喧嘩をよくするカップルは上手くいくの?

喧嘩をよくするカップルは上手くいくの?

誰が見ても仲良しのカップルは素敵ですよね。見ていて優しい気持ちになりますし、お互いに尊重し合っていて、結婚するんだろうなと安易に想像できます。

しかし、よく喧嘩をしているという全く真逆のタイプのカップルも、意外と仲が良いことをご存知でしょうか?お互いに言いたいことを言い合っているように見えて、実は絆が深いことも多いです。

今回は、「喧嘩をよくするカップルはうまくいくのか?」についてまとめました。喧嘩をよくするカップルが上手くいく理由と、上手くいかない理由をそれぞれいくつか紹介します。

喧嘩をするしないが重要ではありません。「どのような喧嘩をするのか」と、「喧嘩でも最低限の配慮があるか」で二人の絆は変わりますので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

上手くいく理由

本音をぶつけ合える

本音で話す女性

喧嘩をよくするカップルが上手く行く理由として、「常に本音をぶつけあえるから」ということが挙げられます。喧嘩をこまめにすることで、いつも相手の意見を聞くことができますよね。

もちろん自分の意見も言うので、お互いの本心からの意見交換で最終的には納得することも多いです。本音をぶつけ合えるということは、逆にいうとそれだけ信頼があるからとも解釈できます。

喧嘩をしないカップルは、一見仲良く見えたとしても、実際はどちらかが我慢をしている場合も多いです。限界まで合わせた結果、ついに爆発して最初の喧嘩で別れてしまうことも少なくありません。

その点、頻繁に喧嘩をするカップルは、「ここまでは言っても良い範囲」という線引きが分かっています。不満もその都度発散するので別れ話までには発展しません。

本当に好きだから喧嘩になる

喧嘩するカップル

「喧嘩するほど仲が良い」という言葉がありますよね。喧嘩をするということは、相手のことを真剣に思っているからこそという意見もあります。

好きだからこそ一生懸命気持ちを伝え、理解して欲しいと思うのです。全ては「長く一緒にいるために理解したい。理解して欲しい」という気持ちから来ています。

期待をしていない相手には意見を言いませんよね。「どうせ言っても無駄だし」「改善しようがしまいがどっちでも良いし」と相手にしなくなります。

改善して欲しいと、つい向きになってしまうのは期待をしているからだと考えてみて下さい。本当に好きな場合、つい冷静さを忘れてしまうので喧嘩になりますが、実は絆が強いカップルが多いです。

喧嘩はある前提

喧嘩する女性

お互いに別々の家庭に生まれて、違う環境で違う育ち方をしている男女が交際するのです。価値観が合わなくなって当たり前ですよね。全く同じ育ち方を同じ環境でしている人なんて存在しません。

交際しているカップルにおいて、喧嘩をするのはある程度当たり前の前提条件だと言えるでしょう。喧嘩をすると、仲良くできないことが悪いように思われますが、それは違います。

それぞれの環境や育ちからきている価値観の違いをすり合わせている作業だと考えると、一概に悪いとは言えません。

逆に、価値観をすり合わせる習慣ができているということは何でも意見が言えるということです。カップルの時ならまだしも、結婚生活では素でいれることが大切です。

素でなんでも自然に意見を言い合える関係になるために、自分の気持ちや価値観を臆せずにきちんと伝える関係を築いて下さいね。

上手くいかない理由

仲直りできないとズルズル距離ができがち

喧嘩した後の微妙な雰囲気

いくら軽い喧嘩は合った方が良いと言っても、その喧嘩の仕方によってはかえって二人の距離を遠ざけてしまう場合もあります。

仲直りしたいと思いつつ、お互いズルズルとしてしまうこともあるでしょう。

今更謝るのはおかしいけれど、だからと言って何も言わないのは逆に不自然だし…と考えているとますます雰囲気が悪くなります。たった一回言った一言で関係が壊れることもありますよね。

何度も喧嘩を繰り返すうちに、「やっぱり合わないのかもな」と別れを考えることもあります。できるなら、喧嘩をせずに仲良く過ごす方がお互いにとっても楽しい付き合いをすることができます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。