彼氏が元彼に嫉妬しないようにするには?

彼氏が元彼に嫉妬してきた経験はありますか?嫉妬心が起こるのは、「自分がなりたかったり、欲しいものを持っている人」に対してです。

自分もなれそうだけど、『なれていない』というもどかしさが嫉妬につながります。どす黒い嫉妬心を、「こんな風になりたい」というポジティブな憧れの気持ちに変えることができたら良いのですが…。

元彼が嫉妬の対象だと、なかなか憧れる気持ちにはなれません。男性を対象にしたアンケートによると、嫉妬したことがあるランキングの1位は「元彼の存在を感じた時」でした。

「彼女のことが好き」という気持ちがこじれて、嫉妬に発展してしまうことが多いです。彼氏からの嫉妬と向き合うことは、より良いお付き合いをしていくことにつながります。

嫉妬に対する対処法について紹介します。あなたにとって素敵な恋愛になりますように。

彼氏が元彼に嫉妬しないようにするには?

「好きだから今、付き合っている」今が大切なことを伝える

彼氏にメロメロな女性

彼氏が元彼に嫉妬するのは、不安だからです。劣等感もあるかもしれませんね。

元彼と過ごしていた時の方が楽しかったんじゃないか、と思ってしまうのです。過去よりも「今」二人が付き合えている幸せを伝える必要があります。

「今が一番楽しいよ」など、大げさなぐらいに褒めると効果的です。
何かしてもらった時や、お願いを聞いてくれた時は、褒めるチャンスです。

小さなことですが、やはり「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるのが良いです。デート終わりに「今日は楽しかった」と言うと、彼氏の自信につながります。

彼氏が自信を持てるようになれば、嫉妬は収まってくるでしょう。1回だけではなく、場面ごとに何度も「好きだよ」「今が一番幸せ」と言うことが大切です。

元彼の話をあまりしない

元彼の話を嫌がる男性

彼氏が元彼に嫉妬しないようにするためには、自分から元彼の話をしてはいけません。彼氏が根掘り葉掘り聞いてきた場合でも、正直に全部話すのはおすすめできないです。

小さなことでも比べてしまい、嫉妬するぐらい気にしてしまう人もいます。間違っても、楽しそうに元彼とのラブラブエピソードを話してはいけません。

元彼の存在を感じさせないようにすることが大切です。元彼なんていなかったかのように振る舞うことができれば、嫉妬される回数も減っていきます。

女性が元彼の話をする時は、もう吹っ切れていることがほとんどです。世間話感覚で、「こんな風にはならないでほしい」という気持ちで話す人もいます。

しかし、男性はそんな乙女心に鈍感です。元彼と比べられているように感じ、なぜ元彼の話をするのか分からない人が多いです。

機嫌が悪くなる人もいます。聞かれるまでは、自分から話さないようにした方が賢明です。

最悪、嘘をつく

本当のことを言うか悩んでいる女性

彼氏が元彼のことをしつこく聞いてきて、小さなことに嫉妬するのがしんどい場合、嘘を使うという方法もあります。例えば「元彼とは嫌な思い出しかない」「思い出したくもない」などです。

彼氏から元彼について聞かれることは減るでしょう。「あなたとの幸せしか見ていないし、考えていない」と重ねて言うのもおすすめです。

お互い良い気分になれないなら、本当のことは言わないでおくのもアリです。また、元彼とデートで行った場所に、彼氏と行くことになった場合も注意が必要です。

元彼とデートした場所だと知られたら、確実に嫉妬されてしまいます。しかし、メジャーなデートスポットは、どうしてもかぶってしまいます。

彼氏に無駄な心配をさせないためにも、初めて来た風を装うと良いでしょう。初めて来たはずなのに、詳しいことが分かるとまた揉めるので、気を付けてください。

勘ぐられるのを前提に「友達と来た」と言い切ってしまうのも良いです。嘘も方便です。

彼氏は元彼の肉体関係に嫉妬していることが多い

嫉妬する男性

初めて行為をした時に、高いテクニックを持っていることが分かると、彼氏は元彼に嫉妬します。体のつながりを許せない男性は多いです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。