別れ話の切り出し方は雰囲気作りが大事

別れ話の切り出し方って難しいですよね。タイミングも大事ですが、別れたいという雰囲気を出すことも大事なんです。別れ話で長期にわたって揉めるケースも少なくありません。

円満に別れるためにも、別れ話の切り出し方を紹介します。

別れ話の切り出し方とは?

顔を手で押さえて座り込む女性

別れ話を切り出す時ってどうしていますか?突然別れ話をされると、相手はびっくりするでしょう。何の心の準備も出来てない状態での別れ話は控えた方がいいでしょう。

別れ話は間違ったやり方をしてしまうと、最悪感情的になってもつれる場合もあります。切り出す時は、まず雰囲気を作ることが大事です。

仲良くうまくいってるときに突然の別れ話はショックが大きいものです。最近うまくいってないかもという状況を作り出しておけば、ショックも和らぐかもしれません。

相手も察することができ、覚悟もできます。相手の心の準備ができたところで別れ話を進めた方が、はるかにうまくいくでしょう。

冷静に話し合うためには、まずは別れたいという雰囲気を作っておきましょう。

1ヶ月ほどデートしない期間や連絡を少なくする期間をもうける

ダウンタウンを歩く女性

別れる決意が固まったら、相手に別れを告げる前に1ヶ月ほどデートしない期間と連絡を少なくする期間をもうけましょう。

突然デートしなくなったり、連絡が少なくなったりすれば、相手の方も何かを察するかもしれません。突然別れ話をすると、感情的になって話し合いができなくなるかもしれません。

会わなくなったり、連絡が少なくなったりすると「もしかして」と思い、相手も心の準備ができます。いざ別れ話をする際に、冷静に話し合いができるかもしれません。

また、あなたもその期間にどう別れ話を切り出すかを考えることができ、あなた自身の心の準備も整うでしょう。覚悟ができてから、落ち着いた気持ちで別れ話を切り出すことができます。

彼に何を言われても、謝罪と感謝する気持ちを作る

ペン2本とメモ

あなたが「別れたい」と言ったとき、たいていの場合は「はい、わかりました」とはいかないかもしれません。恐らく相手は「別れたくない」と思うでしょう。

ただ、彼に何を言われたとしても、謝罪と感謝する気持ちを忘れてはいけません。自分に謝罪する点が何かあるはずです。彼にこういう理由で別れたいと告げると同時に謝罪の気持ちも伝えましょう。

彼を目の前にすると頭が真っ白になってしまう可能性があります。彼に別れ話をする前に、自分の何がいけなかったのか謝罪する点と彼に感謝する点を紙に書き出しておきましょう。

紙に書くと、頭の中を整理することができます。謝罪し、最後に感謝をすれば、彼も落ち着いてあなたの話を聞いてくれるかもしれません。

察しやすいフレーズで、別れ話をしやすい場所に呼び出す

ピンクのダイヤル

別れ話をするときは、長い前置きは必要ありません。「大事な話がある」等のフレーズを使えば、彼も「もしかして」と察してくれるでしょう。

彼も心の準備ができます。突然の別れ話は、タイミングも難しいですし彼を驚かせてしまいます。また、1日楽しいデートを過ごした帰りに言うのだけは避けて下さい。

今日1日の楽しいデートが台無しになり、悲しいデートの思い出になってしまいます。

また、別れ話をする際は、別れ話ができるような静かな場所に彼を呼び出しましょう。電話やメールでの別れ話は、不誠実な印象を与えてしまいますので、直接会うことをおすすめします。

別れ話に余計なサプライズやテクニックは必要ありません。大事な話があるとカフェなどの2人で話しやすい場所に呼び出すだけでよいのです。

考えてきたとおりの謝罪と感謝の言葉を述べる

屋外でしんみりするカップル

別れ話をする前に、あなたなりにいろいろと考えてきたはずです。別れたいことを告げたら、考えてきたとおりの謝罪と感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

別れたいという結論に至るまでの自分にも何か非があったはずです。彼だけの責任ではないということを伝え、謝罪をすることが必要です。

一方的に別れたいという気持ちを押し付けるのだけは避けましょう。それでは、別れ話がこじれてしまい、彼も納得ができません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。