ラブラブなカップルが守る7つの約束とは?

付き合いたてというは大抵のカップルはラブラブです。しかし、交際期間が長くなると、ラブラブ感が薄れ、衝突ばかりが目立つようになり、別れてしまうカップルも増えてきます。

一方で何年も一緒にいても、変わらずラブラブなカップルも存在します。果たしてラブラブなカップルと、ラブラブではなくなってきてしまうカップルとでは、どこに違いがあるのでしょうか?

その違いの1つはカップルで守っている約束にあります。ラブラブなカップルには2人で守っている約束があるのです。

そこで今回は、ラブラブなカップルが守る約束を7つ紹介します。

ラブラブなカップルが守る7つの約束とは?

嘘はつかない

嘘はつかないカップル

良い関係でい続けるためには、お互いに嘘をつかないことが大切です。特にラブラブなカップルでいたいのであれば、お互いに嘘はつかないことです。

長く付き合っていてもラブラブでいられるのは、お互いに相手のことを心から信頼できているからです。自分のことを本当に好きで大切にしてくれているということに、自信を持てるからです。

十分な信頼関係が築けていないと、相手の気持ちが見えないため不安がつきまとい、疑ってしまいがちになります。また、自分の気持ちにも自信が持てず、愛情表現がうまくできなくなります。

すると、少しのことで衝突したり、空気が悪くなったりするため仲が深まらず、破局の原因にもなってしまいます。

ラブラブでいられるか否かは、自分と相手の気持ちを信じられるかどうかにかかっているのです。

信頼も自信も、2人の間に嘘があれば成り立ちません。ラブラブなカップルは、嘘をつかずに付き合う姿勢を持っているから、カップルとしての強い絆と愛情で結ばれているのです。

悪いと思ったら謝る

悪いと思ったら謝るカップル

お互いに悪いと思ったとき、素直に謝ることができる関係は、長続きします。特にカップルは精神的な繋がりが重要なので、悪いと思ったら謝れることが、ラブラブでいるためにも大切です。

誰かに嫌な思いをさせたり、傷つけたりしない人間はいません。関係が深ければ深いほど、衝突することもあり、怒りや悲しみなど自分をぶつけてしまうものです。

しかし、だからといって当たり前だと思ってはいけません。当然のことですが悪いと思ったら謝らなければいけません。

謝れないということは険悪な状態がずっと続くということです。険悪な状態が続く、あるいは度々険悪な状態になるようでは、関係は上手くはいかず、次第に相手の恋愛感情も冷めてしまいます。

ラブラブなカップルが決して衝突しないわけではありません。衝突したときに歩み寄る努力をできているから、ラブラブなカップルでいられるのです。

異性がらみは必ず連絡

異性に会うときは連絡する女性

お互いの異性関係を明確にしていることも、ラブラブなカップルの特徴の1つです。異性がらみは必ず連絡することで、不安や心配は軽減され、衝突することもほとんどないのです。

異性問題というのは、カップルの破局の原因になりやすいです。その多くは、異性関係を隠していたことが問題で衝突し、別れてしまうというパターンです。

たとえ恋人であっても相手の行動を制限することは正しくありません。そのため、異性関係を無理やり聞き出すことも含め、束縛や監視することは破局の原因になります。

ラブラブなカップルはあくまで自分の意思で、異性関係の連絡をしているのです。自分の意思であるため、異性関係を明確にすることに対して負担に感じることはありません。

また、ラブラブなカップルは、ほんの些細なことでも連絡する傾向があります。たとえば男性と2人きりで会うなどはどんな理由でも事前に連絡するのです。

相手のことを一番に考え、少しでも嫌な思いや辛い思いをさせる可能性があることはしないのが、ラブラブなカップルの姿勢です。

特に異性関係は大きなこじれになるため、どんなことでもどんな理由でも事前報告をします。お互いに自発的に事前報告しているから、相手を信頼でき、大切に思われていると実感できるのです。

異性がらみはどんなことでも事前に必ず連絡するという約束を、お互いに守れれば、きっとラブラブでいられるはずです。

話し合いは冷静に

冷静に話し合うカップル

感情的になってしまうと、問題というのは余計こじれてしまい解決しにくくなります。早く解決するためには、話し合いは冷静になる努力をすることが大切です。

恋愛においても同じことが言えます。恋愛では恋人との関係を円滑に進めるために、たびたび話し合いの機会が訪れます。なかには喧嘩や衝突に発展しかねない内容のものもあるでしょう。

たとえばどちらかが、もう片方に嫌な思いをされれば、被害を受けた方は感情的になっても仕方がありません。もちろん感情を表に出すことも時に必要です。

しかし、問題をいち早く解決し関係を修復するためには、いつまでも感情的でいてはいけません。感情論で話を進めても、解決策は一向に見えてきません。

自分の気持ちを伝えることだけでなく、相手の言葉にも耳を傾けようとすることが、問題を解決へと導きます。相手の言葉に耳を傾けるためには、冷静になる必要があります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。