遠距離恋愛のプロポーズはあり?

遠距離恋愛って大変そうだと思っていませんか?プロポーズするのはありなのか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

遠距離恋愛は、なかなか会えなくて寂しいのではないか、と思われがちです。しかし、会えない分、会えた時の嬉しさは、近距離恋愛の何倍も大きいです。

プロポーズが成功した時の嬉しさを考えたら、遠距離も乗り越えられる気持ちになりますよね。遠距離恋愛でも、プロポーズに成功し、結婚して幸せな家庭を築いているカップルはたくさんいます。

たとえ遠距離恋愛が決まったからといって、あまり悲観的に考えないようにしましょう。ここでは、遠距離恋愛のプロポーズのメリット・デメリットについてご紹介します。

遠距離恋愛のプロポーズのメリット

遠距離恋愛のプロポーズの言葉

遠距離恋愛では、近距離よりも、お互いの存在の大切さに気づきやすいというメリットがあります。例えば、体調不良で寝込んだ時、思いやりが伝われば、より相手の事を大切に思えます。

精神的な支えが欲しくなるので、大きなトラブルがあった時こそ、2人の関係は大きく前進する事が多いです。相手がひとり暮らしであれば、余計に美味しい手料理に憧れを持つでしょう。

距離があるからこそ、「一緒に住んだら楽しいだろうな」と将来の事を明るく考えられます。また、会社員の場合、入籍すると会社に書類を提出しなければいけません。

「とりあえず入籍だけ」というパターンは少なく、同居もセットで報告する事が多いです。遠距離恋愛では、一気に物事が進むというメリットがあります。

彼の心が離れる前に決められる

結婚を受け入れる男性

恋愛において、一番気持ちが盛り上がるのは3か月から半年と言われています。遠距離恋愛では、なかなか会えない分、半年以降のモチベーションを保つのが大変です。

プロポーズをする事で、彼の心が離れる前に結婚を決められるのです。早ければ、半年から1年以内に結婚が決まる事が多いです。

遠距離恋愛では、近距離恋愛と比べて、会える時間が短く貴重になります。1回1回会うごと自体が特別に感じられます。簡単に会う事ができない分、より深い話ができ、強い絆が生まれていきます。

「離れたくない」という気持ちになりやすいので、早期結婚も考えやすくなります。物理的に、一緒に暮らす事などが考えにくくても、とにかくプロポーズさえしておけば、モチベーションを保てます。

遠距離の方がプロポーズしやすいことがある

プロポーズの指輪

プロポーズで大切なのは、「サプライズ」です。遠距離恋愛でプロポーズする事自体がサプライズになるので、嬉しさ倍増です。

遠距離恋愛ならではのプロポーズの方法として、「電話」「スカイプ」「手紙」などがあります。いつも連絡を取り合っていたツールでプロポーズすると、2人にとって思い出に残ります。

結婚後も、電話をするたびに、プロポーズの事を思い出せます。また、「一緒に遠距離恋愛を乗り越えていこう」という前向きな気持ちになれるので、プロポーズをしやすい事があります。

仕事の昇進が決まったり、目標額の貯金が貯まった時などのタイミングがおすすめです。プロポーズをする事で、結婚というゴールに向かって、目標を立てやすいです。

遠距離の方が愛が深まっていることがある

愛の深まった証

遠距離恋愛では、「相手を信じる事ができるかどうか」、「相手から信用されるかどうか」はとても重要です。恋愛においても、お互いを信用できるかどうかは、今後の生活にも関わってきます。

今はすぐに連絡できる、SNSが発達しているので、心の距離を縮める事ができます。音信不通にならず、こまめな連絡がある状態が半年以上続けば、一気に結婚までいく可能性が高いです。

また、遠距離恋愛では自分のためにたくさん時間を使うことができます。趣味の幅を広げる事もできますし、スキルアップの為の勉強時間にもなります。

人生を豊かにでき、彼に惚れ直してもらうきっかけにもなりますし、2人の将来の為に役立ちます。家族と離れて暮らす事が考えらえる場合、今のうちにたくさん親孝行をしておくのも良いでしょう。

遠距離恋愛のプロポーズのデメリット

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。