遠距離恋愛が寂しいときの気持ちの切り替え方とは?

皆さんは彼とどのくらいの距離離れて暮らしていますか。同じ市内? 県内? 国内だけど遠距離の方や、はたまた海外なんて方もいるかもしれませんね。

愛に距離なんて関係ない、なんて言いますが実際は彼との物理的距離は結構な問題だったりしませんか。

遠距離恋愛中はいろんな誘惑や浮気、心変わりも気になったり、寂しい気持ちも遠慮して伝えられなかったりすることがあります。些細な事でケンカしてもすぐに仲直りできないことが多いです。

けれどそのことで大好きな彼との関係がぎくしゃくしちゃうのももったいないですよね。

そんな遠距離恋愛中のあなたに、寂しい気持ちの切り替え方をお教えします。これを参考に遠距離中の寂しい気持ちとうまく付き合って、彼と素敵な恋愛をしちゃいましょう。

遠距離恋愛での寂しい気持ちの切り替え方

「ON」と「OFF」と書かれたマーク

遠距離恋愛で一番の敵が「寂しさ」でしょう。会いたいときに会えない、側で支えていてほしいときにいないというタイミングが多ければ多いほど寂しさが募ってくると思います。

また、友達と彼氏のラブラブ話もあなたの寂しさを思い起こさせる原因の1つかも。けれど一方で寂しいからと彼に責めてばかりだといつかはあなたの存在は彼にとって重くなるばかりです。

なので、適度に寂しがって、適度に気分転換することが遠距離恋愛のコツといっても過言ではないでしょう。寂しい気持ちの切り替え方、そのことについてこれからお話しします。

家事や仕事に忙しく取り組む

布と糸

なにかに忙しいときは、人は驚くほど他の感情に向くタイミングがありません。寂しさは心の隙間、つまり少しの余裕から生まれるものです。あなたも経験したことがありませんか。

学生時代、勉強や行事に取り組んでいる間はそちらの成功に夢中になりませんでしたか。仕事の繁忙期なら特に他のことがおろそかになるぐらい集中していたり。

仕事人間にまでなって彼との時間が少なくなるというところまでいくと本末転倒です。しかし、忙しく取り組む事自体は悪いことではありません。

むしろ仕事や学業、家事に集中することであなた自身が成長できるタイミングでもありますよ。

人と交流できる趣味をはじめる

パン教室

寂しいと感じるときってどんなときですか。おそらく多くの人が一人の休日の時間ではないでしょうか。

仕事や学校のある日は嫌でも他の誰かとの交流があります。休日はそんな機会があまり無いという方は誰かと交流する趣味を新たに持つこともおすすめです。

料理教室や、スポーツ観戦、囲碁やボランティアなどはいかがでしょうか。

人と交流するとコミュニケーションに頭や気を遣います。一人でいるときよりも格段に寂しさを感じる暇はなくなり、精神状態も落ち着きます。

彼と出会ったときの話のネタにもなりますし、寂しさを感じる時間を減らすきっかけになること間違いありませんよ。

自分磨きの時間に使う

エステを受ける女性

お互いの忙しさに差があると、寂しくなりがちです。まずは時間があるから寂しくなるんだ、と理解しましょう。暇な時間は普段考えないような余計なことまで頭に浮かびがちですからね。

その状況を自分から作らないようにすること、そのためには何かに打ち込むことが効果的です。自分磨きはなんでも良いんです。

遠距離の期間中は、彼と付き合いながらも自由な時間がたくさん与えられているのですから。

ジムにエステ、ネイルに英会話教室など、何でも構いません。交流できる趣味の時と同様にハマりすぎて彼への連絡頻度を怠るなんて事にならないように気をつけましょう。

友達に話しを聞いてもらう

飲食する女友達

人間はコミュニケーションの生き物です。だからこそ孤独感は耐え難く、辛いもの。人に話をする、そしてそれをきいてもらうことは孤独感の解消と同時に心の安定につながります。

特に女性は話を聞いてもらうだけで満足することって多いですよね。友達にいっぱい話して、愚痴を言って、気分を紛らわす。こんな方法も立派な寂しさ解消法ですよ。

彼氏に素直に寂しさを伝える

スマホで話す女性

どうしようもなく寂しいときは、我慢せず彼に言っちゃうなんてことも当然アリです。あなたが寂しい思いをしているのは紛れもない事実。

彼のために寂しいと口にしないとしても、寂しくて辛いことを彼に遠慮して我慢するばかりの恋愛は自分自身を苦しめてしまいます。遠慮と配慮は違いますよ。

あなたが感じる寂しさやモヤモヤを1人で抱え込む必要も耐えきる必要もありません。辛いことを分け合い、支え合う相手があなたにはいます。

あなたのことが好きな彼ならきっと、寂しがっているあなたに優しい言葉を投げかけてくれるはずです。もしかしたら、彼も寂しさを我慢しているのかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。