カップル7ヶ月目の過ごし方のポイント7つとは?

カップルにとって7ヶ月目を迎えるということは、そろそろ1年を目指すことを意識し出す頃でしょう。

半年というちょうど良い節目を終えて、1年目に向けて動き出すのが7ヶ月目です。

そろそろラブラブな毎日も落ち着いてきて、ときめきやドキドキ感もなかなか感じられなくなってきたことでしょう。

急に気持ちが離れてしまうのでは、と不安になってしまうこともあるかもしれません。

気持ちが落ち着いてきたからこそ、相手の浮気や心変わりにも、妙に敏感になってしまうところもあるはずです。

では、そんな心配事も増えてくる7ヶ月目を楽しく過ごすためには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。

カップル7ヶ月目の過ごし方のポイント7つとは?

ラブラブ感が少なくても気にしない

ラブラブ感が少ないカップル

付き合った当初と比べると、ラブラブ感がどんどん減っていくことを寂しく思う気持ちはあるでしょう。

マンネリや倦怠期は、3ヶ月目や4ヶ月目くらいに訪れ、そのまま進行してしまうこともよくあります。

だんだん彼の態度がドライなものになっていくことに、このまま気持ちが離れていってしまうのではと心配になるかもしれません。

ですが、付き合いが長くなるにつれてラブラブ感が薄れていくことは、カップルにとってある意味自然なことです。

どんなカップルでも最初は盛り上がりますし、やがてそのラブラブ感も落ち着いていくものです。ただ愛情を振りまくだけではなく、信頼や安心で関係が成り立つようになっていくのです。

昔と比べてラブラブ感が減ってしまったことには、あまり過剰になって心配するべきではないでしょう。彼としっかり信頼関係を築いていっているのであれば、何も問題はないのです。

ラブラブ感よりも、これからは一緒にいて居心地が良いと感じる空気を、彼と作っていけることを意識してみましょう。

会うときにプチサプライズ

手作りクッキーを渡す女性

付き合いも7ヶ月目に到達すると、お互いにドキドキしたり、キュンキュンするようなこともなかなかないでしょう。

二人の恋愛関係に新鮮味はほとんどなくなってしまうはずです。確かに信頼関係がしっかりとできあがっているなら、そんな刺激がないことに心配するべきではないものです。

ですが、毎日がただ落ち着いているだけではつまらないと感じてしまうのも事実ですね。

つまらないという感情が募りすぎると、相手に飽きを感じてしまい、それが別れの原因になることもあります。

そのため、できれば会うときにたまにはプチサプライズくらいは企画しておきたいものですね。

サプライズは、落ち着いた日常の中に、ちょっとした刺激を与えてくれるものです。例えば女性なら手作りのクッキーを作っていくなども良いですね。

男性は皆、彼女からの手料理、手作りのお菓子に弱いものなので、それは付き合いがどれだけ長くても変わりません。

サプライズを兼ねて、たまには手作りお菓子で彼をねぎらうなどの工夫をしていくと、毎日が楽しくなるでしょう。

友達優先も理解を示す

男友達を優先する彼氏

恋愛関係も落ち着きを見せ始めると、だんだん男性は友達を優先して友達とばかり出かけることが増える場合もあります。

特に趣味の多い男性や、交友関係の広い男性などは、彼女よりも友達の優先順位を上げてくるものです。

付き合い始めはお互いにテンションも上がっていますので、彼女を優先させる人がほとんどでしょう。

ですが、付き合いも落ち着いてくると、それまでの反動もあって次第に友達を男性は大切にするようになってくるのです。

彼が友達を優先した結果放置されてしまうと、なんだかとても寂しく感じてしまいますよね。

ですが、7ヶ月目を迎えた今なら、そこまで彼を一人占めしようしなければいけないほど余裕がないわけではないはずです。

あなた自身も自分の時間を優先させるようになっていたり、友達と遊ぶ時間を持つように変化していることでしょう。

彼が友達を優先し初めても、その変化には理解を示してあげることが大切なのです。いずれ自分のもとに戻ってくるものなので、今はそっと彼のことを見守ることも必要です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。