海外と日本の遠距離恋愛を成功させるには?

「留学することになった」

「海外赴任することになった」

言語や距離の壁を越えて、海外へ飛び出すこと。それは、とても素敵な人生の始まりを意味しています。お祝いすべき、おめでたいことです。

しかし、恋愛中のカップルにとっては喜んでばかりもいられない状況です。遠く離れ離れになってしまう不安を感じていることでしょう。

行き先の国によっては、時差で昼夜が噛み合わず電話で声を聞くことすら難しくなってしまうこともあります。

「おやすみ」のメールを、太陽が昇っている時間帯に受け取るようなシチュエーションもあり得るでしょう。

会いに行くにしても、お互いの休みを調整して、飛行機を予約して、数日かけて会いに行くことになります。その時間のほとんどが移動時間に消費されてしまうこともあるでしょう。

もちろん、海を越えて移動するためにはお金がかかります。日本と海外の遠距離恋愛では、時差や移動のための費用など、国内の遠距離恋愛よりも障害が多いものです。

そんな地球規模の遠距離恋愛をすることになってしまう…そんなあなたにぜひやってほしいことが、幾つかあります。

海外と日本で遠距離恋愛をするあなたにやってほしいこと

カップルのシルエット

ビデオ通話の連絡手段を整える

日本と海外で連絡を取り合う場合には、電話よりもインターネット電話がおすすめです。国際電話では電話料金がかかってしまいますが、インターネット電話はもちろん無料です。

ビデオ通話ができるアプリをスマホやコンピュータにインストールして環境を整えておきましょう。LINE、Skype、Facebookメッセンジャー、カカオトークなどが代表的ですね。

顔を見て話すことのできるビデオ通話は日本と海外の遠距離恋愛カップルの心強い味方となってくれることでしょう。

海外生活者の異文化ストレスを理解する

海外での生活というと、それだけで順風満帆で楽しそうなイメージがあることでしょう。しかし、実際は言葉や文化の違いからストレスを感じることも多いです。

海外生活を経験したことのない人々が、その気持ちを理解することは簡単ではないでしょう。海外生活者の精神的な変化に段階があることを、あらかじめ理解しておきましょう。

  • ハネムーン期
  • 現地に到着して、まず体験するのがハネムーン期です。この時期は、見るもの全てが新鮮で楽しくワクワクした気持ちで満たされている時期です。

  • カルチャーショック期
  • 海外での生活には、自分の常識が通用しないことや現地人とのコミュニケーションに障害を感じるものです。そして、日常生活の中の細々としたことに不便を感じます。

    日本では当たり前にできたことが思うようにできないことや、子供のように扱われたりすることにショックを受けるものです。場所によっては人種差別を受けることもあるでしょう。

    自宅に引きこもりがちになってしまったり、食欲がなくなってしまったりすることがあります。愚痴っぽくなることが特徴です。愚痴を言い始めたら、広い心で聞いてあげましょう。

    カルチャーショック期に日本で楽しそうに過ごす写真などを見てしまうと、寂しい気持ちになることがあります。ホームシックを誘発させないために、配慮が必要な時期です。

  • カルチャー調整期
  • 時間の経過と共に現地での生活に慣れていく時期のことをカルチャー調整期といいます。異文化を吸収し乗り越える時期です。嫌いな部分についても妥協して受け入れることができるようになります。

  • 適応期
  • 第二の故郷のような感覚を持つことができる時期を適応期といいます。ここまで適応するためには、長い時間と本人の努力が必要になります。

    ただ日々を過ごすだけでは、ここまでたどり着くことは難しいものです。適応期を迎えた時、人間的にもかなりの成長を遂げていることでしょう。

    離れる前に二人でプレゼント交換をする

    クマのキーホルダー

    離れ離れになる前に、二人でプレゼントを交換しあうことをおすすめします。できれば、見るたびに相手を思い出すことができるような、身に付けることができるアイテムが良いでしょう。

    思い切って、ペアリングを買ってみませんか?常に相手を身近に感じることができるし、左手の薬指につけることで、異性からのアプローチをブロックする効果もあります。

    ペアリングの浮気抑制効果は、絶大ですよ!

    ペアリングに抵抗があるなら、お揃いのペアグッズはいかがですか?遠距離恋愛なら、ペアグッズでも抵抗なく使えますよね。

    時差を考えて連絡の時間を決めておく

    世界の時計

    日本と海外の遠距離恋愛で、二人のコミュニケーションを大きく阻むもの。それは「時差」です。

    行く先の地域にもよりますが、連絡を取り合う際の障害となってしまうことが多いものです。休みの日や余裕のある時間帯を調整して、連絡するタイミングを決めておくと良いでしょう。

    その習慣が定着すると、精神的にも安定していくものです。回線を繋ぎっぱなしにして過ごすだけでも、近くにいるような感覚を体験することができますね。

    とはいえ、相手が疲れている時などは柔軟に対応していく気遣いも大切です。

    二人でその国の観光スポット・行きたい場所を調べる

    英語の地図

    行き先の国について、情報を集めましょう。インターネットの検索サイトで「国名+観光」で検索すれば、だいたいの情報は集めることができるでしょう。

    ガイドブックを購入してみるのも良いですね。

    共通の情報があれば、観光地や食べ物の話題で盛り上がることができます。現地で再会する日を想像しながら、楽しみを少しずつ増やして、旅の計画をしていきましょう。

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。