カップル6ヶ月目の過ごし方のポイント7つとは?

カップルにとって6ヶ月目と言えば、一番最初に迎える節目です。

1ヶ月目、2ヶ月目というのは、節目として祝うのは頻繁過ぎますし、煩わしく思う人も多いです。ですが、半年の記念日なら、一つの節目として軽いお祝いくらいはできそうですよね。

半年という一つの記念日を味わいながら、これからもっともっと彼と仲良くなるために6ヶ月目を楽しみたいものです。

では、カップル6ヶ月目の過ごし方はどのようにすれば幸せに過ごせるものなのでしょうか。今回は、楽しく幸せに6ヶ月目を過ごすポイントについて紹介していきます。

カップル6ヶ月目の過ごし方のポイント7つとは?

6ヶ月目の記念日デートをする

付き合って半年の記念日デート

記念日のデートは1年単位のみと考える人も多いですが、最初の半年記念日にデートに出かけるのもありです。

男性は確かに記念日を増やすことを嫌う傾向にありますが、半年記念なら乗り気になってくれる人も多いものです。

最初の半年で、あまりイベント事が少なかった場合は、半年記念で何かお祝いをしたいものですよね。

特に最初でまだラブラブなうちに記念日を味わいたいという気持ちは、少なからず男性の方にもあるはずです。

今後は半年ごとに祝っていく必要はないですが、最初の6ヶ月目記念だけ祝うようにするのはありでしょう。

奮発した記念日デートはしっかり1年ごとの記念日にするとして、いつものデートよりは豪華はデートを楽しむようにしましょう。

いつもは行かないようなおしゃれなお店に行き、半年記念のご飯を食べに行くのでも良いでしょう。

お祝いのケーキを買ってきて、家で映画などを観ながら軽くお祝いするのも良いですね。1ヶ月ごとの記念日は嫌がる男性も多いですが、半年記念ならありだと思ってくれることはあります。

もし6ヶ月目記念に、少し特別なことがやりたいなら、ぜひ彼に記念日デートを相談してみましょう。

彼の好みに合ったプレゼントをする

彼好みのプレゼント

もし用意できそうなら、6ヶ月目の節目に、彼の好みに合った軽いプレゼントを用意するのも良いですね。

趣味のグッズなどで、そこまで高価にならないものを用意できるならちょうど良いでしょう。

好みに合った軽いプレゼントなら、「これからもよろしく」という意味や感謝を込めての贈り物として彼も喜んでくれるはずです。

あまり高価すぎるものや手紙などは、6ヶ月目の記念としては少し重いので、まだやめておきましょう。

また、付き合って半年と言えば、長い倦怠期の真っただ中というカップルもいなくはないでしょう。

もし彼との仲が少し冷めかかっているなら、プレゼントを用意することで、二人の関係に変化をもたらすことにも期待が持てます。

6ヶ月目という節目を経て、いつもとは違う非日常的な時間を演出するためにも、軽いプレゼントを用意してみましょう。

恋愛ルールを再度相談

2人だけの恋愛ルール

6ヶ月目と言えばちょうど良い節目なので、このあたりで二人の中の恋愛ルールを再度相談すると良いでしょう。

既に倦怠期を迎えて、以前と比べるとだいぶラブラブ度が落ちてしまったカップルも多いはずです。

6ヶ月という時間の中では、二人の関係性もそうですし、周りを取り巻く環境も変化している場合もあります。

今までと同じ連絡頻度やデートの回数では、それがかえって負担になってしまっている場合もあるのです。

せっかく好き同士のカップルなのに、当初からのルールに縛られて不満を感じているのはつらいですよね。

もしかすると、最初のうちは盲目で、よくよく考えてみればお互いを束縛するようなルールもあったかもしれません。

長続きしていくカップルは、常に自分たちにとって良いルールはないか模索していくものです。

束縛ルールや、負担になってしまう決まりがあった場合は、緩和していけるように相談の時間を持ちましょう。

共通の目標を作る

カップルの共通の目標

そろそろ最初のように盲目な姿勢のみでラブラブでいるだけではなく、人として絆を彼と深めていきたいものですね。

共通の目標や目指すものがある二人は、恋愛関係だけなく、人としての絆でも固く結ばれているものです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。