カップルのLINEで分かる長続きするか7つのポイントは?

カップルにとってLINEはいまや欠かせないコニュニケーションツールです。単なる連絡ツールではなく、カップルにとっては愛情を育むためのツールでもあるからです。

そんなカップルにとって欠かせないLINEには、実は長続きするか分かるポイントというのが存在します。つまり、長続きするかしないかの鍵を握っているポイントがあるということです。

そこで今回はカップルのLINEで分かる長続きするかのポイントを7つ紹介します。ぜひ自分のLINEを振り返ってみてください。

カップルのLINEで分かる長続きするか7つのポイントは?

LINEも自然体

自然体でLINEをする男性

誰だって大好きな人には良く見られたいと思うものです。外見を着飾ったり、いつも以上に気を遣ったりして自分をアピールすることも、恋愛をするためには必要なことです。

しかし、無理をしてはいけないということが大前提です。無理はいつか必ず負担になり、関係がギクシャクしてしまう原因となってしまいます。

お互いに自然体でいられる関係が長続きする関係なのです。

LINEのやりとりも同じです。長続きするカップルはLINEも自然体で、無理して装飾したり、一文一文に気を遣いすぎていたりすることはほとんどありません。返答も端的です。

必要以上に気を遣っている文章は、受け取る側にとっても負担になります。自分も同じように返さなければと思わせてしまうため、気を遣い合い続けることになります。

1回1回は気にならなくても連絡をするたびに気を遣っていれば、連絡自体が負担になる可能性もあります。連絡が負担なってしまえば、関係を続けていくことは難しくなってしまうでしょう。

また、遠回しな文章は伝えたいことが伝わりづらくなります。伝えたいことが伝わらないやりとりを続けていても、仲は一向に深まらず、ストレスになってしまうだけです。

日々のコミュニケーションの要であるLINEで自然体でいられることは、カップルが長続きするポイントの1つなのです。

LINE頻度が少なめ

頻度少なめのLINE

連絡を取り合うことにばかり力を注いでいるカップルは長続きしない傾向があります。LINE頻度も長続きするカップルになるための大きなポイントなのです。

長続きするカップルはそもそもLINEよりも会うことを重要視しているため、LINE頻度が少なめです。

LINEは次に会うまでのコニュニケーション、つまり会うための準備期間のコミュニケーションです。長続きするカップルはこの準備期間の過ごし方が上手です。

相手に想いをつのらせ、会えない時間を我慢した末に会えたときというのは、いつも以上に会えた喜びを感じられます。そして、会えた喜びが大きければ愛情もより深まります。

しかし、毎日のようにLINEをしていると、相手との関わりがある日常が当たり前になり、会えた喜びを感じにくくなります。すると、だんだん馴れ合いの関係になってしまうのです。

コニュニケーションは情報が多いほど充実したものになるため、LINEより会っている時間の方がカップルにとっては重要です。

会っている時間を有意義にするためには、想いの強さや充実した会話が必要です。LINE頻度が多いと会いたい気持ちも十分に高まらず、会話の内容も減ってしまいます。

長続きするカップルにとってLINEは常にするものではなく、基本的にリアルタイムの連絡だけに使います。その分会っている時間を有意義に過ごすことで愛情を深めているため、長続きするのです。

最低限の思いやりがある

思いやりのある連絡

LINEは顔が見えないコミュニケーションのため、お互いの考えや気持ちが伝わりにくいです。勘違いやすれ違いも多くなります。そのため、最低限の思いやりが必要です。

たとえば既読スルーは多くの人にとっては気分が良くないものです。どうしても返せなかっただけであっても、相手に故意的にスルーしていると受け取られてしまうことも多いです。

十分な信頼関係を築けていれば既読スルーも大抵気にならなくなりますが、しないようにする思いやりは必要です。思いやりを持って行動することは、相手を思う気持ちを表すことだからです。

相手を思う気持ちを持てなくなってしまえば、愛情は伝わらず関係は長く続きません。カップルにとって思いやりを持って接することは、愛情を表現する方法でもあるのです。

もちろん自分の負担になるほど、過度に気を払って相手を思いやる必要はありません。日常的にできる範囲の最低限の思いやりがあれば、良い関係を築いていくには十分なのです。

LINEはカップルにとって必需品です。コミュニケーションを円滑にしてくれるツールだからこそ、衝突の原因が生じやすくもあります。

加えて考えや気持ちがうまく伝わらない文章でのやりとりであるため、最低限の思いやりを持つことが大切なのです。

返信スピードなど細かいことを気にしない

LINEの返信スピード

私たちの行動というのは自発的なものであるか否かによって意味合いが大きく異なることがあります。特にカップル間においては、自発的な行動でなければ愛情が十分に伝わらない場合が多いです。

たとえば自発的に「好き」と言われるのと、お願いして言ってもらうのとでは、どちらが嬉しいでしょうか?おそらくほとんどの人が前者を選ぶでしょう。

自発的にしてくれるからこそ嬉しいのであり、強要させても喜びは半減してしまいます。好きと言うことに限らず、カップル間においては自発的な言動であることに大きな意味があるのです。

