元彼との復縁を諦めるべき場合とは?

元彼が忘れられない。またよりを戻したいと考えている女性は多いことでしょう。恋愛において復縁というのは珍しいものではありません。

離れてみて初めて相手の大事さに気づくことはよくあります。しかし、復縁には一定の条件が揃っていることが前提になります。逆に言えば復縁を諦めなければいけない場合もあるのです。

簡単に復縁を望み、また付き合えると考えるのは間違いです。

元彼との連絡に関して、別れた原因について、新しい彼女はいるのか、乗り越えなくてはいけない課題は山ほどあります。

まずは今の自分の状況を見極めて、動くべきタイミングではないと分かったら少し距離を置きましょう。

ここでは、復縁を諦めるべき場合について紹介していきます。

元彼との復縁を諦めるべき場合とは?

交際期間が1か月未満

ふてくされた男性

付き合ってすぐ別れるのは勇気がいるものです。相手に対して悪いという感情が働くからです。自分が恋愛に対して適当だと思われる恐れもあります。

それでもすぐに別れてしまうというのはよっぽど相手と合わなかったと見るべきでしょう。

たった1か月で別れてしまうというのは、そもそも付き合った時点で本気ではなかった可能性があります。別に嫌いではないからとりあえず付き合ってみたということかもしれません。

最初は友達からで、付き合ってから段々と本気になることもありますがそれも無かったということです。

友人期間がどれだけ長くても恋人としての期間はあくまで1か月です。思い出もあまりないでしょう。そしてあなたに対する情や未練も期待できません。復縁は難しいと考えて間違いないです。

別れた直後

別れの兆候

別れた直後はお互いに気持ちが不安定な状態が続いています。悲しみや寂しさで落ち込んでいたり虚脱感でいっぱいだったりです。

別れ方はあまり問題ではありません。たとえ2人が納得して気持ちよく別れたとしてもやはり心の底にはモヤモヤとしたものが溜まっているはずです。元彼の方も同じような状態と言えるでしょう。

復縁をするにはお互いが前向きな気持ちでいるときでなくてはなりません。一人になった寂しさから「すぐにでも復縁を」と考える方は多いでしょうが焦りは禁物です。

多くの場合、復縁をせまる方が立場が弱いです。つまり、元彼よりあなたの方が立場が弱いことになります。ここは元彼の気持ちが落ち着くまで距離と時間を置きましょう。

距離を置くといってもただ待つだけではもったいないです。適度にLINEを入れるなど出来ることはたくさんあります。

いきなり復縁をほのめかすのではなく、まずは簡単な連絡程度から初めていきましょう。

LINEをブロック・着信拒否されている

LINEを無視する男性

これは完全にダメなパターンの1つです。ブロックや着信拒否は相手との繋がりを完全に断ち切ってしまうので踏みとどまる人が多いです。

それなのに、一度は付き合った相手に対してここまでの拒否反応を示すには男性にも相当の覚悟があるはずです。

もう話したくない、会いたくない、顔も見たくないという強い嫌悪感を抱えていてもおかしくありません。そんな相手に復縁を申し込んだところで果たして成功するでしょうか。

そもそもLINEも電話も繋がらないとなると連絡できないので復縁以前の問題になってしまいます。同じ学校や職場なら直接会うことも出来るかもしれません。

しかし、ここまで気まずい状態であなたにその勇気がありますか。仮に勇気を振り絞って相手に近づいたところで良い反応は帰ってこないと思ったほうが身のためです。

一方的な連絡になっている

電話で一方的な連絡をする女性

連絡がつくだけブロックや着信拒否よりはまだましだと言えます。しかし、返信があるからといってまだ可能性があると早とちりしては大怪我をします。

いくら連絡がついても相手から返事が来ないのでは意味がありません。相手はあなたのLINEの内容を見た上であえて無視しているということです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。