遠距離恋愛で倦怠期に考えたいことは?

遠距離恋愛は続かせるためには何かとパワーが必要なものです。会いにいくにしてもお金と時間がかかります。また、会えない寂しさに耐える忍耐力も必要です。

友達カップルがいちゃいちゃしているのを横目に、我慢しなくてはいけない辛抱強さ…。異性からのあらゆる誘惑を断ち切るための芯の強さも必要です。

しかし、一途に思い続けていても不意に訪れるのが魔の倦怠期。遠距離恋愛の場合、会いたくても会えないモヤモヤ感が、倦怠期を余計に助長させてしまうこともあるでしょう。

本当だったら、会って話して、倦怠期なんて吹っ飛ばしてやりたいものですが、遠距離恋愛だとそういうわけにもいきません。

遠距離恋愛中の倦怠期に考えたいことを徹底的にまとめてみました。そもそも倦怠期とは?という核心的なところにも触れて紹介していきます。

倦怠期中の方もそうでない方も、遠距離恋愛中の方もそうでない方も倦怠期の乗り越え方をしっかり身につけましょう。

遠距離恋愛の倦怠期に考えたいこと

「倦怠期」を意識してしまうのは深く愛していたから

キスするカップル

そもそも倦怠期とはドキドキ感が薄れてきて、慣れてくることにより、刺激がないように感じる時期を示します。

言葉からもわかるように、倦怠期中は、以前と比較して相手に対してときめいていない状態です。一方で、以前はとても相手にときめいていた、ということになります。

確かに今は、以前と比較して相手に対しての愛が薄れている時期なのでしょう。しかし、あなたが深い愛を感じたことのある、特別な相手には変わりないのです。

今、多少相手に対して愛が薄れているタイミングがきているとしても、事実には変わりありません。

つまり、「倦怠期」を意識してしまうのは、あなたが相手を深く愛していたからということになります。そう考えると、倦怠期も少し愛おしい勲章のように思えてきますね。

「倦怠期」は愛がないから起こるのではないこと

隠せない疲労

また、絶対に勘違いしてはいけないのは、倦怠期は「愛がなくなること」に起因するわけではない、ということです。

話は逸れますが、あなたが幼い頃、熱中していた趣味はありましたか?その趣味にハマっている時期の中でも、めちゃくちゃハマっている時期と、そこそこハマっていた時期はありませんでしたか?

よくよく思い返すと、ハマっている中でも熱中具合に波があったことでしょう。まさに熱中具合の波、没頭具合こそが倦怠期のメカニズムなのです。

ハマっている(付き合っている)中でもそこそこしかハマっていない(愛情が薄れている)時期こそが、倦怠期なのです。

決して愛情がなくなっているから倦怠期が来ているわけではありません。早とちりをし、迂闊な行動をとることはやめましょう。

遠距離だからこその「倦怠期」があること

まったりとした愛

倦怠期といっても、一概にみんな同じ感情とは限りません。いつでも会えるカップルの倦怠期と、なかなか会うことのできない遠距離恋愛中の倦怠期は、もちろん違います。

遠距離恋愛は普通の恋愛と違い、障害となるものは多いです。関係の継続のためには、お互いの思いやりや努力が必要不可欠になります。

近くにいて、一緒の時間を過ごすことができるときに、お互いが幸せを感じる相手が結婚相手。こういった定義が巷では広まっています。

しかし逆は必ずしも当てはまらない、ということをしっかり理解しておく必要があるのです。

遠距離にいて、なかなか一緒に時間を過ごすことのできないときに、お互いの気持ちが離れていくのは結婚相手にふさわしくない。これは誤解です。

もちろん一緒にいられないだけで気持ちが「完全に」離れてしまうような軽薄な関係の相手は、結婚相手としてはもっての外です。

しかし、遠距離恋愛中のカップルも普通のカップルも同様に、気持ちが離れていくタイミングがくることは必然です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。