元彼が相談相手でもよい?

仕事、恋愛、進路等で迷うことは人生のなかで何度もありますよね。そんなときは自分だけで考え込まず、他の誰かに相談することも1つの方法です。

とはいえ、相談相手が誰でも良いというわけではないでしょう。あなたのことを知っていて、親身になってくれる人でなければ、いくら相談しても実のある答えは返ってこない可能性もあります。

そんな相談相手を探すとき、浮上する人物として元彼が上がるのも珍しい話ではありません。元彼はあなたのことをよくわかっていて、客観的に判断してくれる人間のうちの1人だからです。

しかし、必ずしも元彼に相談するのが一番良いとも限りません。今回は相談相手として元彼を選ぶ際のメリット・デメリットを紹介します。

元彼が相談相手でもよい?

相談される(=頼られる)ことが嬉しいと思う男性は多い

嬉しがる女性

相談は自分が信頼している、もしくは尊敬している、人生経験が豊富そうな人に対してしますよね。

誰だって大嫌いで自分のことを知りもしない、意見すら聞いてくれないような人間に相談しようなんて思わないはずです。

つまり、相談するという行為自体に「私はあなたを信頼しています」というメッセージが込められているのです。女性に頼られて嬉しくない男性はいません。

さらに、「他の人には言いづらくて」、と特別感を暗に意味するようなフレーズもつけると、男性は放っておけなくなります。

何気ないメッセージのやり取りを男性は面倒くさがる

メールを見てだるそうにする男性

元彼が復縁を望んでいない場合、あなたから突然「元気している?」との連絡は警戒すべきもの以外何ものでもありません。いきなり連絡が来るなんて、不自然過ぎます。

慎重な男性ならなおさら、手当たり次第に連絡しているんじゃないかなんて疑うかもしれません。

しかし、「あなたからの相談」となれば意味が変わり、途端に警戒心が薄れます。相談したいと言われて、無下に出来る人は少ないでしょう。相談する際に大事なポイントがあります。

抽象的な、あいまいな相談や質問はしないこと。例えば、「仕事のモチベーションがあがらないんだけど、どうしたら良いと思う?」と元彼に相談したとします。

相談を受けた側の気持ちを考えてみてください。大雑把すぎますし、答えるにしても一から説明しなければならないのか、と面倒に感じませんか。

当然、元彼にも「それぐらい自分で考えなよ」と、そんなこと知ったことじゃないと思われるのが関の山です。相談は具体的な内容で、という事を意識しましょう。

相談するときに相手を立てるような言葉を付け加えると、さらに良いです。

例えば、「あなたは仕事ができるし、柔軟に発想して対応できる人だから簡単な意見が欲しくて」と一言付け加えてみましょう。誰しも褒められて嬉しくないわけがありません。

その少しの気遣いで、元彼のあなたに対する印象もぐっと変わりますよ。

元彼にアドバイスを求める方が早いときもある

元彼に電話する女性

元彼はあなたの理解者であり、あなたの好みを見極められるデータベースと言っても間違いではありません。あなたのことを誰よりも近くで、客観的に見てきた異性なのです。

過去の恋愛であなたの良いところも悪いところも知る異性の意見は、新しい恋愛をするときにかなり貴重な情報となります。

新しい恋愛に踏み出すときにあなたの悪いところはどこか事前に知っていたなら、同じ間違いを犯す前に修正できますよね。
修正点を明確に知っているのは元彼です。

なので、元彼に相談することは自分の欠点を見直すチャンスともいえるのです。

相談をきっかけに復縁するケースもある

信頼関係の握手

復縁したいなら、復縁したい相手を相談相手に選ぶことは恋愛の鉄則です。別れていても、相談相手としてなら、連絡を取り続けていても不思議ではありませんよね。

相談をしたり、受けたりすることでお互いの必要性も再確認出来ます。相談は仲直りのきっかけになりやすいといえます。

また、友達や恋人などで危なっかしい人の世話をしているうちに、どんどん心の距離が縮まった経験はありませんか。相手のために「してあげる」と、親しくなりやすいものです。

相談にのるということも、当然相手のために「してあげる」ことですよね。

あなたのために元彼が時間を費やす、何かをしてあげることで、人間の心理として相手を好きだと錯覚することもあるかもしれません。

恋愛相談をきっかけに仲直りや、復縁することは十分考えられるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。