ラインで別れ話をするときの注意点と進め方

一般的にラインで別れ話をするのは不誠実だと思われています。相手に対しても失礼にあたる行為です。ですが、会って別れ話をするより相手の顔を見ないでいい分別れやすいのは事実です。

話を切り出しやすいのは、実際会って話すよりもラインの方が格段に切り出しやすいです。

今回は、ラインでの別れ話をするときの注意点と進め方を紹介します。

ラインで別れ話をするときの注意点

PCのキーボードの上にある小さいコーン

ラインで別れ話をするときには、いくつかの注意点があります。その注意点を把握しておかないと、あとあと面倒なことに巻き込まれてしまうかもしれません。

きれいにお互い後腐れなく別れるためにも、その注意点を紹介します。

お互い好き同士で付き合ってきたのですから、嫌な別れ方はしたくないですよね。不誠実な別れ方は悲しみしか残りません。

できれば、別れ話は直接会ってするべきですが、ラインの方が別れやすいのは事実です。

デメリットを理解する

スマホを持つ男性

ラインで別れ話をする際は、電話や対面の時と比べてデメリットが存在します。1つ目のデメリットは、ラインは記録に残るということです。

別れ話はできるだけ記録に残したくないものですよね。記録に残ってしまうと、もしかしたら他人の目に触れてしまうかもしれません。

もしくは、昔のラインを遡って見ていた時に、過去を振り返って思い出してしまう可能性があります。

2つめのデメリットは、対面の別れ話に比べて不誠実な印象を与えてしまうことです。簡単に別れられるのであればよいのですが、相手に未練がある場合はラインだとしてもそう簡単にはいきません。

相手が別れたくない場合は、会って話したいと言ってくるはずです。こちらが不誠実な対応をしてしまうと、相手がストーカー化してしまう恐れがあります。

絵文字や顔文字、スタンプは絶対に使わない

タンポポとデイジーを使った絵

ラインで別れ話をするときの注意点は、絵文字や顔文字を絶対に使わないことです。スタンプも絶対に使用してはいけません。

絵文字や顔文字、スタンプを使用してしまうと、その別れ話が冗談かと受け止められ本気にされない可能性があります。また、真面目な話に絵文字などを使用すると不誠実な印象を与えてしまいます。

真面目な話だからこそ、絵文字や顔文字、スタンプを使用してはいけません。使用するかしないかによって相手への印象が大きく変わるでしょう。

文字だけのやり取りは素っ気ない文章になりますが、それでいいのです。本気で別れたい意思が相手に伝わるでしょう。

直接会って話したいと言われる可能性を覚悟する

ベンチに座って話す男女

ラインでの別れ話は、相手が別れたくない場合は確実に直接会って話したいと言われるはずです。ラインで別れ話をするときには、直接会いたいと言われるのを覚悟しておきましょう。

それでは、会いたいと言われた場合どのように対処したらいいのでしょうか。

基本的に直接会うべきです。その方が相手も納得して別れられます。ですが、相手によっては会わない方がいい場合もあります。

会うのを断るなら、「ラインの方が冷静に話せる」などと理由をつけて、ラインでの別れ話をすすめましょう。

ラインで決着がつかないようでしたら、第三者に間に入ってもらい直接会った方がいいかもしれません。

ラインで別れ話の進め方

ブランコに載せられたスマホ

ラインで別れ話を進めるのは一体どうしたらいいのでしょうか?

いくつかのポイントがあります。冷静に話せる分、不誠実な印象を与えてしまいがちなラインでの別れ話は、間違えてしまうとこじれてしまう可能性があります。

相手に納得してもらって別れるために冷静に話し合う必要があります。相手が納得しないまま、一方的に話を進めてしまうと厄介なことになるかもしれません。

別れたい雰囲気を作る

コーヒーを飲みながら読書する女性

別れを心に決めてから、1ヶ月ほどデートをしないようにしましょう。今まで頻繁に連絡を取っていたのなら、連絡を減らす期間を設けることが必要です。

別れたい雰囲気を作っておくようにしましょう。突然別れ話をすると、相手もびっくりしてしまいます。そう簡単に別れ話に応じることはないでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。