最低な元彼の特徴とは?

付き合っているときは、どんなにひどい彼氏でもひどいと認識していないものです。彼氏に対する熱が冷めるまでは、付き合っていると美化されて映るのです。

いくら冷静な第3者である周りの人間から頭を冷やすように言われても、盛り上がっているときは、全く聞く耳が持てません。

むしろ、「自分の交際相手を悪く言うなんてヒドイ!」と、知人を否定したくなってしまうものです。実際問題、別れてからでないと冷静に元彼のことは判断できません。

割り切って相手のことを見れるようになったり、自分のなかでも踏ん切りがつくまでは時間がかかるものです。

では、いざ冷静に落ち着いて考えられるようになったときにわかる、最低な元彼の特徴とはどのようなものがあるでしょう?具体的な例を挙げて紹介していきます。

ここで挙げられるような特徴のある人と付き合っている方は要注意です。あなたに害が及ばないように、彼氏の行動をしっかりチェックしましょう。

最低な元彼の特徴とは?

浮気性

ネオン街の怪しい店

言うまでもなく、浮気性な彼氏は最低です。不特定多数の女性と交際をしている浮気っぽい男性や、既婚者なのに不倫をしている男性ほどひどいものはありません。

本命の彼女がいても、それを隠して浮気する男はいます。職場や学校など別のコミュニティーにそれぞれ彼女を作っている男もいます。彼女がいることを隠さず、堂々と複数人彼女を作る男もいます。

既婚にも関わらず、職場で相手を作っている場合もあります。出張に帯同させたり、夜勤中に逢瀬を繰り返したり、帰宅時間をごまかしてデートをしていることもあります。

また、飲み屋などで愛人を作り、嫁を放置で貢いでいることもあるでしょう。バレないと勘違いしているかもしれませんが、とりわけ嫁は案外敏感なので、すぐに気付いてしまうものです。

なにはともあれ、浮気は気持ちが他の人に向いているということです。彼女や嫁のことを大切にしていない証拠です。まさに、最低な特徴です。

男性がみな浮気性なわけではありません。浮気をされたからと言って自分を卑下するのではなく、前向きに、もっと大切にしてくれる男性を探す方が幸せへの近道です。

DV

暴力をふるう男性

男性が女性に比べて力が強いことは明らかです。男性が本気を出したら、女性が太刀打ちできないことは言うまでもありません。

力を盾にして女性をひれ伏せようとしたり、思い通りに操ろうとする男性は最悪です。暴力、いわゆるDVは深く頭の中に刻まれ、一度されたらトラウマが心に残ります。

また殴られるのではないか、蹴り飛ばされるのではないかという気持ちから、怖くて抵抗できなくなる女性も多いのです。

恐怖政治にも似た付き合い方は全く平等ではなく、女性にとっては何一つメリットがありません。理不尽としか言いようがありません。

しかし、DV男の傾向として、DVの後はとてつもなく優しくなったり心配したりします。アフターフォローに騙され、愛されているかのような錯覚に陥る場合もあります。

いくらアフターフォローがあったとしても、DVは繰り返されるし、DV癖は治りません。優しさもまた、事後の一瞬しか続かないことを忘れてはならないのです。

精神衛生上もよくなく、また肉体的にも耐え忍ばなくてはならないDVもまた、最低な元彼の特徴の一つです。

嘘つき

ウソ泣きをする男性

付き合っていく上で大切なことは、お互いを信用することです。信用し合うためには、誠実に向き合うことが必要不可欠になってきます。

あってはならないことが嘘をつくことです。昔から「嘘は泥棒の始まり」ともいうように、嘘をつくことは信頼を失うことにつながります。

時に優しさからつく嘘も、結果的には相手を思いやれてはいないことが多々あります。残酷なことであったとしても、隠し事や嘘はバレたときに失うものが大きいのです。

構って欲しくて、嫉妬させるような嘘をつくこともよくないです。オオカミ少年のように、本当に大事なときに信用してもらえなくなり、身を滅ぼすことにつながります。

また、一度嘘をつかれたら、相手をどこまで信用していいのかわからなくなります。なにが本当か、誰を信じていいのか、全てに対して不信感を覚えてしまい、孤独感さえも覚えます。

温かい人間関係を作っていくためには、正直になんでも話し合える関係性が大事です。そこに、嘘や偽りがあってはなりません。

周りに彼女と紹介しない

知り合いの女性

浮気性な相手に共通することとして、周りに「彼女」と紹介しないような男性もまた、最低な元彼の特徴の一つです。

「彼女」と紹介しないにはもちろん理由があります。男性にとって、彼女がいると都合が悪いからです。例えば、他に彼女がいる、他に好きな人がいるなどが挙げられます。

他の理由としては、あなたを彼女として紹介することによって支障をきたすものがあることも挙げられます。つまり、あなたを「彼女」として紹介しないまでして、他に守りたいものがあるのです。

彼女を邪魔者扱いするような男性が、女性を幸せにできるのでしょうか?絶対にできるはずがありません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。