付き合っているカップルが距離を置く意味とは?

ずっと付き合ってきた恋人と、少し距離を置きたいと考えることもありますよね。ダラダラと付き合っているうちに、本当に好きなのか分からなくなる人もいます。冷静になりたい人もいるでしょう。

自分の気持ちを整理したり、落ち着くために距離を置くこともあります。逆に相手に考えて欲しい時に、わざと恋人と距離を置く人も少なくありません。

本当に好きなのかお互いの気持ちを確かめたい時や、冷静に気持ちを整理したい時には距離を置くのも良いでしょう。今回は、付き合っているカップルが距離を置く理由についてまとめました。

距離を置く理由や、逆に「距離を置きたい」と彼に言われた時の対処法も一緒に説明します。ぜひ参考にして、冷静に対応できるように考えてみて下さいね!

付き合っているカップルが距離を置く意味とは?

今後について立ち止まって考えたいから

今後について考える女性

まず、付き合っているカップルが距離を置こうとする時の一番の理由は、「今後について立ち止まって考えたいから」です。何も問題なく、以前と同じ気持ちなら距離を置く必要はありませんよね。

他に気になる人ができた。考え方が合わなくなってきた。将来について考えてみたなど、様々なことがきっかけで「今後もこの人と付き合っていく」ということを改めて考えたくなります。

嫌いなわけではないものの、付き合いが長ければ長いほど「本当に好きなのか?」という疑問が沸いてくるようです。何となく、自動更新された付き合いってありますよね。

妥協をしているわけではないけれど、付き合い当初のようなすごくときめくこともない。退屈なわけではないけれど、少し物足りない。でも決定的な別れの理由もないので交際が続いている場合です。

本当に彼が好きなのか。今後も一緒にいたいと思える相手なのかどうか。今後の付き合いを改めて考えたい時に、距離を置くのは有効です。

許せない出来事があって反省して欲しいから

振る舞いを反省する男性

付き合っているカップルが距離を置く理由として、「許せない出来事があるので反省して欲しい」という意見もあります。例えば、彼が浮気をした時などに、あえて連絡を断つという方法です。

どんなに彼が好きだとしても、謝られてすぐに許してしまうのは癪に障りますよね。「俺のことを好きだから許してくれた」なんて思われるのは嫌ですし、ラッキーと思われるのも面白くありません。

あえて距離を置き、連絡を断つことで「やばい!振られるかも!」と焦りを感じ、浮気をより深く反省するきっかけになります。また、許してもらえないと感じることで後悔することでしょう。

距離を置くことで、あなた自身の気持ちも整理することができます。考えた末に交際を続けるにしても、別れるにしても、彼には十分反省をして欲しいものですね。

喧嘩してしまい冷静になるために距離を置きたいから

喧嘩して距離を置くカップル

長く付き合うと喧嘩をすることもあるでしょう。些細な喧嘩なら、いつも通り仲直りをして終わりですが、言ってはいけないことを言ってしまうことも少なくありません。

最初は些細なことだったとしても、いつの間にか大ごとになってしまっていたり、別れ話にまで発展するケースもあります。そうなってしまうと、何と弁明しても無駄な時が多いです。

そこでお互いに冷静に自分の気持ちや、相手との関係を見つめるため、距離を置くというカップルも多いです。お互いに、冷静な立場で意見交換をするためです。

ヒートアップしたまま、ヒステリックに泣いたり怒鳴ったりしては勢い任せに別れ話が出てしまいかねません。それよりも、一旦離れてお互いの意見を色々な角度で吟味する時間も必要です。

一緒にいるのが嫌だから

一緒にいるのを嫌がる女性

付き合っているカップルが距離を置く時に、「本当に好きなのか分からない」という理由は一番多いです。以前は会うのが楽しみだったのに、最近は少し面倒に感じるという経験ありませんか?

慣れてきたからという解釈も出来ますが、慣れてきたからこそ相手の嫌なところが見えてきます。逆に、自分も嫌なところを出してしまうこともあるでしょう。

一緒にいるとイライラする。デートをするのが面倒に感じる。そのように思うようになったら、本当に好きなのかどうか分からないですよね。

一旦距離を置いてみて、会いたいと思ったら好きだろう。そういう風に自分の気持ちを試すために、わざと恋人と距離を置く人も少なくありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。