別れ話をメールですべきではない理由

どんなに好きだった相手でも突然やってくる別れ。つきあっている相手と別れる方法はいくつかあります。会ってきちんと別れを告げる方法や電話をするなど。

今回は別れ話の方法をメールでする場合のメリットとデメリットに焦点をあてました。別れ話をメールですべきではない理由って・・?

別れ話をメールですべきではない理由

別れ話をメールで行うデメリット

メールを打つ女性

あなたがもし、別れを告げられる立場でメール1本でサヨナラされたとします。どんな気持ちになりますか?

恐らく突然過ぎて別れを受け入れ難い気持ちにならないでしょうか?メールで別れを告げた場合、相手から受け入れてもらえない可能性が高くなります。

別れを受け入れてもらえないということはこじれることを想定しなければいけません。別れをメールで告げた場合のデメリットはいくつかありますので紹介します。

いつ開封されるかわからない

カバー付きスマホ

まず、メールで別れを告げた場合、いつ読んでくれるのか分かりません。別れを告げるということには想像以上にエネルギーを必要とします。

もしかすると、告げられる方よりも辛い気持ちで決断している場合だってありえますよね。メールで「別れたい」と告げたはいいけれど、返事がない。届いているのかもわからない。

相手の反応がわからない以上、別れられたの?別れられていないの?と曖昧な状態になる可能性も。精神的にストレスがかかる場合が高くなります。

恋愛なのに仕事じみたドライな印象を与えてしまう

スマホをいじる男性

あんなに大好きだったはずなのに気が付けば別ればかりを考える毎日。もう会いたくないからメールで別れてしまおう。そんなことを思っていませんか?

メール1本で別れるのは、ドライな印象を与えてしまいます。今は別れたい思いが先行してしまっていても、1度は好きになった人。

最後まできちんと向きあうことが、自分と向き合うことにつながります。恋愛は仕事のように淡々とこなすものではありません。

最後は相手への思いやりや感謝の気持ちを面と向かって話しましょう。真剣に彼に向き合った誠意を伝えることへもつながります。

書面なので、誤解を生む可能性がある

スマホを持った男性

メールで別れを告げる場合、話言葉ではなく書面となってしまうため、誤解を与えやすくなります。

面と向かって話をしたり、電話で話す場合は相手の感情が見え隠れします。相手へもあなたが気をつかってくれていることや、声に感情が入るのでどんな思いでいるのかも伝わります。

書面だと同じ言葉でも誤解を生む可能性があります。ニュアンスが伝わりづらく、別れに納得してもらえないことが起こる場合もあります。

記録に残ってしまう

スマホを見る男性

メールは、記録として相手のパソコンや携帯電話に残ってしまうこともデメリットのひとつです。もしも共通の友達がいた場合、あなたからのお別れメールを誰かに見せる可能性も。

相手があなたを逆恨みした場合など、SNS上公表されたりしてしまう危険性もあります。記録が残るという意味では手紙も同じことが起こる可能性もあります。

記録が残ってしまうメールでの別れ話は危険性がはらんでいるということを忘れずにいましょう。

結局対面や電話で別れ話を要求されることが多い

電話に出る男性

メールで別れ話をした場合、相手が納得しないケースが考えられます。何度かメールのやり取りをしなければいけなくなりますが、相手から対面を要求される可能性も。

書面では伝わらないニュアンスがあり、結局会ったり電話をしなければいけなくなります。会うことを避けたいからメールでの別れ話を選択する人も多いですが、二度手間になる場合があります。

別れ話が長期化した影響による精神的ストレスで、あなたが更に苦痛になる場合もあります。

別れ話をメールで行うメリット

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。