いつまでもドキドキしたカップルでいる7つの方法とは?

大好きな人とはいつまでもドキドキするような熱い恋愛がしたいですよね。しかし、努力しなければ恋愛というのは冷めていく一方です。

いつまでもドキドキしたカップルでいられるか否かは、カップルの愛情の差ではありません。必要な努力をしているからです。どんなに愛情が強くても、努力しなければ恋愛は冷めてしまいます。

そこで今回はいつまでもドキドキしたカップルでいる方法を7つ紹介します。恋人といつまでもラブラブでいたい人は、まずはこの7点から努力してみてください。

いつまでもドキドキしたカップルでいる7つの方法とは?

デートを工夫する

デートを工夫するカップル

カップルがカップルらしくいられる時間をとることが、いつまでもドキドキしたカップルでいるためには必要です。まずは、カップルらしくいられる時間の1つであるデートを大切にしましょう。

最初はどんなカップルでも、どんなプランであってもデートができるだけで嬉しかったはずです。しかし、デートは回数を重ねれば、どうしてもマンネリ化してきてしまいます。

デートがマンネリ化してしまえば、デートの効力も薄れていってしまいます。ただ形式的に会っているような状態になり、2人の距離が縮まり、愛が深まるようなデートはできないでしょう。

そのため、工夫もなしにデートを重ねても、ドキドキしたカップルでいることにはつながらないのです。

逆を言えば、工夫することで毎回デートを楽しんでいるカップルは、いつまでもドキドキしたカップルでいられます。

ダブルデートにするなど、デートを工夫することがマンネリ防止になっているのです。

旅行をして非日常を味わう

旅行して非日常を満喫する女性

定期的に特別な時間を共に過ごすことも、カップルのドキドキを維持する秘訣です。日々のデートでも特別感を演出することはできますが、特におすすめなのは旅行です。

旅行は非日常を味わうことができ、私たちを最高にドキドキさせてくれます。恋人と共に味わえば、一緒にいること自体を特別に感じ、恋愛のドキドキが蘇ってくるはずです。

ドキドキというのは伝染します。非日常を味わうことで感じたドキドキは、一緒にいる恋人にも移るのです。

定期的に旅行をして恋人と非日常を味わうことも、カップルのドキドキを強める1つの方法です。いつまでもドキドキしたカップルでいるための方法とも言えるでしょう。

スキンシップのバリエーションを増やす

スキンシップのバリエーションを増やす女性

いつまでもドキドキしたカップルでいるためには、スキンシップは欠かせません。

しかし、毎回似たようなスキンシップのパターンだとドキドキが薄れてしまいます。ドキドキするようなスキンシップをするためには、バリエーションを増やす必要があるのです。

まずは、日頃どんなスキンシップをとっているかを考えてみましょう。ドキドキが薄れてきているカップルの大半は、スキンシップ自体も少なく、とっていてもバリエーションが乏しいです。

カップルでできるスキンシップは、ハグやキスなどの恋愛特有のスキンシップだけではありません。一緒にお風呂に入ったり、マッサージしあったりするだけでも、十分スキンシップをとれます。

とにかく、お互いの肌に触れあう機会を増やしましょう。肌に触れあうことで、必然的にお互いに異性としての意識が強まるからです。

異性として意識する機会を絶やさないことが、カップルのドキドキを維持するためには必要不可欠なのです。

一方的に愛情表現をしない

相手に気を遣った愛情表現

恋愛は固定観念を持ってしまうと、関係が上手くいかなくなってしまいます。恋愛とはこういうもの、男性はこうすべき、女性はこうであるべきという考えが、恋愛を冷めさせるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。