元彼の存在が気になる理由と対処法とは?

元彼の存在が気になる理由と対処法とは?

恋人と別れると、新しい恋をしようと意気込む人は多いですよね。心機一転させて、素敵な恋愛をしたいと思うことでしょう。

しかし、心の中から元彼の存在を消すことができずに悩むことがあります。復縁したいと思っているわけではないのに、気になって仕方がないのです。

なぜ元彼を気にしてしまうの?
忘れるための対処法はある?

今回は、元彼の存在が気になる理由と対処法を紹介します。元彼のことばかり考えてしまうという人は、ぜひ参考にしてください。

元彼の存在が気になる理由

別れても特別な存在に変わりない

特別な存在

別れてしまったとはいえ、好きだった人です。自分を支えてくれた大切な存在であり、いつまでも応援したい特別な存在でもあるでしょう。

付き合っていたのですから、情もあるはずです。別れたからといって、「存在を気にするな」という方が無理なことでしょう。つまり元彼が気になるのは、当たり前のことなのです。

それを「なぜ気になるのだろう?」と深く掘り下げてしまうと、余計に存在を大きくしてしまいます。あまり深く考える必要はありません。

元彼とは特別な存在。
元彼とは大切な存在。
元彼とはいつまでも気になる存在。

これは当然の心理だと思ってください。あとは時間が解決してくれます。少しずつ存在は薄くなり、思い出として風化されていくでしょう。

深層心理で復縁したい気持ちがある

復縁したい気持ち

新しい恋愛に進もうと頑張っているけれど、元彼の存在が邪魔をするという人もいます。このような場合、本当は元彼と復縁したい気持ちがあるのかもしれません。

たとえば、

  • 男性と元彼を比べてしまう
  • 男性といい雰囲気になると元彼を思い出す
  • 恋愛はしたいのに男性に興味がもてない

という症状が出ている人は、元彼へ未練がある証拠です。

本当はどこかで復縁できると期待しているのではないでしょうか。最終的には、自分は元彼と付き合うことになるという願いや自信があるのではないでしょうか。

なかなか気持ちを認めることができず、無理に好きという気持ちを封印しているのです。そして新しい恋愛をしようと試みているのでしょう。

しかし他の男性を目の前にすると、元彼の存在の大きさに改めて気づいてしまいます。そして忘れることができず、気になってしまうのです。

独占欲を引きずっている

元彼への独占欲

付き合っていたときは、常に彼のことを考えていたはずです。束縛はしていなくても、少なからず独占したい気持ちはあったでしょう。

『今どこに誰といるのかな』
『職場で女性と仲良くされるのは嫌だな』

このように感じていたでしょう。独占欲は、別れたからといって完全に消滅するわけではありません。別れてからも、独占欲が継続してしまうことの方が多いのです。

もう彼女でもないのに、元彼の行動や交友関係が気になってしまいます。それは愛情ではなく、癖のようなものでしょう。どこで誰と何をしているのか把握していないと落ち着かないのです。

元彼のことがトラウマになっている

トラウマになる女性

元彼とのことがトラウマになっている場合も、頭から離れずに気になってしまいます。元彼コンプレックスのような状態になっているのでしょう。

たとえば、

  • 交際中に酷い言葉で傷つけられた
  • 浮気などの裏切りにあった
  • 嫌な別れ方をした

などの原因が考えられます。

よく親に罵倒されていた子どもほど、認められたくて常に親を気にするといいますよね。このような心理と同じです。嫌な印象が大きいほど、存在も大きくなっているのです。

依存していた気持ちが残っている

依存する女性

付き合っていたときに依存していた関係の場合、別れてからも元彼の存在は大きいままでしょう。気になってしまい、忘れることなんてできませんよね。

依存とは、『あなたがいないと生きていけない』という気持ちになってしまうことです。必要以上に同じ時間を過ごし、相手に完全に寄りかかっている状態です。

依存というと重い言葉のように聞こえますが、恋人同士であれば大半が依存関係だといえます。喜びも悲しみも共有してきた相手ですからね。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。