遠距離恋愛での連絡はどのくらいの頻度がよい?

遠距離恋愛中のカップルには「寂しさ」と「不安」が付きまとうものです。近くにいた頃は日常生活が見えやすく、ルールや決め事がなくても、なんとなくコミュニケーションが取れるものです。

しかし距離が遠くなってしまい、生活パターンが変わってしまってから、不安になることが多くなってしまうことはありませんか?

なかなか会うことができないので、ふたりを繋いでいるのはメールや電話などの連絡手段のみとなってしまいますよね。

そのため「メールの返信が遅いこと」や「電話に出てくれないこと」に不安を感じている機会が増えている方もいることでしょう。

お互いの日常生活が見えにくい遠距離恋愛だからこそ、連絡はマメにとって近くにいることを感じたいものです。

しかし、長すぎる電話や頻繁すぎるメール連絡は、相手の負担になってしまうかもしれませんよ。今回は、遠距離恋愛での適切な連絡の頻度について考えてみましょう。

遠距離恋愛での連絡はどのくらいの頻度がよい?

連絡が少ないと徐々に距離が生じることがある

スマホに連絡が来ていないか確認する女性

「長すぎる電話」や「頻繁すぎるメール」が負担になってしまうという反面、「少なすぎること」も良くありません。連絡が少ないと、徐々に距離が生じてしまいます。

付き合っている期間が短い場合などは、極端に連絡が少ないとぎこちなさが生じてしまったりすることがあります。

付き合いたてや遠距離恋愛が始まったばかりの頃には、頻繁に連絡するくらいが丁度良いです。とはいえ、忙しい場合には連絡頻度が少なくなってしまうことは仕方がないことですよね。

連絡が多いとうっとうしいことがある

連絡がきてうっとうしく思う男性

簡単に会えない寂しさや不安から、相手のことを考える時間が増えてしまうこと、遠距離恋愛では良くあることです。だからと言って、思い出す度に連絡してしまっていませんか?

陥りがちな失敗パターンとしては、浮気の心配などの不安から、連絡や即レスを求めてしまうようなケースです。

「飲み会の時はメンバーの写メを送る」など、厳しいルールを決めてしまっていませんか?

新天地で頑張ろうとしている時に、厳しいルールやメールの即レスを求めることは、相手への負担になってしまうかもしれません。

多すぎるメールや電話は、相手に「重い」と感じさせたり、「うっとうしい」と思われるかもしれないことを認識しましょう。

そして、「返信が遅くなった」「電話に出てくれない」などの不安がを募らせて、すれ違ってしまわないようにしましょう。相手の日常生活が見えないことは非常に不安なことです。

一人で過ごす時間を充実させることで、相手への連絡に依存しすぎないようにすることが大切です。

「浮気が疑われているのではないか?」と思われてしまい、相手の疑心暗鬼を募らせてしまうかもしれません。

あなたが不安で連絡をしすぎてしまうことで、相手を疑心暗鬼にさせてしまっては、まさに負のスパイラルです。

多すぎる連絡は、逆効果だということを認識して、程良い連絡の頻度について改めて考え直しましょう。

結局は、あなたと彼の親密度次第

親密度が高いカップル

では、程良い連絡の頻度というのは、どうやって判断すれば良いのでしょうか?この課題の答えは、遠距離恋愛のカップルの数だけ答えがあると言って良いでしょう。

例えば、遠距離恋愛が始まる前の二人の関係や連絡の頻度によっても変わってきます。付き合ってから、どれくらいの時間が経過しているかによります。

二人が会うことができる頻度や、その時々の親密度によって変わってくるものです。心地よい連絡の頻度というのは、カップルの数だけあります。

二人で話し合うことでベストな頻度は分かるのです。
ルールを決めている場合、そのことが負担になっていないか?改めて確認する機会も必要でしょう。

新しい環境に移った側が新天地に慣れるまでは、相手の状況に合わせて臨機応変に対応する思いやりを持つようにしましょう。

おすすめの連絡頻度

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。