別れが近いカップルの7つの特徴とは?

彼といつものように接していて、「あれ?もしかして別れが近いのかも…」と嫌な予感がすることはないでしょうか?

ラブラブだったカップルでも、環境、心境などの変化から別れを感じる瞬間というものはあるものです。

惰性で付き合っているカップルも、二人の中に愛情がないと感じれば、別れを意識していくものでしょう。

でも、今までと同じように彼とラブラブな関係を続けていきたいのであれば、別れが近いサインには注意が必要です。

「別れが近いかも」と感じるときには必ず理由や特徴があるものです。今回は、別れが近いカップルの特徴について、考えてみましょう。

別れが近いカップルの7つの特徴とは?

連絡が少ない

LINE頻度の少ないカップル

連絡が昔と比べて極端に減りつつある場合、別れが近い事の表れかもしれません。そもそもお互いに好きな気持ちがあれば、どんなに忙しくても連絡は取ろうとするのが普通です。

大人になるにつれて仕事も忙しくなりますし、恋愛との両立が難しくなり、電話の頻度も低くなるカップルも多いでしょう。

ですが、ちゃんと相手のことを愛しているのであれば、電話はしなくてもメールやLINEのやり取りは定期的にするものです。

昔と比べてお互い連絡を取る習慣がどれくらい変化してしまったのか、よく思い返してみましょう。

彼氏よりも他の人と連絡を取る頻度が増えているのであれば、それは別れが近い証拠です。連絡を取らないということは、お互いに興味がなくなっているのです。

興味がお互いにないカップルは、今後長続きするはずがないですからね。そのまま放置してしまっては、連絡を全く取らなくなり自然消滅してしまうことも目に見えています。

それでも関係を終わらせたくないと願うなら、まずは昔のように定期的に連絡を取るように習慣を変えてみましょう。

返信がそっけない

彼からの素っ気ない返事

彼への返事、彼からの返事は、昔のまま今も変わらないでしょうか?

返事がそっけないものになりつつある場合は、別れが近いのかもしれません。普通好き同士なカップルのやり取りなら、返事はテンションの高いもので、可愛いスタンプなども多いはずです。

ですが、別れが近いカップルは、いつの間にか返事も適当なものになってしまっている場合が多いです。

スタンプはほとんどなくなり、句読点もないようなそっけない返事ばかりになってしまってはいないでしょうか。

何も知らない第三者が見たら、到底カップルのやり取りとは思えないような淡白なやり取りになっていたら注意しましょう。

何気ないLINEのやり取りも、そっけないものであれば、お互いの愛はどんどん冷めていってしまいます。明るく楽しそうな返事は、相手を好きでいることのアピールにもなります。

関係を良好なものに保ちたいのであれば、LINEのやり取りの仕方は見直した方が良いかもしれません。

会えないときの埋め合わせがない

デートの埋め合わせをしない彼氏

デートを断られたときに、「仕事が忙しい」などの理由だけしか返ってこないのは切ないですよね。

彼も会いたいと思っているなら、理由は言ったうえで別の日を提案するなど代替案を出してくるはずです。

ですが、代替案も出さず理由を説明するだけでは、女性からしてみたら「それで?」という感じですよね。忙しくて合えないのはどうしようもないことかもしれません。

重要なのは、埋め合わせをしようとする姿勢があるのかどうかなのです。代替案を提示してこないのなら、彼自身は会いたいくないのかと思えてしまうことでしょう。

わざわざ別の日を提案するほど、自分に興味を持ってもらっていないことが分かってしまいますね。

このようにデートの話が盛り上がらないカップルは、別れが近い可能性が非常に高いです。

発言に毒がある

彼からの攻撃的な発言に傷つく女性

いつの間にか相手の発言が攻撃的になっていると感じることはないでしょうか。

思いやりや優しさに欠けるなど、最初の頃と比べると発言に毒が増えたように感じることがあるかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。