされて、そこで存在の大きさに気がつくのです。いなくなって初めて感じる有難みですね。これこそ放置することの効果といえるでしょう。

放置プレイされることによる快楽

快楽を感じる男性

片思いでも放置をすることによって、放置されている方は精神的に苦痛となります。情緒不安定になったり、辛くなることもあるでしょう。

これでは片思いの人に危害を与えているように感じますよね。しかしこの苦痛こそが、快楽だと感じる人もいるのです。

つまりは、精神的なSMプレイのようなものです。冷たくされて、無視されることで、精神的に追い詰められます。これが快感であるのです。

あなたが放置したことで、片思いの人のMの部分が呼び覚まされるかもしれません。そして快楽を感じ、あなたを求めてくるのです。

追われることから追うほうに逆転する

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。