別れの予感とは?

嫌いと言うわけではないけれど、特別好きかは分からない。付き合っていくうちにそんな感情になるカップルは意外と多いですよね。そういう気持ちの後は、なんとなく付き合いがマンネリ化します。

派手なケンカをしたわけではないし、彼が浮気をしていたわけではないけれど、「もう終わりかな?」と感じる時がありますよね。今回は、そんな別れの予感についてまとめました。

彼の言動で「もう別れる前かな…」と思うきっかけや、自分の気持ちで「もうそろそろ別れようかな…」と思うことをご紹介します。

付き合い始めのラブラブな感じは落ち着くにしても、なんとなく感じる別れの予感は当たります。
いつまでも見ないフリをするのではなく、早めに察知して対策や次の未来に向けて歩きましょう!

別れの予感とは?

関心の薄れを感じたとき

関心の薄れを感じるカラス

付き合い始めは毎日でも会いたいと思ったり、時間が経つのが早いですよね。「もうこんな時間か…」とあっという間に帰る時間になって寂しい思いをする人も多いです。

また、夜や会えない日には恋しくて、頻繁にメールやLINEで連絡を取ったり、声を直接聞くため電話をすることもあるでしょう。しかし、この感覚はずっとは続きません。

時間や慣れと共に少しずつ会う時間が減っていきます。「いつでも会えるし」「毎日話すことはないし」と普段の生活に戻ることもいるでしょう。その感覚をもう恋をしていないと感じる人もいます。

マメに連絡を取らなくても、心地よい頻度であれば問題ありません。でも、あなたが一方的に我慢をしていたり、あなたの話に興味を示してくれない等の行動が続いたら、別れの予兆かもしれません。

彼の態度から、自分への関心が薄くなってきているなと感じたら、別れの心構えをして置いて下さい。前もって心の準備をしておくと、冷静に対応することができますよ。

「会いたい!」と言わなくなった

会いたがらない女性

好きな人と会っている時は楽しいですよね。特に仕事で落ち込んでいたり、悩みがある時に会うと癒されるという人も多いです。会えなかった日は少し物足りなくて電話する人もいます。

例えば、どちらかと言うと彼の方からデートの誘いが多かったとしましょう。それなのに、最近は「会いたい」と言うことを彼から言わない。誘うのはいつも自分だけ。

そんな状態が続くなら、少し注意が必要です。彼も忙しいのかもしれないし、あなたが誘うから言う必要がないのかもしれない可能性もありますよね。でも、実際に会った時の彼を見て下さい。

眠そうにしていたり、あなたの話をつまらなそうに聞いていたり、帰りたいような素ぶりばかりなら、別れの予兆かもしれません。

「会いたい!」と昔に比べて言わなくなったとしても、会っている時に楽しそうだったり、満足そうならOKです。会うのが普通になってきているので言わないだけです。

でも態度が冷たかったり、興味がなさそうな素ぶりをしたり、どこかこれまでと変ならば、別れの予兆かもしれません。

些細なことにお互いがイライラし始めた

イライラする男性

「恋は盲目」とよく言いますが、本当に好きな人はよく見えるものです。例え周囲が注意しても、「彼を知らないクセに」「私の方が分かっている」と聞く耳を持たない人も少なくありません。

彼のためなら苦痛もなく合わせられますし、何でもしてあげたい、喜ばせたいというのが付き合い始めの気持ちです。しかし一転、恋が覚めると女性は途端に冷静になります。

急に理性的に考えてしまい、「今のはこういう意味かしら?」「あの行動おかしくなかった?」と疑い出します。そのため、一緒にいても粗探しばかりをしてしまうというケースもよく聞きます。

喋る時のクセが気になる、食べ方が気になる、行動がいちいち勘にさわる等、些細なことにイライラするのなら要注意です。気分や体調が悪いので無ければ、恋心が覚めてきている可能性があります。

生理前や仕事や家庭問題が忙しいわけでもないのに、妙に彼にイライラするという場合は、自分の気持ちの潮時です。別れの予感を持って、彼に接するのもおすすめです。

漠然とした不安を抱えるようになった

漠然とした不安を抱える女性

特別な何かがあったわけではないけれど、なんとなく不安を感じるということがあります。その原因が分からないので彼には言いませんが、この不安は大きな影響をもたらします。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。