元彼へ連絡したいときのこじつけ理由

別れてしまったけれども彼が好き。できれば復縁して前のように彼女として彼の側で笑いたい。そう思っていても彼に連絡を取るのは難しいのが現実ですよね。

いざ連絡を取ろうとしても「嫌がられないのか」「彼女はいるのか」当然気になるところです。それに、時間や気持ちが止まっているのは自分だけだとしたら、寂しすぎるので知るのも怖いでしょう。

気持ちに気づかれずに、知りたい。自然にさりげなく、彼の近況を探りたいのが本当のところではないでしょうか。そこで今回は、元彼へ連絡したい時に使うこじつけ理由をご紹介します。

どういう文面で連絡を取れば良いか。どういう心構えでいれば良いかも合わせてご紹介しますので、是非参考にして下さいね!

元彼への連絡の理由作りを紹介

机でスマートフォンを操作する女の子

別れた元彼へ連絡を取るには、まず「しつこくしない」というのが鉄則です。残念ですが、あなたはもう彼女ではありません。自分のポジションを理解することから始めましょう。

昔付き合っていたのだからなんて期待を持つのはNGです。新しく彼と関係を作るような気持ちで連絡を取ることを心がけましょう。

まず、元彼に連絡をとりたい時には、それらしい理由をつけるのがおすすめです。間違っても、「やっぱり好きな気持ちが消えなくて…」なんて言ってはいけません。

まずは彼の警戒を解くこと!それが一番大切です。少しくらい無難でも、自分の恋心とは直接関係の無い話題で連絡をとるようにして下さい。

デートスポットの変わりぶりを写真で送る

花を撮影中のスマートフォン

元彼に連絡を取る時にきっかけとしておすすめなのは、「かつて行ったデートスポットの変化」について話すことです。でも「未練を感じさせない」ことに気をつけるのがポイントです。

例えば、元彼と以前動物園に行ったとします。「あなたと前に行った動物園、懐かしくて行ってきちゃった」なんて暗いメールはNGです。返答にも困るので、あくまでも明るい文面で書きましょう。

「見て!リニューアルでこんな風に変わっていたの、知ってた?」など少し興奮気味な文章が良いですね。変化した場所の写メを添付したら、なお良いです。

文章の最後には「いきなりごめんね!でもびっくりしちゃってつい連絡しちゃった!」と絵文字を入れると完璧です。相手も懐かしい気持ちになりますし、何よりも返事がしやすいのでおすすめです。

元彼の趣味に沿ったメッセージを送る

休日は部屋で読書をするインドア派な女の子

もし彼に、特別好きな物があるのなら、それを使って連絡をとるのもおすすめです。好きな人と仲良くなるために本やDVDを貸し借りすることってありますよね。それを元彼ともすれば良いのです。

例えば、元彼が読書好きで村上春樹のファンだったなら本をダシに使いましょう。「ノルウェイの森読んだよ!確か村上春樹好きだったよね?」と彼が食いつく話題でつなぐのです。

とは言え、いきなり本を貸してなんて言うと、「会うのはちょっと…」と警戒されてしまいます。なので、まずは本の情報交換をするだけに留めるように意識しましょう。

「私はこう思った」というような単純な感想でもOKなので簡単です。もう少し深く話したいのなら、「ここの部分、私はこうだと感じたけれど、○○君は?」と解釈を聞いてみましょう。

「他に読むなら何がおすすめ?」と新しい読書本を聞くのも良いですね。そうすればまた、読後は本の感想を言い合うことが期待できます。

彼の警戒を解きながら、一番興味のある話題で連絡を取ってみるのがポイントです!

誕生日おめでとうメッセージを送る

『ハート』と『HAPPY BIRTHDAY』のフォトプロップス

イベントにこじつけて連絡を取るのはよくある手段ですよね。特に誕生日でのお祝いメッセージは送りやすいです。気をつけるのは文面。決してまだある恋心を前面に出さないようにして下さい。

送る文面としては、まず「お誕生日おめでとう」を書きましょう。次に「元気にしている?」「私はこんなこと始めました」等、一言添えてもOKです。

最後に「素敵な30歳になってね!」「20代最後の1年楽しんでね!」等、年齢を話題にした文面で締めくくるのも良いでしょう。色々話したくても、少し物足りないくらいの文面がベストです。

あくまでもこれは、連絡をするためのきっかけにすぎません。お祝いを言われると、ついありがとうと言いたくなります。まずは返信がくることを目標にさらっとした文章を心がけましょう!

あけおめ・メリクリメッセージを送る

おしゃれでガーリーすぎる鏡餅

イベントごとでメッセージを送りやすいのが、年末年始とクリスマスです。特に正月のあけおめメールは、特別な人以外に送っても普通なものなので連絡を取りやすいですよね。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。