元彼に年賀状を送っても良い?

元彼に年賀状を送ったことはありますか?もしかしたら送らない方がいいのでしょうか?時と場合によって、送らない方がいい場合もあります。

今回は、元彼に年賀状を送らない方がいい場合や、送る際のポイントを紹介します。元彼に年賀状を送りたいと思った時点で、もしかしたらまだ好きなのかもしれませんね。

年賀状を送る際の注意事項もあわせてご覧ください。ポイントをおさえておけば、年賀状を送ってもいいかもしれませんよ。

元彼に年賀状を送っても良い?

今彼がいるなら送らない

今彼との新年のあいさつ

今彼がいるのなら、元彼に年賀状を送らないようにしましょう。元彼に年賀状を送ることは、今彼に失礼です。年賀状は、お世話になった相手に送るものです。

また、「今年もよろしく」という文章をたいていの場合、付けるでしょう。今彼がいるのに、元彼に「今年もよろしく」とはどういうことなのでしょうか。

基本、元彼に年賀状を送る必要はありません。
別れた相手なのです。まして、あなたに新しい彼氏がいる場合元彼との接点を持つ必要はありません。

万が一、元彼から年賀状の返信が来た場合、彼氏に見られてしまう恐れがあります。その場合、あなたと元彼の関係を疑われても仕方ありません。

別れてから元彼と友達に戻った場合もあります。ですが、今の彼氏にはただの友達といっても信じてもらえないかもしれません。

男性は彼女の元彼を無性に気にするのです。
元彼が友達であれば、メールやLINEで「あけましておめでとう」と送ればいいのです。

わざわざ年賀状を送る必要はありません。今彼が大事なら元彼に年賀状は送らないようにしましょう。

気になるなら送る

年賀状を送る郵便ポスト

元彼が気になるのであれば、年賀状を送るのもありかもしれません。ただし、あなたに新しい彼氏がいない場合に限ります。

別れて何年も経っている場合は、送っても住所が変わっている可能性があります。別れてから最初の新年には、送ってもいいかもしれません。

相手の近況が気になるということは、あなたはまだ元彼に対して未練がある証拠です。

もし、元彼もあなたと同じようにあなたのことが気になっているのだとしたら何かしらのアクションを起こすはずです。男性は、あまり自ら年賀状を送ることはしないでしょう。

あなたが送った年賀状がきっかけで、よりが戻ることもあり得るかもしれません。
復縁を願っているのであれば、年賀状を送るのもいいかもしれませんね。

送る時点で未練があると思われる可能性は高い

元彼に未練がある女性

あなたが元彼に年賀状を送る時点で、未練があると思われる可能性が高いでしょう。何とも思っていない元彼に、普通は年賀状を送りません。

普通の友達であれば年賀状は送るでしょうが、元彼となると話は別です。接点がないとLINEはなかなかしにくいものです。年賀状であれば、新年の挨拶なので違和感がありません。

元彼にあなたの心を読まれてしまう可能性があります。元彼もまさか元カノから年賀状が届くとは思っていないでしょう。あなたがどういう心理で年賀状を送ったのかを考えるはずです。

もし、あなたが自分の気持ちを悟られたくなければ年賀状を送るべきではありません。別れた関係なのですから、年賀状を送る必要はないのです。

送ったことで、復縁を望んでいるのだろうかと思われる可能性が高いでしょう。

内容に復縁を匂わせない

新年おめでとうと書かれた年賀状

元彼に年賀状を送る際は、復縁を匂わせるような内容を送らないようにしましょう。年賀状はあくまでも新年のあいさつです。

長文で年賀状を書くことはNGです。長文だと読んでもらえない可能性もあります。3行程度がベストです。「明けましておめでとう」「今年もよろしく」あとは、一言なにか添えましょう。

年賀状はこれだけで十分です。決して復縁を匂わせてはいけません。ハガキですので、誰の目に触れるか分かりません。当たり障りのない内容だけにとどめておきましょう。

プライベートな内容を年賀状に書いてしまうと、元彼は嫌がるかもしれません。復縁したくても、かなわなくなってしまいます。

本気で復縁したいのであれば、慎重に行動するようにしましょう。焦らずにじっくりと行動することです。相手も同じ気持ちでしたら、必ず何かしらのアクションを起こしてくれるはずです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。