元彼との指輪はどうすべき?

元彼との指輪はどうすべき?

別れた後に、元彼からもらったプレゼントをどうしようか困った経験はありませんか?捨てるのもどうかと思うし、でもわざわざとっておく必要もないし…。

消耗品はいいにしても、残ってしまうものの取り扱いは、余計に悩んでしまうものです。カバンや時計、アクセサリーなどがいい例です。

とりわけ、お揃いでもらったペアリングなどの指輪は、捨てるにしてもとっておくにしても難しい問題となります。実際どうすることが正解なのでしょうか?そもそも、正解などあるのでしょうか?

今回の記事では、元彼との指輪はどうすべきかということに注目し、詳細に説明していきます。

ここでは処分する理由・捨てない理由の2パターンに分け、それぞれの理由を深掘りして解説していきます。参考にして、対処法として活用してみてくださいね!

処分する理由

新しい彼氏がいる

新しい彼氏と付き合う女性

新しい彼氏がいる場合、もちろん今あなたが大切にするべき相手は今の彼であり、元彼ではありません。元彼が原因でケンカや、最悪の場合別れに発展してしまうなんて事態は避けたいはずです。

もし今のあなたの彼氏が、元カノとのペアリングを持っていたらどうでしょう?嫌な気持ちになりませんか?復縁する気があるからまだ持っているのでは?と勘ぐってしまうこともあるでしょう。

もっと酷い場合、実は元カノとも続いているからペアリングを捨てていないのでは?と、誤解してしまうこともありませんか?

逆の立場を想像したら、もうお分かりですね。新しい彼氏がいる場合、元彼との指輪を持っていることで、あらぬ誤解を招きかねません。

ペアリングが元で、あなたが1番大切な相手を傷つけ、最悪の場合失ってしまう可能性さえあるのです。

あなたにとって、何が1番大切か、守るべきものは何かということを最優先に考え、行動するようにしましょう。

前向きになるため

元彼との別れは簡単には受け入れられません。立ち直るためにはかなりの時間を要する場合もあります。失恋後、すぐには前向きにはなれない、ということです。

元彼を忘れ、失恋から立ち直るためには、極力元彼との接触を控えることもときに大切になってきます。

元彼と会わないだけでなく、一緒に行った場所に行かないなど、連想させるものもシャットダウンすることが効果的です。

もちろん、指輪は甘い思い出をダイレクトに連想させるので、避けるべきアイテムということは言うまでもありません。

このように、失恋という過去を清算し、気持ちを新たに前向きになるためにはペアリングが邪魔になるのです。気持ちの整理をつけるためにもまず、ものから整理すべき、ということです。

元彼を思い出すようなものがなくなれば、自然と元彼を忘れていくことでしょう。最初は捨てることが辛く悲しく、捨てた後さえ後悔するかもしれません。

しかし、必ずしもあなたが過去にとらわれずに前向きになるためのステップになります。失恋から立ち直る第一歩になるはずですよ。

お金にする

ペアリングは意外にも買値は高額なものです。安いものは1万円程度でも買えるため高が知れていますが、平気で10万円を超えてくるものもたくさんあります。

もちろんサイズや刻印の有無、石やなんの金属製かにもよりますが、そこそこの金額で買い取ってくれる質屋さんもあります。

純度の高いダイヤが入っていたり、プラチナ製であれば、案外高額買取もあり得ます。ハリーウィンストンやカルティエなどのハイブランドジュエリーも、値崩れしにくく、売るにはおすすめです。

ペアリングだし、別れた後に使いもしないで置いておくくらいなら、お金にするのもいい考えなのです。たとえ高価なものだったとしても、使えないのであれば宝の持ち腐れです。

かなりの値崩れはしますが、少しでもお金にして、新しいリングや使い道のある別のものを買った方がもったいなくないでしょう。

捨てない理由

思い出として保存

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。