別れ話は電話がおすすめの理由

どんなに好きだった恋人でも、「もう別れたいな」と決断する時ってありますよね。全く恋愛対象に見ていなかった人からでも、告白されたら嬉しいし、振る時には心苦しいものです。

特に思い入れが無い人でもそうなのです。1度恋人になった仲だと当然、心苦しく別れの伝え方に迷います。「どう言えば伝わるのか」「揉めたくない」と別れ自体を先延ばしにする人も多いです。

相手を知っているからこそ、頭を抱える人も少なくありません。直接会うのではなく、電話で別れを言ってみませんか?今回は電話での別れ方についてご紹介します。

電話で別れ話をするおすすめの理由だけではなく、メリットと一緒にデメリットも説明しますので、是非1つの参考にして下さいね!

別れ話を電話でするメリット

座って電話する男性

これまで付き合ってきたのだから、当然別れ話は直接会ってした方が良いですよね。でも、相手が話を聞き入れなかったり、会うと気持ちがブレてしまったり上手くはいかない時もあります。

どうしても直接会うと別れ話を切り出せない。別れ話が進まない。そう悩んでいる人は、思い切って電話でするのも1つの方法です。直接会うよりも誠意が無いように思う人もいるかもしれません。

でも、実際は対面よりも緊張せずに済んだり、冷静に話せたりと結構メリットも多いです。電話での別れ方について、まずはメリットをご紹介します!

対面よりも緊張せずに済む

電話する女性

電話で別れ話をする際の一番のメリットと言えば、「対面よりも緊張しないで話せる」ということです。特に彼氏がカッとなるタイプだったり、怒った時の空気が怖い時には有効です。

電話だと決意を持ってかけるので、スムーズに別れ話を切り出すことができますよね。対面だとそれができない場合もあります。

言おう言おうと思っても、なんとなく切り出せなかったり、雰囲気的に切り出す空気では無かったりすることもあります。その点、電話だと切り出し方が楽なのです。

対面だと、話している途中で彼が威圧的に反論して来たり、黙って聞いていても目が怖かったりするかもしれません。電話ではそれに惑わされずに、言いたいことを言えるのでおすすめなのです。

ニュアンスが伝わる

スマホをもって祈る女性

別れ話をしていると、本当に言いたかったことを伝えられなかったことはありませんか?彼の反論や誤解をといているうちに、後から言おうとして言い忘れてしまうことも珍しくありません。

対面で手紙を読むのも変ですし、雰囲気や彼の剣幕におされて、正しくニュアンスが伝わらないこともあるでしょう。にらみながら「他には?」と言われたら、怖くて言いだすこともできません。

しかし電話ならそんな心配もありません。彼の視線や、イライラして貧乏ゆすりしたり等の行動も目に入らないので最後まで伝えることができます。

また、電話をしながら、何を言うかあらかじめメモしたことを確認できます。彼が反論してきたり、途中で話しをそらされても、言い忘れることを防ぐことも可能です。

メール等の文章で済ませるよりも誠実さが伝わる

メールを打つ男性

直接会わないで別れ話をするのなら、電話の他にも手紙やメールという方法もありますよね。でも、電話の方がおすすめです。対面より緊張せず、ニュアンスは文章より伝わるからです。

文章だけだと、ニュアンスを伝えるのが難しいです。相当文章がうまくないと、なかなか納得してもらえないでしょう。あまりに丁寧に書き過ぎると、事務的な冷たい文章に見えますよね。

だからと言って少しラフに書くと、「ふざけているのか」「悪いと思っていないのか」と反感を買ってしまいます。電話であれば十分、誠意が伝わります。

言葉はきちんと伝えた上で、涙ぐんだり、言葉に詰まったり自然となります。息使いや仕草で、あなたの心苦しい決断はきちんと相手に伝わります。

「忙しいからまだ見てない」ということはない

不機嫌そうにスマホをいじる男性

もしも手紙やメール、LINEなど文章で別れたい旨を伝えた場合、きちんと読んでくれたのか分かりませんよね。返事がくるまで、相手が読んだのかも不明です。

彼は用事で忙しく、見ていない場合もあります。また、後から返事をしようと、時間が空くまで返信はしないかもしれません。もしかすると返信内容を考えている途中かもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。