カップルで手を繋ぐ派と腕を組む派の違いとは?

カップルで手を繋ぐ派と腕を組む派の違いとは?

大好きな彼とのデートはとてもワクワクしますよね。付き合い始めはもちろん、付き合って長いカップルも彼とデートをするのは楽しいという人は多いです。

同じ仲良しカップルではあるものの、デートの時のスタイルは人それぞれです。例えば、手を繋いで歩くカップルもいれば、腕を組んで歩くカップルもいます。この違いは何でしょうか?

どちらのカップルも、恋人が大好きであるということと、触れていると安心するというのは同じのようです。体のどこかに触れていることでとてもリラックスしてデートを楽しめる傾向にあります。

今回は、デート中のカップルの「手を繋ぐ派」と「腕を組む派」の違いについてまとめました。それぞれの意見を紹介しますので、自分はどちらが良いか、ぜひ参考にして下さいね!

手を繋ぐ派

ぬくもりを感じていたい

手のぬくもり

手を繋ぐ派に多い意見と言えば、「ぬくもりを感じていたいから」という意見です。手を繋ぐ時には、手袋などをせずに素手で繋ぎますよね。温かさが直接伝わるのは、手を繋ぐ方が大きいでしょう。

手とはいえ、直接肌と肌が重なり体温のぬくもりを感じることができるので嬉しい気分になる人が多いです。腕を組むのも良いですが、袖やコートなど、アウターを挟むので直接の体温は感じません。

相手の手に直接触れて、温めてもらったり、安心感を得ることでとてもリラックスすることができます。また、ブンブンとふざけながら大きく手を振ってみたり、遊ぶこともできます。

時には手を強く握ったり、親指で彼の手をさすってみたり結構色々な愛情表現ができるので楽しいです。ギュッと力を込めてみて、彼がこちらを向いた時に笑うなどコミュニケーションも高まります。

冬は寒いから手を繋いで温めたい

手を温める男女

手を繋ぐと、手袋もしないしポケットにも入れないし寒いから嫌だという人がいますが、手を繋ぐ派はそういう考えではありません。むしろ、「寒いからこそ温めたい」という感覚を持っています。

冷たかったお互いの手が、一緒に歩くうちに体温でポカポカしてくるなんて嬉しいですよね。「もう冷たくないね!」なんて言いながら嬉しそうに歩くと可愛い彼女に見えるでしょう。

冬は特に寒いので、あまり肌を露出したくないという人が多いです。もちろん手も、手袋をして温まりたい人も多いですが、手を繋いでお互いに温め合うのもおすすめめです。

女性の手は、一般的に男性の手よりも小さいです。華奢なことも多く、その手が冷たくなっていると、男性は守ってあげたい心理が働きます。かよわい女性も演出できるので、とてもおすすめです。

色んなつなぎ方を試したい

色んな手つなぎ

腕を組むのもカップルならではですが、手を繋ぐというのは色んな楽しみ方があります。例えば、普通に手を繋ぐのも良いですが、手を交差させて繋ぐカップル繋ぎも良いですよね。

ギュッギュッと握る力を調節すれば、相手もギュッギュッと握り返してくれたりするのも愛情を感じます。2人だけの合図のようで、デートがもっと楽しくなるでしょう。

しっとりと手を繋いで静かに歩くのも良いですし、嬉しいことを言われたらブンブン手の振り幅を大きくするのも楽しいです。手を繋ぐ派にはそういう、色々な繋ぎ方と雰囲気を試すことができます。

手を繋いでいるけれど、親指で彼の手を抑えて指相撲をするのも面白いですし、楽しい雰囲気で一緒に歩くことが魅力です。

腕を組む派

手汗が気になる

気になる手汗

恋人とのデートでは腕を組みたいという人達の理由として、「手を繋ぐと手汗が気になる」という意見も多いです。好きな人だから緊張する人もいますし、歩くうちに暑くなる人もいるでしょう。

男性でも気にする人もいれば、気にしない人もいますよね。しかし、女性は特に「サラサラしたキレイな手でいたい」と思う人が多い傾向にあります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。