カップルが仲直りする7つの方法とは?

彼氏と久々のケンカ中。早く仲直りしたいけれど、どうすれば良いか分からない…。そんなお悩みを持つ女性は多いです。

自分だけ謝るのは嫌だけど、気まずいままはもっと嫌。なんて複雑な心境にもなってしまいますよね。

そんなあなたへ、スムーズに仲直りできる方法を紹介します。彼との仲直りに役立ててくださいね。

カップルが仲直りする7つの方法とは?

素直になる

素直な女性

すねたり無駄に喧嘩を長引かせようとせずに、素直になって彼に接しましょう。喧嘩がヒートアップしてキツイことを言ってしまった場合は、素直に「言い過ぎた。ごめんね」と伝えてみましょう。

意地を張っていると、仲直りするまでに時間がかかってしまいます。時間がかかるほど謝るのが気まずくなるので、早いうちに素直になってしまったほうが楽なのです。

喧嘩してしまったとき、どちらか一方だけが悪いというケースはほとんどありません。大抵の場合、どちらにも非はあるのです。

ですから意地を張り続けるよりも、素直に仲直りしたいと伝えて2人で解決策を考えましょう。「恋人は自分の鏡」とよく言います。

こちらがいつまでも怒りを引きずっていると、相手もずっと怒ったままです。こちらが素直になれば、相手も素直になってくれて建設的な話しができるはずですよ。

何もなかったかのようにいつも通りに接する

いつも通り接する女性

何を言っても相手の怒りがおさまらないようなら、何もなかったかのようにいつも通りに接しましょう。気まずさを時間で解決させるのです。

怒るのは大きなエネルギーが必要なことなので、人はずっとは怒っていられません。ずっと怒りを抱いていると、自然とストレスがたまり疲れてきてしまうのですね。

疲れてくると「仲直りしたいな」「言い過ぎたかな」などと寂しい気持ちのほうが勝ってきます。

あなたが「このまま仲直りできなかったらどうしよう」と思うのと同じように相手も不安になるのです。いつも通りに接しておいて、相手が寂しくなってくる瞬間を待ちましょう。

怒っているときは話が出来ない。火に油を注いでしまう感じ。そんなパートナーを持つ人にはこの方法がおすすめです。

お互いの怒りがおさまり寂しくなってきた頃には、感情的にならず話し合うこともできるでしょう。

自分も相手もヒートアップしているときは、ひとまず時間や距離を置くのがいちばんです。

とりあえず謝る

謝罪する女性

相手とやり直したい。歩み寄りたいという気持ちがあるなら、理由はともあれ自分から謝るのも一つの手です。

大抵の人はこちらが「ごめんね」と謝れば、「こっちこそごめん」と謝り返してくれますよ。すべての喧嘩はお互いの理解不足から起こります。

「彼が私のことを分かってくれなかった」「彼女が自分のことだけしか考えていなかった」。そんなふうに、お互いを分かり合えなかったときに人は衝突してしまうのです。

ですから「分かってあげられなくてごめん」という気持ちさえ伝えれば、どんなに怒っている人でもある程度落ち着きます。

相手との関係を続けたいなら、自分から謝るのは賢明な判断だといえるでしょう。今後大きな喧嘩をしないためにはお互いに理解力を身につけるよう心がけてみてくださいね。

人の話を聞けなかったり、自分の意見を押し通そうとするのは理解力がない人の典型です。

いつも自分が正しいと思っていると、人の気持ちをくむことができないのでトラブルに発展してしまうのですね。

一方、いつも人の気持ちを理解しようとする人は事前に喧嘩を回避できます。自分のことをわかって欲しいと思うだけでなく、相手の気持を分かろうとする姿勢が大切なのです。

夜にイチャイチャする

イチャイチャするカップル

何となく気まずいだけであれば、一緒に寝てセックスして愛情確認するのも有効な手段です。言葉でアレコレ言い合っても解決しないときは、スキンシップをとってみましょう。

手をつないだり、ハグやキスをするだけでとても安心できますよね。ぎゅっと抱きしめられるだけで彼の愛を感じられますし、気まずい雰囲気も吹っ飛んでしまうのです。

言葉では伝えきれない気持ちも、スキンシップでなら伝えられます。あなたに甘えられれば彼もきっと嬉しいし、イライラした気持ちもスッと消えていくはずです。

一晩一緒に過ごせば、朝には元通りの関係になれるでしょう。イチャつくのは意外と正しい仲直りの方法なのですよ。

彼をその気にさせると仲直りもスムーズ

イチャイチャして仲直りをするときは、彼をその気にさせましょう。男性の刺激を高める【リビドーロゼ】という香水を使用してみてください。

デート中や泊り旅行の夜の直前に利用することで、彼がいつもより大胆になってくれます。彼から抱きしめて謝ってくれること間違いなしです。

お試しコスメ1つプレゼントあり

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。