にもかかわず、カップルは無意識に相手に様々な言動を強要してしまうことがあります。特にLINEのような連絡は、暗黙の了解で強制的になりやすいです。

返信や返信のスピードなどを強要してしまえば、喜びが半減するどころか相手に負担をかけてしまいます。すると、LINEが嫌になり、別れを考えるきっかけになってしまう可能性も出てきます。

返信のスピードなど細かいことは気にせず、相手に返信を強要することもないカップルは長続きします。お互いにしたいときにするため、LINEをストレスに感じることがないからです。

短文中心

短文によるコミュニケーション

思ったことを口にするよりも文章にする方が時間がかかり、さらに文字に起こすとなると手間がかかります。そのため、文章でのやりとりを負担に感じる人もいるのです。

特に男性は基本的に連絡不精で、LINEのように文字を打って会話するのが苦手です。恋人とLINEしたいという気持ちは抱いていても、長い文章だとめんどくさくなるのが男性です。

また、長い文章であればあるほど時間を要するため、他のことに充てる時間が少なくなっていきます。必要な時間が不足すれば誰でもストレスを感じるため、LINEが大きな負担になってしまいます。

LINEをして仲を深める時間と、各自の時間をバランスよく取れているカップルは、長続きします。短文中心なLINEをすることで、2人の時間と1人の時間のどちらも大切にできているのです。

短文ならめんどくさくなることもそうそうないため、LINEに否定的になることもないはずです。短文中心だと仲を深めるという点にでもLINEの質を高められるので、関係が長続きするのです。

スタンプの好みが似ている

似たようなスタンプ

スタンプを使えることというのもLINEの特徴です。スタンプを送ることで、会話が弾んだり雰囲気が良くなったりするため、カップル間でも用いられることが多い機能です。

しかし、相手の好みに合わないスタンプだと、意図が伝わらなかったり空気が変になったりするというリスクもあります。

スタンプの好みが原因で別れることはないにしても、好みが合う方がカップルの相性は良いことに違いはありません。相性が良いと居心地の良さを感じるため関係はより長続きします。

長続きしているカップルはLINEスタンプの好みが似ている傾向があるのです。

最初から好みが似ているために交際に発展したカップルもいますが、大抵は交際したことで似てきます。私たちには好意のある人に意識的あるいは無意識に真似しようとする心理が働くからです。

心理学では好意のある人の真似をすることを同調行為といいます。よくカップルが似てくることがあるのは、同調行為によるものであり、好意の表れなのです。

同調行為は好意が大きければ大きいほど如実に表れます。長続きするカップルは強い愛情で結ばれているため、同調行為が起こりやすいと言えるでしょう。

日常的に使う頻度の多いLINEのスタンプは、自分らしさが反映されやすく目にすることも多いため、好みが似てきやすいのです。

連絡がなくても安心していられる

少ない連絡のやり取り

関係に自信が持てない人ほど、恋人からの連絡には敏感ですぐに不安になりやすいです。長続きしているカップルは強い信頼関係で結ばれているため、連絡がなくても安心していられます。

たまにしか連絡がこないことこそ信頼の証なのです。連絡しなくてもお互いに強い絆を感じられるから、安心して恋愛以外のことにも十分な時間を費やしながら、愛情も育めるのです。

LINEしてもいいかな、LINEこないかなと思っているうちは、まだ十分な信頼関係が築けていない証拠です。

長続きするカップルはお互いに信頼しているため、自信を持ってLINEをしたいときに自分からLINEをします。相手の様子を伺ったり、受け身でLINEを待っていたりすることはほぼありません。

不安が拭えず自信を持てずに連絡しないと安心できない関係は、不安定で少しの衝突で壊れやすい関係です。不安が強く自信を持てないことが、関係が長続きしない原因になるのです。

自分が好きなことにも相手に好かれていることにも自信を持てるから、連絡を取っていなくても安心していられるのです。信頼し合っているから関係が長続きするのです。

長続きするカップルはLINEも自然体

長続きするラブラブなカップル

長続きしているカップルはいつもラブラブという印象を持たれることが多いですが、実は逆です。恋愛に充てる時間よりも、恋愛以外のことに充てる時間をお互いに大切にしています。

むしろ長続きしないカップルの方が、恋愛に夢中になって他のことが疎かになっている傾向があります。自分たちの生活のバランスを崩してしまうため、恋愛が負担になり別れてしまうのです。

そして長続きするカップルとそうでないカップルは、LINEを見れば一目瞭然です。

心を許し合っているから自然体でいることができます。頻度が少なくても、返信が遅くても返ってこなくても、連絡がなくても気にせず、信頼することができます。

好きでいることにも好かれていることにも自信を持てるため、自分の好きなタイミングでLINEし合えます。LINEするときは、自然と思いやりを持って接し、似てくる部分も出てきます。

それが長続きするカップルであり、カップルのLINEで分かる長続きするポイントなのです。

LINEトーク占いで彼との相性を相談してみる

LINEのやり取りで、彼と相性がいいか、運命の人かなどが占い師の先生であれば分かります。

もちろん上手くいっていなくても、先生の占術で良い方向に好転させることも可能です。彼との相性を一度LINEトーク占いの先生に相談してみませんか?

初回10分無料なので、気軽に相談してみてくださいね。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。