会えなくて寂しいカップルの7つの対処法とは?

世の中にはなかなか会えず、寂しい思いをしているカップルがたくさんいます。なかには、会えない寂しさが原因で喧嘩ばかりになり、別れてしまったというカップルもいるでしょう。

寂しさというのはカップルの大敵です。2人で上手く向き合い、軽減できるよう努力をしていかなければ、関係は長続きしないでしょう。

特に会えない寂しさは、とても苦しいものですよね。しかし、会えない寂しさを乗り越えることができなければ、カップルとして関係を続けていくことは難しくなってしまいます。

そこで今回は会えなくて寂しいカップルがとっている対処法を7つ紹介します。

会えなくて寂しいカップルの7つの対処法とは?

次会うときの予定を立てる

次のデートの予定

会えなくて寂しいときでも、次会うときの予定があれば大きな心の支えになります。会えない時間も次会うときのための準備期間だと思えば、寂しさも紛れるでしょう。

会えない寂しさを乗り越えるためには、次会うときの予定を立てることが1つの対処法なのです。

会えるときに会うでは、いつまで寂しい思いをするのかと不安が強くなってしまいます。具体的に会う日程を決めれば、ゴールが見えるので不安が軽減されるはずです。

また、日程だけでなく何をするかの予定も立てておくことをおすすめします。何をするかが決まっていれば、リアルに会うことを想像できるので、より寂しさが薄れるでしょう。

次会うことがわかっていれば、会えないことへの不安に押しつぶされることなく、会うまでの時間を懸命過ごせるはずです。会えなくて寂しいときはまず次会うときの予定を立てましょう。

顔写真付きでメッセージを送り合う

顔写真付きのLINEメッセージ

会えない寂しさを乗り越えるには、できる限りお互いの存在を感じられるよう、努力し合うことが大切です。離れているからこそお互いの存在を強く感じることが重要なのです。

会えないときにお互いの存在を感じる一番の方法は、連絡です。連絡といっても、ただの文章のやり取りだけでは、お互いの存在を強く感じることはできないでしょう。

文章だけでなく、顔写真付きのメッセージを送り合うのです。顔写真付きでメッセージを送るだけでも、文章だけに比べたら、安心感は確実に増します。

できれば部屋でだけでなく、出かけているときや友達といるときの写真も送ることができれば、なお安心感は増すでしょう。写真付きなら今どこで何をしているかが明確にわかるからです。

会えなくて寂しいときというのは、できるだけ不安を取り除くことが必要です。顔写真付きでメッセージを送り合うことは、顔が見れて今の状況がよくわかることで不安も薄れるため、おすすめです。

寂しいからこそポジティブなことを話す

ポジティブな会話をする女性

寂しいときというのは、寂しいことにばかり囚われてしまいがちですが、寂しいからこそポジティブになることが大切です。ネガティブになっていては、寂しさが増すばかりだからです。

たとえば仕事が忙しいときに「会いたい!寂しい!」と言ってしまえば、相手の負担になります。今すぐどうにかできることではないため、落ち込ませたり怒らせたりしてしまうでしょう。

会えないことや寂しいことばかりを伝える会話では、2人の雰囲気は悪くなる一方です。そうでなくても離れているのに雰囲気が悪くなってしまえば、状況はより悪化してしまうでしょう。

寂しいからこそポジティブな話をして2人の絆を深め、愛情を育てることが大切です。強い絆を愛情を感じることができれば、必ず大きな心の支えになります。

ネガティブなことばかり話して、お互いの負担やストレスを大きくしても、関係は上手くいきません。会えなくて寂しいときこそ、ポジティブなことを話すように意識してみてください。

忙しくして彼を考える時間を減らす

仕事で忙しい女性

寂しさは寂しいと思う時間が多ければ多いほど大きくなります。会えなくて寂しいときは、できる限り寂しいと感じなくて済むように、彼のことを考える時間を減らしてみましょう。

そのためには忙しくすることが一番です。つまり、恋愛以外の時間を充実させるのです。

仕事に力を注ぐのでも、友達との時間を過ごすのでも、趣味の時間を作るのでもいいでしょう。他のことを考える余地のないくらい、熱中できることを作りましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。