元彼を検索しない方が良い理由とは?

元彼を検索しない方が良い理由とは?

最近はSNSが社会に広く浸透しているので、いつどこで誰が何をしているのか、リアルタイムでも検索することができます。

また、タグ付け機能などもあり、本人が投稿していなくても勝手に個人情報が流通してしまうこともしばしば。共通の友人がタグ付けすれば、いやでも目に入ってしまうものです。

一方、自然に入って来てしまう情報とは別で、意図的に元彼を検索してしまう人もいるでしょう。

では、元彼を検索してしまう心理とは、一体どのようなものなのでしょうか?今回の記事では、検索してしまう心理に併せて、検索しない方が良い理由も紹介していきます。

元彼を検索してしまう心理

気になっているから

元彼からの連絡が気になる女性

別れた相手への気持ちは簡単には消えないものです。消化したと思っても、思い出の場所や共通の友人から話を聞いたら、どうしても思い出してしまうものです。

一時的には嫌いと思っても、無関心になっていない以上、あなたには未練が残っているのです。未練とまではいかなくも、少なからず気になっているのです。

未練や相手のことが気になっている気持ちこそが、元彼を検索してしまう根底にある気持ちです。

意地を張って、「気になんてなってないし!」と否定したくなるかもしれません。しかし、気持ちがなくなるまでには誰しも時間がかかります。素直に受け入れることも大切です。

比較したいから

元彼が気になってしょうがない女性

わたしたちは無意識の中でマウンティングしています。自分はまだマシだ、と実感したいからです。

特に、精神状態が不安定な人にだったり、普通の人でも弱っているタイミングで見られる傾向です。

マウンティングの裏には、別れた元彼が自分より幸せであって欲しくないという気持ちがあります。自分だけ失恋で辛い気持ちであることが許せないのです。

元彼を検索し、元彼の現状と自分の現状を比べている中で、実は無意識の中で元彼の不幸を願っているのかもしれません。

ふと思い出したから

ふと元彼を思い出す女性

完全に元彼が過去の人のなり、別れも腑に落ちた後、何かのタイミングでふと元彼を思い出すことがあるでしょう。何気なく見た卒業アルバムや、たまたまドライブした道を通った…などなど。

元彼のことを消化しきっているため、思い出した際に辛い気持ちも悲しい気持ちも、また憎しみの気持ちもないです。ただ純粋に懐かしくなっているだけです。

何気ないきっかけでふと元彼を思い出し、懐かしい気持ちになったときもまた、元彼を検索するタイミングでしょう。

検索しない方がよい理由とは?

SNSの投稿などは見栄を張ったものが多い

いけいけな写真

わたしたちは弱っているとき、がっつり弱っているアピールをするか、逆に強がって見栄を張るか、2パターンに分かれます。

弱っているアピールをするのは女性によく見られ、強がって見栄を張るのは男性によく見られる傾向にあります。

また、弱っているタイミングは気分転換に遊びまくったり、普段かかわらような人とも遊んだりと、全体的に派手になりがちです。そして、精神状態とは裏腹に「元気だよアピール」をするのです。

このように、SNSの投稿などには本来と異なることをつづりがちだし、一般的に見栄を張ったものが多い傾向になります。まったく参考にならないのです。

しかし、検索した方から見ると、投稿された内容が全てに思え、相手だけエンジョイしているように感じます。ただでさえ失恋でナーバスになっているメンタルは、さらに崩壊すること必須です。

検索しないにこしたことはありませんが、もし検索しても話半分と流せる心を持ちましょう。

友達として関係が続いていないなら見ない方がよい

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。