カップルにすれ違いが起こる原因と対策とは?

「最近彼から連絡が減った」「なんだか彼女が素っ気ない」。そんなふうに、気づいたら気持ちがすれ違っていたというカップルは多いです。

もともと男女の考え方や感じ方には差があります。それを理解していないと簡単にすれ違ってしまうのですね。

カップルにすれ違いが起こる原因と対策を知り、パートナーと強い絆を築くためのヒントにしてくださいね。

カップルにすれ違いが起こる原因と対策とは?

コミュニケーション不足

コミュニケーション不足のカップル

コミュニケーション不足はカップルがすれ違う大きな原因のひとつです。相手が何を考えているか分からないと互いに不信感が芽生えてしまうのです。

たとえばプライドの高い男性の場合、彼女に「会いたい」「愛してる」と素直に言えないことが多いです。恥ずかしさが先行して、ストレートに思いを伝えられないのですね。

一方彼女は、愛の言葉を伝えてくれない彼にどんどん不満を募らせます。コミュニケーション不足から「私のこと嫌いなのかな」「愛されていないのでは」なんて思い込んでしまうのです。

すれ違いをなくすためには会話を増やしましょう。言わなくても分かるだろうと慢心せずに、小さなことでもしっかり伝え合いましょうね。

意識的に2人だけの時間を増やすのもおすすめです。

価値観の違い

異なる価値観

休日の過ごし方や連絡のペースなど、価値観の違いによってすれ違うカップルは多いです。たとえば休日は外出して友人と交流したい彼氏と、家でゆっくりくつろぎたい彼女の場合。

外に出たい彼は家の中でじっとしていることにストレスを感じてしまいます。家でくつろぎたい彼女は、彼に合わせて動き回ることに疲れてしまいます。

一緒に過ごそうとするとどちらかに我慢がつのるため、関係が冷めてしまいやすいのですね。また連絡ペースについての価値観が違っても、喧嘩が起こりやすく、すれ違いやすいです。

一方がこまめに連絡を取りたいタイプで、一方がメールや電話で縛られるのを嫌うタイプだとうまくいかないのです。

すれ違いを防ぐためにはある程度、2人の価値観を確認しあう必要があるでしょう。お互いを理解し、価値観をすり合わせておくことでストレスを溜めずに付き合えるはずです。

ストレスで攻撃的

怒る女性

仕事や人間関係でストレスがたまっていると、恋人に当たってしまうことありますよね。しかしあまりに攻撃的だと関係にヒビが入ります。

誰だってイライラしていたり怒りをぶつけてくる人と一緒にいるのはしんどいですよね。居心地が悪くてそばにいてもちっとも安心できません。

相手の顔色をうかがいながら過ごすのはつらいのです。どんなに仕事で疲れていても、恋人には何の非もないのですから八つ当たりしないよう気をつけましょう。

ストレスが溜まっているときは、恋人に当たる以外の方法でイライラを解消できると良いですね。

ぐっすり寝たり、静かなカフェで過ごしてみたり。温泉などに行ってゆっくり身体を休めるのもおすすめです。

できるだけ感情を自分でコントロールし、パートナーとの関係を壊さないよう心がけましょう。

浮気など不信感がつのる

彼に対する不信感

不信感がつのることがあるとすれ違いが起こります。特に浮気はそれまでの2人の信頼関係を一度で破壊してしまいます。

「軽い気持ちでしてしまった」「本気ではなかった」と弁解されても、浮気された側は相手を信じられなくなるのです。一度でも信頼関係を壊した人を、再び心から信じるのは難しいことです。

「浮気は一度だから大目に見てあげよう」と思っても、そのときの悲しみはなかなか消えるものではありません。

連絡がつかなかったり相手の態度にちょっとした変化を感じたときに、また不安を感じてしまうのですね。

信頼関係にヒビが入ったり、日常的に不信感のある関係が長続きするケースは少ないです。誰だって信じられない相手と一緒にいるのはつらいものです。

安心できず、未来のこともイメージできなくなるので、やがて関係が冷めてしまうのですね。

もしも、浮気されてすれ違いの危機を感じているなら、今は相手との関係を見つめ直す良い時期です。

すれ違ってしまっても、長い目で見れば別れはあなたにとってプラスになるかもしれません。

浮気をする人はまた同じことを繰り返す可能性が高いので、新しい人と出会ったほうが幸せになれるかもしれないのです。

すれ違いを防ぐには?

何気ないLINEを送り合う

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。